2518684 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
2008.11.11
XML
カテゴリ:植物(木本)


 此処暫く、気力の充実が今一つ足らない日が続いている。虫ネタは幾つかあるのだが、何か植物を掲載したいと思っている間に1週間近く更新をサボることになってしまった。

 雑草が咲くのを待っていたのである。しかし、気温の低い日が続いて、中々花が開かない。その内、季節外れのユキヤナギが少し咲き始めたので、代わりにこれを出すことにした。


ユキヤナギ(狂咲き)1
開き始めたユキヤナギの花

(2008/11/11)



 自然に生えてきたユキヤナギである。鉢に植え換えて2~3年、もう充分大きくなったので、来春、外庭のアベリアを少し引っこ抜いて、代わりにこれを植えようと思っている。

 アベリアは、我が家では評判が宜しくない。やはり、我が家で育った者は茶人の薫陶を受けているせいらしい。兄でさえ、代わりに植えるコデマリを自分で買ってきた位である。尤も、植え換えるのは、私なのだが・・・。

ユキヤナギ(狂咲き)2
ごく少し、葉の間から花が見えている

(2008/11/11)



 普通、春に咲く花木の花芽分化は、前年の7月頃に始まるのが普通である。ジンチョウゲ、ウメ、サクラ、ツツジ類、ツバキ類等、みな7月前後に花芽分化を開始する。しかし、シモツケ属(Spiraea)のユキヤナギ、シジミバナ、コデマリなどは、春に咲くにも拘わらず、花芽が分化するのは10月中下旬になってからである。普通はその後休眠に入り、低温で休眠が打破され、春に開花する。

 それが、何故か今咲いてしまった。我が家では初めてだが、調べてみると、ユキヤナギの狂咲きは珍しくないらしい。しかし、多くは12月のことで、11月上旬とは随分早い狂咲きである。尤も、狂咲きは、狂って咲くのだから、遅いも早いもないかもしれない。

ユキヤナギ(狂咲き)3
完全に開いたユキヤナギの花(2008/11/11)



 花が少ないので、例によって拡大写真を出すことにした。バラ科らしく、5が基数になっている。花弁5、見えない萼片5、雌蕊5、雄蕊5×4=20、花糸の基部内側に腺5×2=10。

 下に上の写真の部分拡大を示した。雌蕊の基部にある黄色味の強い子房の外側に、黄緑色に近い色をした俵の様な構造が10個見える。これが腺らしい。腺というからには、蜜線であろう。随分大きいが、余りユキヤナギの花に虫が来ているのを見た記憶がない。ユキヤナギの咲く頃は、まだ、虫が来るには寒すぎるのだろうか。無駄に花蜜を出すとも思えないのだが・・・。

ユキヤナギ(狂咲き)4
上の写真の部分拡大.花の構造に関しては本文参照のこと

(2008/11/11)



 春になったら、もう一度、賑やかに咲いているところを紹介する予定である。実は、今年の春も、蕾の頃から経時的に写真を撮って置いたのだが、花が充分に開く前に「南方に出撃」と相成った為、掲載の機会を失ってしまったのである。

 今春は、多分、掲載出来ると思う。しかし、余り来年のことをハッキリ言うと鬼に笑われるので、断言するのは止めておく。








最終更新日  2008.11.11 14:50:57
コメント(7) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


シモツケ属   るる555 さん
ユキヤナギの白いお花のグレイトアップなお写真にびっくりしました。とても美しい花の構造に感動いたしました。来年観察するときは、ルーぺを用意する必要があるようです。。。 (2008.11.11 16:58:09)

Re:ユキヤナギ(狂咲き)(11/11)   クーン43 さん
ユキヤナギというくらいだから雪が積もっているように真っ白に集まって咲く花ですよね。小さい花が少しひっそりと咲くのも今の季節にはなかなか風流です。
バラ科の花は律儀に5の倍数ですねぇ。
(2008.11.11 19:36:55)

Re:シモツケ属(11/11)   アーチャーン さん
るる555さん
>ユキヤナギの白いお花のグレイトアップなお写真にびっくりしました。とても美しい花の構造に感動いたしました。来年観察するときは、ルーぺを用意する必要があるようです。。。
-----
 他にネタが無いもので・・・。放射相称で、幾何学的な美しさがあります。
(2008.11.12 07:10:36)

Re[1]:ユキヤナギ(狂咲き)(11/11)   アーチャーン さん
クーン43さん
>ユキヤナギというくらいだから雪が積もっているように真っ白に集まって咲く花ですよね。小さい花が少しひっそりと咲くのも今の季節にはなかなか風流です。
-----
 かなり寂しい感じです。

>バラ科の花は律儀に5の倍数ですねぇ。
-----
 全くその通りです。

(2008.11.12 07:11:28)

いつもながらv   snowrun29 さん
ユキヤナギは確かに時々「狂い咲き」してますね。
春のあの雪崩打つような怒涛の白い花を思うと
ちらほらだと「あ、またか」って見て見ないような自分がいます。
こうして見せて頂き感謝ですv
構造は「5の倍数」で、、これもまたしかと認識しておきますね。

急に寒くなってうちのアゲハの幼虫たちも動きがスロー&スロー。
普通の倍ほどかかって脱皮なりしてますが
食べてると思う傍からすぐ「寝てます」
それでも今日も1匹羽化しました。
生きるってほんまに大変だなぁと思います。

この寒さにアーチャーンさんもお風邪など召されませんように。 (2008.11.12 14:55:23)

Re:ユキヤナギ(狂咲き)(11/11)   夢のはし さん
狂い咲きする花を見ると、ざわざわした気持ちになります。
不安でも、恐れでもないのですが、
・・・ちょっと、胸騒ぎに似た、どきどき感です^^;←ちょっと変わっています。

昔知り合いだった庭師さんが、
「庭師の間では、狂い咲きを、四季咲きと呼ぶ」と教えてくれたことがありました。

狂い咲きにも、時期、というものがあるのですね。
面白いです☆初めて知りました。

>バラ科らしく、5が基数になっている

この一文に、なぜか、アーチャーンさんらしさを感じ、
拍手したい気持ちになりました☆^^☆

最近、写真を撮る機会がめっきり減っていて、
昆虫達の姿を見ることが出来ず、心に穴が空いたみたいな気持ちです。

おなかの大きなカマキリに、会いたかったのになぁ・・・。 (2008.11.12 21:03:24)

Re[1]:ユキヤナギ(狂咲き)(11/11)   アーチャーン さん
夢のはしさん
>狂い咲きする花を見ると、ざわざわした気持ちになります。
>不安でも、恐れでもないのですが、
>・・・ちょっと、胸騒ぎに似た、どきどき感です^^;←ちょっと変わっています。
-----
 確かに咲き方が貧弱で、何となく哀れを感じます。

>昔知り合いだった庭師さんが、
>「庭師の間では、狂い咲きを、四季咲きと呼ぶ」と教えてくれたことがありました。
-----
 四季咲きと狂咲きは一寸違うと思います。四季咲きは花芽形成が年間を通じて行われる(光周期に依存しない)のではないでしょうか。

>狂い咲きにも、時期、というものがあるのですね。
>面白いです☆初めて知りました。
-----
 花芽が無ければ咲きようがないので、ある程度の時季はあることになります。

>>バラ科らしく、5が基数になっている
>この一文に、なぜか、アーチャーンさんらしさを感じ、
>拍手したい気持ちになりました☆^^☆
-----
 ??????

>最近、写真を撮る機会がめっきり減っていて、
>昆虫達の姿を見ることが出来ず、心に穴が空いたみたいな気持ちです。
>おなかの大きなカマキリに、会いたかったのになぁ・・・。
-----
 岩手県ではもう秋も終わりですね。大きな常緑性の葉(ヤツデ、ビワ、ツワブキ等は岩手には無いか?)の裏や、剥がれやすい木の皮(ケヤキが最適)の裏、樹皮の割れ目の中などを探すと、越冬中の虫が見つかります。日当たりの良い斜面下側の土を掘る手もあります。


(2008.11.13 07:54:42)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.