2839993 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

白根不動尊@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 白石みずほ 佐々木華奈
伊関あゆみ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 藤田征也 川原誠也
田中あさみ@ Re[7]:セイヨウミツバチ(03/06) 赤羽自然観察公園さんへ
ミツバチ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) ミツバチ 品川区
Noripapa@ Re:ハナアブの幼虫(オナガウジ:尾長蛆)(05/21) 正月を迎えるため 近所の神社の掃除を町内…
henry@ Re:チャドクガ(成虫)(10/19) こんにちは。 うちの家も今年の夏は茶毒蛾…
Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
2007.05.26
XML


 読者諸氏の中には、下の写真に示した様な小さな水滴型の「奇妙な物」が草や木の葉の上にくっ着いているのを見て、訝しく思われた方があるに違いない。

 これは、表題に示した通り、アブラムシを食べるヒラタアブ類の蛹(囲蛹)なのである。


ホソヒラタアブの囲蛹(上から)
上から見たホソヒラタアブの蛹.長さ約7mm.成虫の腹部の模様が

透けて見えている.右端の眼の様なものは尾端にある後気門

(2007/04/29)



 もうかなり前のことになるが、グミの葉上にこのヒラタアブの蛹を見付けた。早速写真を撮ってみたところ、蛹の殻を通して既にアブの模様が見えている。ヒラタアブ類の飼育をしたことはないが、多分明日羽化するに違いない。グミの枝を切って、飼育箱に確保した。

ホソヒラタアブの囲蛹(横から)
ホソヒラタアブの蛹.横から.カタツムリの子供ではない(2007/04/29)



 ヒラタアブ類の幼虫は、ハエの幼虫と同じく、頭部は細く尾端の方が太い。だから、この写真を見て、細い方が頭と思うと大間違いで、実際は丸い方が頭。一番上の写真で、右端に眼の様なものが1対見えるが、これは眼ではなく幼虫の尾端に位置する後気門である。

ホソヒラタアブの囲蛹(前から)
ホソヒラタアブの蛹.前から、お尻ではない(2007/04/29)



 普通、昆虫が蛹から羽化するときは蛹の背が縦に割れる。しかし、ハエやアブの内、環縫群(環縫短角群)と呼ばれる仲間は、囲蛹が横に割れて成虫が出てくる(本来は環縫群がハエ、背中の割れる直縫群がアブなのだが、名称が混乱していて、アブと名が付いても環縫群に属すものがかなりあり、また、その逆もある)。

羽化したホソヒラタアブの雄
羽化したホソヒラタアブの雄(2007/04/30)



 予想した通り、次の日にホソヒラタアブが羽化して来た。左右の複眼の間隔が狭いので雄である。

 下に、囲蛹の抜け殻を示した。囲蛹が横に割れているのが良く分かるであろう。

ホソヒラタアブの囲蛹(抜け殻)
ホソヒラタアブ囲蛹の抜け殻.(2007/04/30)



 実はその他にも、蛹化したばかりのヒラタアブ類の囲蛹を3個見付けた。しかし、その内の1個は葉から滑り落ちて無くなり、残りの2個は確保したが、1個からは全長2mm位の微小な寄生バチが沢山出て来たし、もう1個からは未だに何も出てこない。ヒラタアブ類の羽化成功率は意外と低いのかも知れない。








最終更新日  2007.05.26 09:19:59
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.