2784317 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

白根不動尊@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 白石みずほ 佐々木華奈
伊関あゆみ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 藤田征也 川原誠也
田中あさみ@ Re[7]:セイヨウミツバチ(03/06) 赤羽自然観察公園さんへ
ミツバチ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) ミツバチ 品川区
Noripapa@ Re:ハナアブの幼虫(オナガウジ:尾長蛆)(05/21) 正月を迎えるため 近所の神社の掃除を町内…
henry@ Re:チャドクガ(成虫)(10/19) こんにちは。 うちの家も今年の夏は茶毒蛾…
Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
2008.10.06
XML


 今日は久しぶりにヒラタアブの仲間を紹介する。ホソヒメヒラタアブ、体長7mm以下の小さなヒラタアブである。

 ホソヒメヒラタアブには、非常に良く似たキタヒメヒラタアブと言う近似種が居る。この両者の識別は外部形態だけでは困難で、普通はゲニタリアを見る必要があるとされる。しかし一方で、ホソヒメは8mm以上になることはなく、また、キタヒメは7mm以下にはならない、と言われている。写真の個体は体長6.0mm、ホソヒメヒラタアブとした所以である。


ホソヒメヒラタアブ1
ホソヒメヒラタアブ.体長6.0mm

この個体は腹部に黒い部分が非常に多い

(2008/10/05)



 しかし、随分腹部に黒い部分が多い。最初肉眼で見たときは何か別の種かと思った。しかし、顔面が真っ白で細長く体長6mm以下のヒラタアブは、ホソヒメしか居ない筈である。図鑑類や市毛氏の「ハナアブの世界」も参照してみたが、やはりホソヒメ以外に該当する種類は見つからなかった。

 ホソヒメヒラタアブはこの辺り(東京都世田谷区西部)で決して珍しいヒラタアブではない。これまで紹介しなかったのは、肉眼的に8mm以上か7mm以下かの区別が容易でない(一般に虫の体長は実際よりも大きく見える)ので、ついつい撮らずじまいになっていたからである。今回は、確実に「小さい」と思ったので撮影し、漸くの登場となった次第である。

ホソヒメヒラタアブ2
真横から見たホソヒメヒラタアブ.黄、黒、白の綺麗なアブである

(2008/10/05)



 アブさんがやって来たのは、写真でお分かりの通り「北米原産シオンの1種」。もう筒状花(中心部の黄色い部分)が茶色になってきた花が多く、人間にはそろそろ終わりの様に感じられるが、虫の方はそれと関係なくやって来る。花粉などは少し古くなった方が分解が進んで、食べ易いのかも知れない。

ホソヒメヒラタアブ3
顔面は真っ白で頭頂部は黒く、その間に黄色の部分がある

(2008/10/05)



 ホソヒメヒラタアブは最近、もう一つのWeblogでも紹介した。その時の個体は非常に敏感で容易に近づけなかったが、今回はまるでその逆であった。と言っても撮影が楽だった訳ではない。

 このアブさん、小さいので花の中に頭を突っ込んでしまう。すると体が花に隠れて背側以外からは写真が撮れなくなる。留まっている花の茎を一寸手で突っついたりしても全然動ぜず、翅に触っても数cm動くだけで、まるで逃げる気配無し。この「北米原産シオンの1種」は虫達にとって余程魅力のある花らしいが、御蔭で写真を撮るのに随分時間がかかってしまった。

ホソヒメヒラタアブ4
花粉を舐めているところ(2008/10/05)



 此処まで書いて一服しに外に出た。その途端にツーンと強い花の香り、どうやら御隣のキンモクセイが咲き始めたらしい。兪々今年も終わりである。

 年を取ると一年の過ぎるのの何と速いことか!!








最終更新日  2008.10.06 17:27:00
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.