000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bar house of Primrose

PR

全70件 (70件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

Barで飲む一杯

2011/12/31
XML
カテゴリ:Barで飲む一杯


お気に入りのBar アンバーで

いつも素敵な笑顔で

お洒落なカクテルを作ってくれている

イケメンのバーテンダーさんのオリジナル・カクテルが

全国カクテルコンペティションで

みごと優勝を飾りましたきらきら


まぁ、それはさっそく私も味わってみたいわ手書きハート


そのカクテルは

Tender Heart(テンダーハート)~つながる思い~

そんな素敵なネーミングなのです。


カクテルについて詳しい事はこちらをご覧下さい。



今年ほど

人と人とのつながり、絆の大切さを

痛いほど感じた年は

そうないのではないのでしょうか。


このカクテルの優しい立ち姿を見ていると

大事な人への

思いはつながる、通じるんだと

胸が熱くなってきます。



テンダーハート
テンダーハート posted by (C)Primrose




華奢なストローが二本付いています。

そのストローに

可愛いハートが飾られています。


まるで純白のドレスを羽織った

可憐な乙女のようです。


その味わいは・・・


ピーチリキュールのフレッシュで瑞々しい甘味と

青林檎のリキュールの爽やかな甘味

そうしてクリームのベルベットのような深い甘味が

程よく溶け合って

優しい味がします。


決して甘すぎない、オトナの甘さも気に入りました。


ベースはウォッカです。


ウォッカはシロックが使われていました。







なんでもシロックが課題なんですって。


このぶどうから作られたウォッカ、シロックは

ストレートで呑んでも

舌触りが滑らかで美味しいお酒です。



シロックがベースだなんて、

ちょっと贅沢だわぁ。



レシピ
レシピ posted by (C)Primrose



この写真は

テンダーハートを作っている

木村さんです。



賞状
賞状 posted by (C)Primrose



賞状です。

立派なトロフィーもありました。



いつの間にか

立派なバーテンダーさんに育っていらっしゃったのだなぁと

私も嬉しい思いいっぱいになりました。









Last updated  2011/12/31 08:17:51 PM
コメント(2) | コメントを書く


2011/02/18
カテゴリ:Barで飲む一杯

お陰さまで

父は無事に退院しました。

日がたつにつれ

食欲も出てきて、元気になってまいりました。


私も

嬉しい限りです。


さて、そこで

今日はお祝いに

相応しいお酒をご紹介しようと思います。


MUMM(マム)です。


マム
マム posted by (C)Primrose


マム
マム posted by (C)Primrose



見ているだけで気分が華やいできます。

飲んでみると

すっきりとした飲み口、

そうしてシュワッとした感触が素敵です。


私が思ったよりも甘くない

そんなところにもぐっときます。


魅力的なシャンパンですね。


このマムはお気に入りのBARで飲みました。


その時、

マムとセットになっていたおつまみもご紹介しますね。



おつまみ いろいろ♪
おつまみ いろいろ♪ posted by (C)Primrose


ドライフルーツとチーズも

シャンパンを一層美味しくしてくれます。


素敵なハートマリッジですね。











Last updated  2011/02/18 01:26:40 PM
コメント(14) | コメントを書く
2011/01/07
カテゴリ:Barで飲む一杯


明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


さて、久しぶりのブログ更新になりました。

ここで

私の近況をご報告したいと思います。


とにかく忙しくしていました。

本業が忙しい、

ついでに家業が超忙しい。


夢中になって働いておりました。


一息ついて

さぁ、ブログを楽しもうきらきらと思いましたが

なにやら右手がすごく痛みます。


打ち身かしら?

そのうち治るだろうと様子を見ていましたが

3週間たってもまだ痛い。


と、いうより腫れもひどくなり

放っておいてもズキズキ痛みます。


病院に行って診てもらいました。

そうしたらなんと!!



腱鞘炎なんですって!!



注射と貼り薬、塗り薬で

随分良くなりましたが

まだ本調子ではありません。


自分のブログ更新や

お友達のブログ訪問を

したくて堪りませんが

このような調子ですので、のんびりペースになりそうです。



それはさておき

今日は折角ですので

BARで飲んだ素敵なカクテルをご紹介しますね。


カクテル グラン・レジェンドです。



グラン・レジェンド
グラン・レジェンド posted by (C)Primrose


グラン・レジェンド
グラン・レジェンド posted by (C)Primrose


これは福岡市・天神のソラリア西鉄ホテルの

レストラン&ラウンジ『トランスブルー』のバーテンダー

古賀大介氏のオリジナル・カクテルです。


このカクテルは

全国のホテルバーテンダーが腕を競う大会

カクテル・コンベンションで

見事きらきら優勝を勝ち取ったカクテルなのですよ。


グラン・レジェンドとは『偉大なる伝説』という意味ですね。

ベースはオールド・パー12年です。

それにピーチシロップ、グランベリージュースを加えてあるそうです。


高貴な中にも甘い香りが漂い

オールドパーの深い味わいの中に

優しい甘さが感じられる

大人のオンナに相応しい美味しいカクテルだと思いました。



やれやれ

右腕が重くなってきました。


また

腕の調子が良い時を見計らって

ぼつぼつとマイペースで更新してゆきたいと思います。










Last updated  2011/01/07 01:38:04 PM
コメント(14) | コメントを書く
2010/07/29
カテゴリ:Barで飲む一杯


スイカカクテルを

シャリシャリきらきらと食べながら

バーテンダーさんの手元を見ると

あら、何かしら?

謎のペーストがあるではないですか。


カクテル 『これはうちのスタッフが手作りしたのですよ。 生姜ペーストです。』


と、バーテンダーさんが教えてくれました。

この生姜ペーストは

やはりお昼の喫茶で出すノンアルコール・カクテルの材料なんですって。


どんな味わいのカクテルなのか

興味津津の私は

例によってウォッカを添加して作ってもらうことにしました。



しょうがカクテル
しょうがカクテル posted by (C)Primrose



カクテル 生姜カクテルです。


さて、気になるお味は

すっきりと爽やかな生姜風味が

やんわりと利いていて

しかも、ほど良く甘いという

とても手書きハート美味しいカクテルです。

すいすいと飲めてしまいますね。


夏には生姜風味が

ひときわ美味しく感じます。


美味しいだけではなく

健康にも良さそうな嬉しいカクテルでした。








Last updated  2010/07/29 01:39:02 PM
コメント(12) | コメントを書く
2010/07/28
カテゴリ:Barで飲む一杯


入った瞬間、あら?と思いました。


いつものお気に入りのカクテルBAR

でも、なんとなく雰囲気が違います。


顔馴染みのバーテンダーさんの

いつもと変わらない笑顔を見たときに

いつものように、心がほぐれてゆくのを感じました。


あら、でもカウンターの中で

彼はせっせと大きなスイカをカットしているではないですか。

?一体何事なの??


カクテル 『今が一番暇な時間なんですよ。 昼間の仕込みをしているんです。』


スイカを綺麗に切りながら、彼は言います。


そう、そうでした。

夜はBARだけれでも、このお店は

お昼間は喫茶店としても営業しています。

暇な時間にその仕込みをしているってわけね。


そういえば、今日はまだ時間が早い。

夜の帳が下りるまで

まだもう少し間があります。


だから

なんだかいつもと雰囲気が違うのね。

まだ喫茶の余韻が残り、BARになりきっていない

そんな風情ですもの。


カクテルきらきらカクテルきらきらカクテル


エアーポケットに入り込んだような

そんな中途半端な雰囲気を楽しみつつ

何を飲もうかしらきらきら

オーダーするカクテルに思案を巡らせましたが

彼がカットしている

美味しそうなスイカが気になります。


このスイカ、

喫茶タイムでは『ノンアルコール・カクテル』に変身するのだそうです。


なんだか興味津津ね。


そうよ

私はこのカクテルスイカ・カクテルにウォッカを添加して貰いましょうきらきら



スイカ〓
スイカ〓 posted by (C)Primrose



手書きハート きゃぁ~、なんて可愛らしいカクテルでしょう きらきら手書きハート



夏に美味しいフローズン・スタイルで

お約束のストローが二本付いています。


思わず『お嬢ちゃま』気分に浸ってしまいました。


スイカがシャリシャリと

甘くて美味しくて

なんだか

オトナになってしまった私としては

気恥ずかしくなるくらい可愛らしい

そんなスイカ・カクテルでした。




  








Last updated  2010/07/28 01:37:34 PM
コメント(6) | コメントを書く
2010/07/23
カテゴリ:Barで飲む一杯


お気に入りのBARのカウンターに

さりげなく置いてあるそのグラス。


あら、中に入っているのは何かしら?

もしかして・・・

これがあのラフロイグのビートなのかしら?


ビート
ビート posted by (C)Primrose



顔馴染みのバーテンダーさんに尋ねると

まさにあのラフロイグのビートでした。


まぁ、これがきらきら


私はビートを実際に見るのは初めてです。

ちょっと感動しますね。


ビートを見たのだから

ラフロイグを飲むことにしました。

もちろん、ストレートで。



ラフロイグ
ラフロイグ posted by (C)Primrose



ラフロイグを

ストレートで飲むのは初めてです。


まずはその香りを堪能しましょう。


男性的な逞しさを感じます。

ヨードの香りは・・・

・・・私には魅力的です。


アイラ島の香り、磯の香りはこんな香りなのかしら?


心がアイラ島へと飛んでゆきます。


さて、その味わいは・・・


口に含むと

ゆったりと快楽の世界へと誘われます。


『酔い』が体中に広がってゆくのを感じます。

ブランデーのような優しさは感じれれませんが

なんだろう

この強さ、男性的な逞しさ。


そうよ、これがウイスキーの味わいね。

美味しいわきらきら


久しぶりに飲むウイスキーに

その味わいに

心まで奪われてしまいそうな

そんな月夜でした。








Last updated  2010/07/23 01:26:37 PM
コメント(12) | コメントを書く
2010/07/16
カテゴリ:Barで飲む一杯


お気に入りのBARで

すっかり顔馴染みになったイケメン・バーテンダーさん。


あら、いつの間にか3年越しの付き合いになったわねぇ

・・などと、和やかに会話を交わしていたら

まぁ、何ということでしょう。

今月いっぱいで辞めるのですって。


カクテル 『家庭の事情があって。 故郷に帰ることになりました。』


いつもの

ちょっとはにかんだような笑顔で彼はそう言います。


・・・そうかぁ

じゃぁ、もう逢えなくなるのね。


寂しさが胸に込み上げます。


それならば

彼ならではのカクテルカクテル、一番得意なカクテル

そんなカクテルを作ってもらいたいな。


そう彼に告げると

彼はちょっと戸惑ったような気配を見せました。


『僕は自分で飲むときは、ソーダで割るんですよ。』

にこやかに微笑みます。


そう。

それならば

今はやりのハイボールを作ってもらいましょう。


ハイボールで肝心なのは

何と言ってもウイスキーよね。

ウイスキーで味わいが決まってしまいますもの。


どのウイスキーにしようかと

あれこれと迷いましたが

私の呑み友達の一押し、

これがハイボールにはきらきらうってつけ

というウイスキーを選ぶことにしました。



ハイボール
ハイボール posted by (C)Primrose



ラフロイグ10年です。

ラフロイグ 10年 正規 (カートン入り)

ラフロイグ 10年 正規 (カートン入り)

価格:3,600円(税込、送料別)




さて、どんなハイボールに仕上がっているかしら。


そっと口をつけると

すっきりとした味わいの中に

荒々しいまでの男性的な強さを感じます。


アイラモルトらしい

個性的なビートの香り、磯の香り・・・


甘さなんてない、オトナのハイボールです。

作ってくれた彼のイメージそのものの味わいです。


とても美味しいハイボールね。


ハイボールをじっくりと味わいながら

彼との別れを惜しみ

そうして彼の旅立ちを

新しい人生を

幸多かれと祈る気持ちが込み上げてくるのでした。








Last updated  2010/07/16 01:37:42 PM
コメント(15) | コメントを書く
2010/07/07
カテゴリ:Barで飲む一杯


古い友人・・・という言葉には

そこはかとない郷愁が漂います。


過ぎ去った懐かしい時

弾けるような笑顔を交わしたその時

胸に優しい感情が溢れてきます。


その日、

私は古い友人に会いたくなったのかもしれません。

お気に入りのBARで

オーダーしたのは『オールド・パル』

そう、『古い友人』という名前のカクテルカクテルです。



オールドパル
オールドパル posted by (C)Primrose



オールド・パルはアメリカ生まれのカクテルです。

ウイスキー・ベースのカクテルなのですね。


レシピは

アメリカのライ・ウイスキー

フランスのベルモット

イタリアのカンパリと

3ヶ国を代表する酒を等分に合わせて

それらを、するっとステアして仕上げます。


世界中で愛飲されている

ポピュラーなカクテルなのだそうですが

なぜか日本ではあまり飲まれていないとか。


そのオールド・パルを

もう会えなくなった

友の顔を思い浮かべながら飲んでみました。


ウヰスキーの香りが心地よいです。

思ったよりもカンパリが個性を主張します。


控えめだったけれども芯が強かった

そんな彼女を思うのに

相応しい味わいですね。


ベルモットのきりっとした香り、味わいが

ウヰスキーとカンパリを宥め、調和させてるようです。


オールド・パルは

しみじみと飲み明かしたいときに

相応しい

そんなカクテルだと思いました。









Last updated  2010/07/07 01:29:48 PM
コメント(10) | コメントを書く
2010/06/03
カテゴリ:Barで飲む一杯


お気に入りのBARに行ったなら

なんでも

イタリア・フェア開催中とのことで

ワイングラスイタリアワインと

イタリアの食材を使ったおつまみがお勧めだというので

それならきらきら

イタリアワインセットをオーダーすることにしました。



F1000013
F1000013 posted by (C)Primrose



これはスパーリング・ワインです。

爽やかな香り、風味が心地よいです。

ほんのりと甘く、素直で綺麗な味わいですね。



イタリアワイン
イタリアワイン posted by (C)Primrose



こちらは赤ワインです。


重すぎず、さりとて軽くもなく

ちょうど良い口当たりです。


空気とじわじわとマリッジさせると

香り、味ともに

馥郁と口の中で広がります。


こちらもきらきら美味しいですね~



さて、おつまみはこちらです。



おつまみ
おつまみ posted by (C)Primrose



サラミもチーズも

ワインにうってつけですね。

気分良く飲めてしまいます。


今回、初めて食べて

そうして

とても美味しかったのが、これきらきら



ドライトマト
ドライトマト posted by (C)Primrose



これね、ドライトマトなんですって。


ドライ・・・というと

なにか硬そうな、そんなイメージがありますが

これはしっとりと柔らかいんです。


そうして

とてもオイリーなの。


食べてすぐ、手書きハート美味しい味が口の中に広がりますが

でも、なんの食材かピンときません。


口を動かして、じんわりと味わうと

まぁ、この味はトマトなのね~~~

と、やっと分かってくるという

なんとも奥深い味わいです。


この味を表現する言葉を、私は知りません。


美味しさをお伝えしたいのに

それが出来ないのでもどかしい思いです。


とにかく、ワインに良く合います。


そうして

クセになるお味ですね~


なんだかドライトマトの魅力が

忘れられなくなりそうな私なのです。





手軽で便利な一品【ドライトマト オリーブオイル漬け】TUTTO CALABRIA社製。パスタ、ピザ、リゾ...










Last updated  2010/06/03 01:28:00 PM
コメント(14) | コメントを書く
2010/04/20
カテゴリ:Barで飲む一杯


こんなにも

愛はすれ違うものかしら・・・


不思議な思いでいっぱいでした。

まだ学生だった私。

『風と共に去りぬ』のスカーレットとレットの愛。


レットの愛にスカーレットは振り向かない。

スカーレットに見えるのはアシュレーだけ。



歳月が流れ、

スカーレットがやっと気が付くとき

ほかならぬひと、かけがえのないひとは

誰なのかを

ようやく分かったその時に

レットの心は冷めきって、スカーレットのもとを去ってゆきます。



そう

私にも歳月が流れました。


そうして、いま、

愛はすれ違うものだと

しみじみと思うようになりました。


お互いが見つめあう

そんな愛は

きっと神様の贈り物なのかもしれない

そんな風に思うようになりました。


さて、そんなこんなで

一度飲んでみたかったこのカクテル

スカーレット・オハラです。



スカーレット・オハラ
スカーレット・オハラ posted by (C)Primrose




情熱的な赤い色合いは

スカーレットのイメージそのままです。


お味の方は・・・


やや優しすぎるかしらと思いました。

まるで、メラニーみたいに穏やかな甘みがあります。


リキュール・ベースですので

ロマンチックな味わいなのかしら?


スカーレットという名前なら

もっとガツンきらきらと強いカクテルにしても良いのではないかしら・・・


私はそんな風に思いました。










Last updated  2010/04/20 01:36:11 PM
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全70件 (70件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.