2763523 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

白根不動尊@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 白石みずほ 佐々木華奈
伊関あゆみ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 藤田征也 川原誠也
田中あさみ@ Re[7]:セイヨウミツバチ(03/06) 赤羽自然観察公園さんへ
ミツバチ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) ミツバチ 品川区
Noripapa@ Re:ハナアブの幼虫(オナガウジ:尾長蛆)(05/21) 正月を迎えるため 近所の神社の掃除を町内…
henry@ Re:チャドクガ(成虫)(10/19) こんにちは。 うちの家も今年の夏は茶毒蛾…
Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
2007.12.13
XML


 12月に入ってから見る虫と言えば、ヒラタアブ類を除くと、アブラムシの類ばかりであった。それ以外の虫はもう無理かと思っていたところ、先日、ギボウシの付け根辺りに、小さなナヨナヨした虫が数頭いるのを見付けた。

 体長3mm弱、肉眼的には蠅だか蚊だかハッキリしない。しかし、良く見てみると、今年の春に紹介した「クロバネキノコバエの1種」の仲間の様である。


クロバネキノコバエの1種
枯れたギボウシの葉に逆さに止まるクロバネキノコバエの1種(2007/12/07)



 この虫、以前書いた様に「ハエ」と付いてもハエの仲間ではない。ハエやアブは基本的に触角が3節しかない(短角亜目)。しかし、この「ハエ」は糸状の長い触角を持っている。糸角亜目、即ち、蚊の仲間である。

 以前紹介した「クロバネキノコバエの1種」は、触角が比較的短く体はかなり太っていたが、この虫の方は触角がそれよりも長く体は細長い。しかし、翅脈の走り方は同じである。別のクロバネキノコバエの1種と考えて良いであろう。

クロバネキノコバエの1種
まだ緑色のギボウシの上で動かないクロバネキノコバエの1種(2007/12/07)



 このクロバネキノコバエ、日陰の半分朽ち果てたギボウシに集っていた。このまま越冬するのであろうか。

 蚊の仲間の越冬形態はどうなっているのかInternetで調べてみると、吸血性の蚊でも、成虫、卵、幼虫と様々である。クロバネキノコバエの場合はどうかと言うと、前蛹で越冬するものがあると言うことは分かったが、それ以外には参考になる情報は見つからなかった。

 何時もなら、どうでもよい様な虫である。しかし、冬の苦手な私としては、この虫達が冬をどう過ごすのか、何となく気になってしまうのであった。







最終更新日  2007.12.13 16:56:45
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.