2518669 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
2008.11.26
XML
カテゴリ:植物(草本)


 とうとう4日も更新をサボってしまった。虫ネタはあるのだが、何故かまた植物ネタを出したい。そこで植木鉢に寄寓している雑草を撮ったところ、その種類がどうもハッキリせず、判断に時間が掛かってしまったのである。

 ・・・と言っても、最終的に種が判明した訳ではない。結局は情報不足で「アキノタネツケバナ?」と「?」を付けざるを得なかった。


アキノタネツケバナ?1
アキノタネツケバナ?.周りの草を取ったら倒れてしまった

(2008/11/23)



 タネツケバナと言うのはよく似た種類の多いややこしいグループで、日本全土には10数種あるらしい。しかし、住宅地に生える雑草としては、タネツケバナ、ミチタネツケバナ、コタネツケバナの3種位しか手元の図鑑には載っていない。

 ところが、この写真のタネツケバナはその何れとも一致しない。先ず、基本的にヘナヘナな植物で、根系は貧弱、どんなに繁茂してもごく簡単に抜くことが出来る。我が家の雑草の中では、抜き易さにおいて最優等生である。

 上の写真は、植物体が見易い様に周囲りのカタバミの実生などを取り除いてから撮ったのだが、自分では殆ど自立出来ないほど頼りない植物である。タネツケバナやミチタネツケバナの様なロゼット状なんぞには決してならない。

アキノタネツケバナ?2
葉と花序(2008/11/13)



 茎や葉は無毛である。この点で、タネツケバナとは明らかに異なる。また、葉の形も違う。「小葉」(複葉ではないので本当は小葉ではない)の殆どは、粗くてかなり深い鋸歯を持つ丸い形をしており、細い「小葉」は殆ど見られない。また、低出葉は普通の葉の先端部だけの様な形をしている。上に挙げた3種のタネツケバナの場合、先端以外の「小葉」の多くは細長いのとは大いに異なる。

アキノタネツケバナ?3
右が一番開いた状態、左は花後で伸長中の花柱

(2008/11/13)



 花は極く小さい。時期的に寒くて良く開かないのかも知れないが、一番開いたときで上の写真の様な状態。花弁の長さは2mm程度、もし花が完全に開いても花弁の上部しか開かないので、花の直径は3mmに達しない筈である。タネツケバナの花弁は3~4mm、ミチタネツケバナは2~3mm、コタネツケバナは2mmとのことなので、この花はコタネツケバナに一番近い。

 しかし、花期は何れも春である。今咲いているのは狂咲きなのだろうか?

アキノタネツケバナ?4
別の花穂.この程度の開き方が普通

(2008/11/13)



 どうも総合的にはコタネツケバナが一番近いのだが、やはり植物体の外観、葉の形や開花時期など、環境で変化しそうな形質で種を見極めようとするのは無理な様である。そこで、植物分類学の伝統的な基準(最近は違うやり方が色々ある)に従って、花、実や種子の詳細を見てみることにした。

 アブラナ科はかつて十字花科と呼ばれた位で、花弁は4枚と決まっている。しかし、雄蕊の数は種によって異なり、タネツケバナとコタネツケバナは6本、ミチタネツケバナは4本が標準とのこと。写真では花が開いていないので、雄蕊の数は数えられない。其処で、花を解剖してみることにした。

アキノタネツケバナ?5
花の拡大.中々開かない.この状態で直径1.7mm

(2008/11/23)



 本来ならば、実体顕微鏡下でこの種の作業専用の細いピンセット(1本数千円~1万円以上する)で行う作業だが、顕微鏡は無いし、ピンセットは2回の引っ越し作業の間に行方不明になってしまった。仕方なく、細かい作業をするとき用の「+3」の老眼鏡を掛け、普通のピンセット2本を両手に持って花を分解した。

 幾つかの花をバラしてみたが、何れも雄蕊は6本、これでミチタネツケバナは「失格」と相成った。

アキノタネツケバナ?6
アキノタネツケバナ?の果実とそれを裂いたもの

(2008/11/23)



 果実の形は何れも似たようなものなので、次は種子の形状である。ミチタネツケバナの種子は長さ約0.8mm、やや細長く白っぽい翼(ヒレ)がある。タネツケバナのは長さ約1mm、かなり丸い厚みのある種子で翼はない。この2種の種子は、全農教の「日本帰化植物写真図鑑」に写真が載っている。また、コタネツケバナの種子は長さ0.7~0.8mm、やや四角っぽくやはり白い翼がある。これは保育社の「原色日本帰化植物図鑑」に図が出ている。

 それでは、このタネツケバナの種子はどうであろうか。種子を超接写したのが下の写真である。種子はかなり細長く、長さ1.3mm弱、厚み無く縦に細かい皺が沢山あり、周囲には暗色の翼がある。何れとも全然一致しないではないか!!

アキノタネツケバナ?7
アキノタネツケバナ?の種子.縦に細かい襞があり、周囲には

暗色の翼がある.超接写した写真の部分拡大なので、余裕があり

表面の皺は鮮鋭化処理に因るartifactではない

(2008/11/23)



 其処で、もう一度Internetでタネツケバナを調べてみることにした。すると、アキノタネツケバナ(Cardamine autumnalis)と言う種があることが分かった。秀和システムの「雑草や野草がよーくわかる本」に載っているとのこと。情報は不足しているが、茎は有毛乃至無毛、葉の形はこの写真にソックリ、花期は秋、雄蕊は6本とあるので正にピッタリである。更に、葉腋の枝基部周囲から長い根が多数出るのが大きな特徴らしいので、庭に出て確認したところ、葉腋付近から根が出ている個体が少なからずあった。

 しかし、どうもこのタネツケバナと言うのは、環境で外部形態が相当変化するグループらしい。キチンとした文献で種子の形を確認するまでは、アキノタネツケバナと断定するのは止めておくことにする。








最終更新日  2008.11.27 08:49:14
コメント(8) | コメントを書く
[植物(草本)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:アキノタネツケバナ?(11/26)   夢のはし さん
すばらしいドラマを見る思いで、拝読しました^^v
大変興味深く、気付けばぐいぐい引き込まれつつ、
画像の美しさ、鮮明さに見とれながら、
楽しく拝読させていただきました☆^^☆

分解して、中を見たい、という情熱は、
これまでのあたしの人生においては、まだ心に湧いたことがない感情で、
自分では、是非ともほしいと願っているのですが、
・・・なかなか、勇気と行動力に欠けるあたしには、難しいです。

ピンセット二本、というところを拝読した瞬間、
アーチャーンさんが、蟹さんになったような気が・・・あわわ、失礼しました^^; (2008.11.26 17:29:53)

Re:アキノタネツケバナ?(11/26)   クーン43 さん
雑草ぼうぼうの我が家の庭にもこの草ははえていません。やわらかくて食べたらおいしそうだけど、どうなんでしょう?
(2008.11.26 18:09:56)

アキノタネツケバナ?   るる555 さん
ミチタネツケバナだよと言われる花を今年初めて見ました。よく見ると物凄い勢いで殖えているようです。お花を解剖して雄蕊の数を数えたり タネの模様を拡大写真で紹介してくださることに大変嬉しく思います。写真撮影は、難しいけれど 毛のウムや蕊の数・タネの形くらい観察すると良かったと反省しています^^今日も楽しかったです♪ (2008.11.26 18:19:57)

Re:アキノタネツケバナ?(11/26)   あかつき蒼 さん
お久し振りです。書き込み(質問の回答)ありがとうございました。ハエの種類の多いことに少し驚きながら、お教えいただいたサイトも見てみました。
ありがとうございます。

この植物はあちこちに生えますね・・・
あの種の飛ばし方は、究極だと思いますよ。
触った瞬間にはじけますもんね~
小さい花なので、こんなにマクロの状態で見れたことに感動していました。 (2008.11.27 07:19:02)

Re[1]:アキノタネツケバナ?(11/26)   アーチャーン さん
夢のはしさん
>すばらしいドラマを見る思いで、拝読しました^^v
>大変興味深く、気付けばぐいぐい引き込まれつつ、
>画像の美しさ、鮮明さに見とれながら、
>楽しく拝読させていただきました☆^^☆
-----
 そう言っていただけると安心します。

>分解して、中を見たい、という情熱は、
>これまでのあたしの人生においては、まだ心に湧いたことがない感情で、
>自分では、是非ともほしいと願っているのですが、
>・・・なかなか、勇気と行動力に欠けるあたしには、難しいです。
-----
 キチンとした道具が無いので余りやりたくないのですが、行きががり上、せにゃならんことと相成ります。

>ピンセット二本、というところを拝読した瞬間、
>アーチャーンさんが、蟹さんになったような気が・・・あわわ、失礼しました^^;
-----
 夢さんは、文章を読みながら書き手の格好を想像される様ですね。想像力が豊かなのかも・・・。
(2008.11.27 09:42:02)

Re[1]:アキノタネツケバナ?(11/26)   アーチャーン さん
クーン43さん
>雑草ぼうぼうの我が家の庭にもこの草ははえていません。
-----
 背の低い植物ですから、余り草ボウボウになると、周りに負けてしまうと思いますが・・・。

>やわらかくて食べたらおいしそうだけど、どうなんでしょう?
-----
 書きそびれたのですが、この仲間(の多く?)は山葵の様なピリッとした辛味と香りがあります(実際に食べてみました)。サラダなどに混ぜると全体の味を引き締める効果があるかも知れません。
(2008.11.27 09:45:22)

Re:アキノタネツケバナ?(11/26)   アーチャーン さん
るる555さん
>ミチタネツケバナだよと言われる花を今年初めて見ました。よく見ると物凄い勢いで殖えているようです。
-----
 食用になるそうですから食べてみたら?山葵の様な辛味と香りがあります。

>お花を解剖して雄蕊の数を数えたり タネの模様を拡大写真で紹介してくださることに大変嬉しく思います。写真撮影は、難しいけれど 毛のウムや蕊の数・タネの形くらい観察すると良かったと反省しています^^今日も楽しかったです♪
-----
 ルーペが無いと、雄蕊の数を勘定するのは一寸難しいと思います。花弁や花柱にくっ付いていることがあるからです。
(2008.11.27 09:48:18)

Re[1]:アキノタネツケバナ?(11/26)   アーチャーン さん
あかつき蒼さん
>お久し振りです。書き込み(質問の回答)ありがとうございました。ハエの種類の多いことに少し驚きながら、お教えいただいたサイトも見てみました。
>ありがとうございます。
-----
 「不明幼虫の問い合わせ・・・」でお見かけしたので、一寸書き込むことにしたのです。

>この植物はあちこちに生えますね・・・
>あの種の飛ばし方は、究極だと思いますよ。
>触った瞬間にはじけますもんね~
-----
 今はもう寒いせいか余り景気よく弾けません。

>小さい花なので、こんなにマクロの状態で見れたことに感動していました。
-----
 マクロ撮影は、このサイトのせめてもの取り柄です。
(2008.11.27 09:52:06)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.