016744 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人と動物のおはなし

人と動物のおはなし

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

ふわドラ

ふわドラ

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ふわドラ@ Re:賛成です(06/01) >野良猫を見かけたら捕まえて安楽死させ…
くさ@ 賛成です 野良猫を見かけたら捕まえて安楽死させて…
ふわドラ@ Re[2]:ふわドラ思想(04/27) 続けます。 横浜市西区には猫に関する…
ふわドラ@ Re[2]:ふわドラ思想(04/27) >貴方様は疥癬にかかった猫をふくめて…
ふわドラ@ Re[1]:ふわドラ思想(04/27) 黒猫亭さんは、「食用目的の牛や豚の家畜…

Freepage List

Headline News

2007.05.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
まあサルを見て喜んでいるなんてのは、
何ら実害を受けることなく
ノホホンと生活していられるからだけれど

野生動物からの被害を受けている人たちにとっては
サルはにっくき存在でしかないでしょう・・・

野生動物によってもたらされる被害の問題を解決するのは
とても難しいと思う。被害をゼロにしたかったら
彼らを絶滅させるしかない。

先だって参加したサル被害対策の講演では
里にサル(野生動物)の食べ物がある以上被害は無くならないので
人間にとって必要のないものでも
サルが食べ得る物を放置してはいけない
ということが強調されていたけれど
これも徹底的にやるのは大変なことだ。

ところで、話はガラリと変わるのだけれど
連休中に闘犬なるものも見る機会があった。
長くはいたくはない場所であったけれど、時間の許す限りその場にいて
重たいオミヤゲを持って帰ることに・・・

ここで、ひとつ気が付いたことは、
アナウンスで「○○さんの愛犬」という言い方がされていたこと。
愛犬ねえ・・・
そういえば、三重県の上げ馬神事という行事でも
アナウンスで「○○さんの愛馬」という表現がなされるけれど、

どちらの「行事」においても
犬の気持ちや馬の気持ちというものが
人間によって無視され、
「愛」と言うに相応しい扱いを受けていないことは一目瞭然だ。

文化や神事、伝統行事などと称することで
動物に過酷なことをさせることが許容されている現状は
悲しむべきことだと思う。














Last updated  2007.05.09 14:20:55
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:昨日の続き(05/09)   ・・・。 さん
やっぱりそう思う人もいるんだね。
確かに昔は、興奮させる薬つかったり
、酒とかありました。
ここ数年動物愛護の関係で変わりましたよ!
それによって、祭りの存続も危なかったりしてますが。
祭礼の人たちが、当日問題起きないように
事前に動物愛護法について勉強したりして
がんばってますよ!
愛護団体から
上げ馬の時のムチでたたくに関しては、騎手、青年団に関しては、よしとされてるみたいです。
それ以外の人や、この場所以外でしたら、
愛護団体からうったえられる事になります。
だから祭り当日は、愛護団体の人らが、そう言う行為が
行ってないか、カメラもって、観察しにきてますからね。
今年は動物愛護団体から感謝の手紙がきたそうです。(愛護団体への協力し、改善されたから。)
決して伝統と言う言葉で美化してるわけでわないですよ!!
全国の伝統的な行事と同じで、
先祖から、うけ続けられてきた伝統行事!
地元民として、やらなければ!、続けたたい!と
思うのは、当たり前な事ではないですか?
では競馬でのムチなどいいわけ?
祭りにかかわる方は、馬好きなかたです。
良いまつりで、成功させようと、青年団ほか、祭礼の方、神社関係者、などみんながんばってますよ!!

この祭りについて、少しでもわかってほしくて、書きました。
突然で、すみませんでした。
(2007.05.09 15:08:31)

Re[1]:昨日の続き(05/09)   ふわドラ さん
>この祭りについて、少しでもわかってほしくて、書きました。
>突然で、すみませんでした。

コメント有難うございます。

突然でも、反論でも結構ですよ。どんどんお書き下さい。あなたがおっしゃるように数年前から改善の方向に動いているようですね。

ただ、あの崖はどうなのでしょうか?
私は、上げ馬神事における、あの崖(というのですか?)を初めて見た時、その高さにビックリした覚えがあります。

引退競走馬に駆け登らせる?飛び上がらせる?のは少なからず酷ではないでしょうか?昔はサラブレッドなんかいなかったわけで、もっとずんぐりむっくりの?馬に乗って行われた行事ではないかと思うのですが・・・

馬にとっては、あの大観衆の中あの崖に向かって走らされるのは恐怖じゃないかと私には思えます。

地方に残る地域社会において、伝統的な行事を存続させていくことは、とても意味のあることで重要だと思います。

ただここにおいて、動物にも参加してもらうのであれば、物言えぬ動物の気持ちというものを人間側が推しはかってあげるやさしさというのも必要なのではないかと思います。
(2007.05.09 15:56:06)

Re:昨日の続き(05/09)   風の吹くまま さん
通りすがりの野良猫さんとココルルさんへ
 風の吹くまま気の向くまま、ふあドラさんのブログを訪問しました。ふあドラさんのコメントに共感したり、学習したりと多様な考えがあることを知り、参考になりました。
 ところで、通りすがりの野良猫さん、ココルルさん。お二人のマナー、言葉遣いの悪さは品性を疑われますよ。多様な考え、意見があることを尊重した上で謙虚な態度をとられることをお勧めいたします。初めてお二人のコメントに接した私には、最初から悪意を持ってふあドラさんに攻撃を仕掛けているように思えました。不特定多数の方の目にさらされることを認識し、(例えば私がお二人のコメントに不快感を感じたように)真摯な態度で臨まれることが顔の見えない相手に対してのマナーであり配慮であると思います。不快感を覚えさす方の主張には、誰も耳を傾けないようになると思います。
 最後に老婆心ながら、ココルルさん。人を小馬鹿にしたような言葉遣いは慎んだらいかがでしょうか。
 失礼だとは思いながらも余りにお二人が不遜な態度ですので、一言申し上げました。

(2007.05.15 21:18:25)


© Rakuten Group, Inc.