2021.10.21

論理的な推論思考の育成に重点を置く

カテゴリ:教育




「論理的思考力」とは、正しく合理的に物事を考える力のことです。 それは、観察、比較、分析、合成、抽象化、一般化、判断、推論する能力であり、科学的・論理的な方法を用いて、自分の思考過程を正確かつ系統的に表現する能力です。 フィギュラティヴ・シンキングとは全く異なります。 ロジカルシンキングは、数学を上手に学ぶ能力だけでなく、他の教科を学ぶ能力や、日常の問題に対処する能力にもつながります。 数学は、客観的な世界を量的な関係(空間的な形態を含む)で反映する科目であり、Core補習課程非常に論理的で厳しい。


使い方の選択に柔軟性があり、論理的なデザイン思考を身につけることができるということは、難易度の高い問題を解決できるということとイコールではなく、論理的な関係性だけで言えば、使い方のスキルが問われることになります。 これはどこから来たのか? Practice makes perfect。 数学的分析を学べばわかるように、問題を解けば解くほど、その問題を効果的に解くために我々が常にどのような状況に置かれなければならないかがわかってきます。 つまり、文系学生と理系学生の違いは、論理的思考の有無ではなく、この点にあると言えます。 一方で、論理的に考えている人は、実際にはよく考えて仕事をしているという現実があり、文系・理系の区別はありません。 そして、このような考え方は、論理的に得られるものではなく、論理的に説明できるものです。


自分自身との議論も含めて、アイデアが生まれるような議論に参加すること。 例えば、主権が人権よりも優れているのか、あるいはその逆なのかという問題について、私は、人権よりも優れているのは人権を守るための主権であり、王様の赤子のご馳走につながる主権を含むことはできないと考えており、前者が条件付きで成立するように定義しなければならないと考えています。 このような理解が得られたのは、そうでなければ考えられなかったような議論がなされたからです。 人権を守らなければならないという論理があるのに、主権が人権よりも優れているという概念をすり替えることはできません。


ジュニア数学では、三項推論は重要な演繹的推論の一種であり、共通項を含む2つの性質判断から性質判断を導出する「性質に関する三項推論」の略です。 三項式の性質は、大前提、小前提、結論の3つです。 大用語を含む前提は大前提、小用語を含む前提は小前提、そして大用語と小用語の両方を含む判断は結論です。 例えば、すべての植物は水を必要とし(大前提)、小麦も植物である(小前提)ので、小麦も水を必要とする(結論)。 考え方として、三角法は通常、大前提、小前提、結論の3つの判断から成り立っています。 しかし、自然言語では、三項式は柔軟な順序で表現され、省略されることも多い(大前提、小前提、結論)。


関連記事:


学習生産性は、学業成績を決定する重要な影響因子です


最適な学習方法は何ですか?


英語学習における学習方法の重要性について






TWITTER

最終更新日  2021.10.21 19:18:51
コメント(0) | コメントを書く