2517108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
2008.10.14
XML
カテゴリ:植物(草本)


 今日は我が家の雑草を紹介する。キツネノマゴ科のキツネノマゴ、高さ20cm程度の、どう見てもパッとしない草である。

 実は、ダンドボロギクと言う背より高い雑草の花を経時的に撮っていたのだが、茎が非常にひ弱で一寸の強雨で全部倒れてしまった。代わりの雑草に適当なものがないので、仕方なく、このキツネノマゴを掲載することにしたのである。


キツネノマゴ1
キツネノマゴ.何とも冴えない雑草ではある

(2008/10/10)



 御覧の通り、冴えない草である。9月頃であればもう少し花が着いていたと思うが、まァ、それでも精々花穂当たり3個着けば良い方で、今は平均1個程度。花自体は後で見る様に悪くはないが、小さいし、数が余りに少な過ぎる。

キツネノマゴ2
キツネノマゴの花穂.同時に咲く花は多くても3つ程度、今は1つ

(2008/10/10)



 子供の頃は祖母の命令で庭の草取りをさせられていた。だから、庭にどういう雑草が生えるかは、たとえ名前は知らなくても、姿はよく知っている。しかし、このキツネノマゴ、昔見た記憶がない。そこで、これは最近入って来た帰化種だと思っていた。しかも、花穂はシソの穂に似ているし、葉は対生で茎は4角、てっきりシソ科と信じ込んでいた。

 しかし、帰化植物図鑑のシソ科を調べてみると該当する種は無い。その他の科も当たってみたがやはり無い。当たり前である。

 そこで普通の植物図鑑を引っ張り出す。しかし、日本産のシソ科の中にも見当たらない。仕方なくその周辺を探して、やっと見つかった。何と、キツネノマゴであった。キツネノマゴ科もキツネノマゴも、名前はよく知っているのに、実物を知らなかったのである。

キツネノマゴ3
花を拡大.幅は約4.5mmと小さい

(2008/10/10)



 キツネノマゴ科は、図鑑には5属7種しか載っていないが、解説によると世界に約240属2200種(Wikipediaに拠れば約250属2500種)、主に熱帯に分布するとのこと。昔見た記憶がないのに、今方々で眼にするのは、ヤブミョウガと同じく、温暖化による北上と思われる。

 写真を見れば分かる通り、外見的にはシソ科やゴマノハグサ科に似た植物である。図鑑に拠れば、「茎が4角で花が唇形で外見はシソ科に似ているが、子房が深く4つに分かれていないので大いにちがう」とある。こちとらは、こんな小さな花をバラして子房の形を見たりはしないから、間違えるのも無理はない。

キツネノマゴ4
上の花を出来るだけ下側から撮ったもの

(2008/10/10)



 図鑑に拠ると、キツネノマゴ科の雄蕊は4本ないし2本で、花筒にくっ付いているとのこと。ゴマノハグサ科やシソ科も同様である。このキツネノマゴでは2本で、写真で花の上部に見えるのがそれであろう。


キツネノマゴ5
横から見た図(2008/10/10)



 別の花の上部をピクセル等倍まで拡大したものを下に示した。これは、まだ咲き始めの花らしい。丸くて黄色っぽいのが葯であることは明らかである。しかし、その他はどうなっているのか、まるで分からない。

キツネノマゴ6
別の花を使って花の上部を拡大.ピクセル等倍

(2008/10/14)



 図鑑には「葯は2室で1室はほぼそれと同長の距がある」とも書いてある。真ん中の2つに分かれた部分が距で、真ん中に見える白い半透明のが雌蕊なのか、それとも花柱の先端が2つに分かれているのか。また、葯から斜め下に伸びている半透明の構造は何なのか・・・。先に示した他の花の写真と比較すると、更に分からなくなる。

 この様な普通に撮った写真では、何とも判断し難い。そこで、花を分解してみようと思ったが、今の時期は花も小さく幅約4.5m、一寸やってみたが、やはりこれは実体顕微鏡下でなければ出来るものではない。

 何とも中途半端な記事になってしまったが、実体顕微鏡は無いし、等倍マクロ撮影だけではこれが限界の様である。








最終更新日  2008.10.14 11:20:50
コメント(6) | コメントを書く
[植物(草本)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ありがとうございます☆   snowrun29 さん
おぉ~!キツネノマゴがこんなでっかく。
普通はルーペで見るところ、
流石はアーチャーンさんの。

お陰でおしべがこんなアーチを、が見れて嬉しいです♪
しかしそうなると2つの葯の真ん中にある透明のもの。
あれが花柱?
一体この構造ってどうなってるのだろう、、??

(2008.10.14 12:51:43)

キツネノマゴ科   るる555 さん
やくの中に花粉らしいものが見えます!
おぉ~でっかく。
胡麻のような種もできるらしくキツネノゴマ?と間違えてしましそうです。
花ベンの紫色も美しいですね。 (2008.10.14 18:25:48)

Re:キツネノマゴ(10/14)   夢のはし さん
キツネノマゴは、名前は知っていましたが、
実物を「キツネノマゴだ~っ。」と思いながら拝見した経験がありません。
でっかく撮ってくださったお写真を拝見して、
実物を見てみたい、と、思いました。

蛇が口を大きく開いた時のような、
不思議な形をしていますね☆^^☆

今日の日記の冒頭近い部分に登場する、
「ダンドボロギク」という名前に、大笑いしてしまいました。
ボロギクとは、悲惨なお名前ですね。しかも、茎がひ弱で倒れてしまったなんて・・・ぷぷぷ*^^*
(2008.10.14 20:23:35)

Re:ありがとうございます☆(10/14)   アーチャーン さん
snowrun29さん
>おぉ~!キツネノマゴがこんなでっかく。
>普通はルーペで見るところ、
>流石はアーチャーンさんの。
-----
 他に撮るものが無いので・・・。

>お陰でおしべがこんなアーチを、が見れて嬉しいです♪
>しかしそうなると2つの葯の真ん中にある透明のもの。
>あれが花柱?
>一体この構造ってどうなってるのだろう、、??
-----
 余り面倒な花は撮らない方が気が楽です。
(2008.10.15 11:19:18)

Re:キツネノマゴ科(10/14)   アーチャーン さん
るる555さん

>胡麻のような種もできるらしくキツネノゴマ?と間違えてしましそうです。
>花ベンの紫色も美しいですね。
-----
 ゴマ科とも近縁ですから、間違える人が多い様です。私も昔「狐の胡麻」だと思っていました。

(2008.10.15 11:22:28)

Re[1]:キツネノマゴ(10/14)   アーチャーン さん
夢のはしさん
>キツネノマゴは、名前は知っていましたが、
>実物を「キツネノマゴだ~っ。」と思いながら拝見した経験がありません。
>でっかく撮ってくださったお写真を拝見して、
>実物を見てみたい、と、思いました。
-----
 南方系のグループですから、東北には無い可能性が高いと思います。

>蛇が口を大きく開いた時のような、
>不思議な形をしていますね☆^^☆
-----
 唇形と呼ばれる形で、シソ科やゴマノハグサ科、その近縁種では花筒の長短はありますが、似た様な花を着けます。

>今日の日記の冒頭近い部分に登場する、
>「ダンドボロギク」という名前に、大笑いしてしまいました。
>ボロギクとは、悲惨なお名前ですね。しかも、茎がひ弱で倒れてしまったなんて・・・ぷぷぷ*^^*
-----
 ダンドボロギクもノボロギクも、花弁状に見える舌状花がなく、ヒジョーに冴えない花です。特にダンドボロギクは、咲いていても開花しているのが分からない程で、蕾が少し膨らんだかと思うと、いきなりタンポポ状の果実が開きます。そう言う意味で、面白い草とも言えます。
(2008.10.15 11:33:14)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.