2936114 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

パパング♂@ Re:ミスジミバエ(12/03) 2020年はミスジミバエの出現が遅く、気を…
白根不動尊@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 白石みずほ 佐々木華奈
伊関あゆみ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 藤田征也 川原誠也
田中あさみ@ Re[7]:セイヨウミツバチ(03/06) 赤羽自然観察公園さんへ
ミツバチ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) ミツバチ 品川区
Noripapa@ Re:ハナアブの幼虫(オナガウジ:尾長蛆)(05/21) 正月を迎えるため 近所の神社の掃除を町内…
henry@ Re:チャドクガ(成虫)(10/19) こんにちは。 うちの家も今年の夏は茶毒蛾…
2006.11.25
XML
テーマ:庭の植物(155)
カテゴリ:植物(草本)


 我が家の庭の生き物たちも、もう多くは冬支度に入っているが、目立たないところで妙な花が咲いている。



 スミレである。普通は春に花を着けるが、秋も終わりに近づいてから、再び花を着けることが多い。尤も、その数は春よりもずっと少ないが・・・。

 我が家の庭には10種以上のスミレが植わって(生えて)おり、その内のスミレ、エイザンスミレ、ヒゴスミレ、コスミレなどが今咲いている。しかし、夏から秋に至る間に色々な虫に食われて植物全体が余り綺麗ではない。だから、庭のスミレ達については、春になってまた綺麗になってから紹介するつもりでいたが、このコスミレは葉もチャンとしているので今回取り挙げることにした。


コスミレ(全体)
コスミレ.左下に閉鎖花が写っている(2006/11/14)



 スミレの花は中々可憐なので、スミレ専門の園芸家も居る位である。しかし、その可憐な花は実を結ばないことが多い。代わりに閉鎖花と言う、蕾とも実とも言い難いような、花弁のない妙な「花」が種子を作る。花は開くことなく、蕾のなかで自家受粉が行われて結実するのである。

 上の写真の左下に閉鎖花が写っている。これが伸びて真上を向き、3つに開裂して種子を飛ばす。初夏から秋まで、スミレは専らこの閉鎖花を「咲かせて」、繁殖に努める。


コスミレの花
コスミレの花.正面から(2006/11/14)



 閉鎖花はそれだけで結構話の種になるので、来年の初夏に詳しく経過を追って紹介する予定でいる(気の長い話・・・)。だから、今回はその可憐な花を見るだけにしておこう。

 しかし、何故今頃になってスミレが咲くのか、一寸不思議である。花芽の分化は普通は日長で制御されるが、スミレは1年中花芽(「花」用の花芽と閉鎖花用の花芽)を作っている訳だから日長は関係ない。恐らく気温(平均気温 or 最低気温)がある値より低くなると、閉鎖花よりも普通の花を分化する様になるのだろう。

コスミレの花(横から)
コスミレの花.横から(2006/11/14)



 このコスミレは以前紹介したニワナナカマドの鉢に生えてきたものである。スミレはこう言うところが好きな様で、我が家の植木鉢の大半に色々な種類のスミレが「繁茂」している。

 スミレ好きの私にとっては大いに結構なことだが、一見したところでは、手入れが悪くて雑草が生えている様にしか見えない。一寸みっともないが、別に人の評判を気にすることもあるまい。








最終更新日  2006.11.25 10:10:59
コメント(0) | コメントを書く
[植物(草本)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.