2520356 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
2008.01.22
XML
カテゴリ:植物(木本)


 やはり前回のゴキ君は悪評の様で、閲覧者数が何時もの2/3位しかなかった。かなりショックを受けた読者も居られる様なので、今回は綺麗な花を掲載することにした。

 数寄屋と言う侘助の一品種である。侘助とは、筒咲きと言う花弁の余り開かない咲き方をするツバキの一種で、多くの品種があるが、何れも花は一重で小さく早咲きをする。花弁が開き切らず小輪なので、茶花として昔から人気が高い。


ワビスケ_080118_048.jpg
数寄屋侘助の蕾.細長く先が尖っている(2008/01/18)



 この数寄屋も、茶人であった祖母が50年ほど前に植えたものである。最近では各種の侘助が園芸店で売られているが、当時はかなり珍しい庭木で、特に花の小さい白侘助は深大寺植物園以外で見たことがなかった。

ワビスケ_080118_046.jpg
咲き始めた数寄屋(2008/01/18)



 昔は庭が広く植える場所は幾らでもあったから当然良く陽の当たる所に植え、毎年1月から3月にかけて夥しい数の花を着けた。西洋長屋に建て替えた後は、庭が狭いので夏しか陽の当たらない所に移されてしまい、花着きが良くない。しかし、今年は何故か沢山花が着いた。

ワビスケ_080118_050.jpg
かなり開いた数寄屋(2008/01/18)



 侘助の花が咲くと、白い花を食べるヒヨドリや蜜を吸うメジロがやって来てつつく。花が少なければ「全滅」してしまうが、今年は沢山花が着いたので無傷のまま残っているものが多く、何とか写真を撮ることが出来た。

ワビスケ_080118_062.jpg
これ以上は開かない(2008/01/18)



 侘助の仲間は一般に葯が発育不全で花粉を欠くため、種子が出来ない。だから、繁殖は挿木で行う。白侘助は挿木が容易でないが、数寄屋は簡単で、大学院生の頃に沢山挿して人に配ったことがある。

 数寄屋の雄蕊を撮ってみた。葯は開いている様だが、花粉は見当たらない。

ワビスケ_080122_005.jpg
数寄屋の雄蕊.葯は開裂している様だが花粉は見えない(2008/01/22)



 また、侘助の形態学的特徴として子房が有毛であることが挙げられる。サザンカの子房には毛があるが、日本のツバキの子房は無毛である。中国などの大陸には有毛のツバキも有るので、侘助も大陸から来たか、或いは、大陸から来たツバキとの雑種ではないかと推測されている。

 しかし、何故か数寄屋の子房には毛がない。数寄屋は一応「正統的侘助に属す」とされている様だが、系統的には他の侘助と異なるのだろう。

 下に数寄屋と白侘助の子房を示した。白侘助は我が家には無く、近くの御宅からの「賛助出演」である。

ワビスケ_080122_019 045.jpg
左:数寄屋の子房は無毛、右:白侘助の子房は有毛

(2008/01/22)



 ここ数日、日照が少なく底冷えのする毎日が続いている。しかし、オウバイ(黄梅)は既にポツポツと咲き始めたし、梅の蕾も順調に膨らんで中には白い花弁が見え始めたものもある。その他にも何種か蕾を急速に膨らませている木々がある。去年のネタを引っ張り出さなくても、今年は何とかなるかも知れない。








最終更新日  2008.01.26 09:55:04
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.