2986600 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

おかんー子どもの頃は虫好き@ Re:エゾギクキンウワバ(蛹と成虫)(12/01) 生協で届いたモロヘイヤについていた5mmほ…
パパング♂@ Re:ミスジミバエ(12/03) 2020年はミスジミバエの出現が遅く、気を…
白根不動尊@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 白石みずほ 佐々木華奈
伊関あゆみ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 藤田征也 川原誠也
田中あさみ@ Re[7]:セイヨウミツバチ(03/06) 赤羽自然観察公園さんへ
ミツバチ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) ミツバチ 品川区
Noripapa@ Re:ハナアブの幼虫(オナガウジ:尾長蛆)(05/21) 正月を迎えるため 近所の神社の掃除を町内…
2008.11.30
XML
カテゴリ:植物(草本)


 ここ数日の間に何度か雨が降り、その度に木々の葉が落ちて、我が家の庭もかなり冬の様相を呈してきた。植物ネタも兪々乏しくなりつつあるが、まだ花を着けた雑草が1本だけある。道路に面した外庭に生えているイヌホオズキの1種である。

 北向きの夕日しか当たらない場所に育っているせいか、徒長気味でおよそ頼りない代物である。茎は細く、自分で立っていられない。サツキの上を這う様に拡がっており、そのサツキの縁を越えた部分は垂れ下がっている。葉は小さく薄くペラペラ、イヌホオズキの仲間は茎が黒ずむことがあるが、茎は緑色で黒化した部分は見られない。果実は熟すと紫を帯びた黒色となり、直径は約6mm、多くは一つの果穂に2~3個の果実が着いている。

 一見してアメリカイヌホオズキと思われるが、このイヌホオズキの仲間、先日のタネツケバナと同じく、類似種が色々あって紛らわしい。キチンと種類を見極めなければならない。


アメリカイヌホオズキ1
アメリカイヌホオズキ.サツキの上を這っている

茎も葉もイヌホオズキより細く薄く頼りない

(2008/11/29)



 どんな類似種があるかというと、只のイヌホオズキ、アメリカイヌホオズキ、テリミノイヌホオズキ、カンザシイヌホオズキ、オオイヌホオズキ、ムラサキイヌホオズキ、アカミノイヌホオズキ、ケイヌホオズキ等がある。

 多くは帰化種であるが、イヌホオズキやテリミノイヌホオズキなどは史前帰化種、或いは、在来種の可能性もあるらしい。

アメリカイヌホオズキ2
今は花は殆ど無く実ばかり

(2008/11/29)



 この内、ムラサキイヌホオズキ、アカミノイヌホオズキについては情報不足で、どの様な形態的特徴を持つのか良く分からない。しかし、ムラサキ(以下「イヌホオズキ」を略すこともある)は植物全体に紫色が強い様で、アカミノは赤い実が着くのだろうから、今日の写真のイヌホオズキには該当しないと思われる。また、ケイヌホオズキは全草に腺毛が多くてベタ付くとのことなので、これは明らかに異なる。

アメリカイヌホオズキ4
唯一残っていた花穂

(2008/11/29)



 カンザシは「簪」で花序が上向き、また、テリミノの果実は名の通り光沢が強く、萼片が著しく反り返るので、この2種も候補から脱落と相成る。後は、イヌホオズキ、アメリカイヌホオズキ、オオイヌホオズキの区別がつけばよい。


アメリカイヌホオズキ5
花の拡大.最後の花だが、既に少し傷んでいる

(2008/11/29)



 イヌホオズキは少し前に別のWeblogに掲載したが、果柄は下の写真の様に果梗の先端から放射状に出るのではなく、果梗の先にほぼ左右交互に並ぶ感じで付く。また、花冠は常に白で青味や紫を帯びることはないとのこと。従って、イヌホオズキも落第。残るはアメリカとオオの2種である。

アメリカイヌホオズキ3
果柄は果軸のほぼ1個所から散形に出る

(2008/11/29)



 アメリカは花冠が写真の様に青~紫色を帯びることが多い。しかし、オオも花冠が時に青~紫色になるので紛らわしく、しかも、植物体全体の雰囲気がイヌホオズキに似たものや、アメリカに似たものなど色々あるそうで、かなりややこしい種類の様である。

 両者の相違点を挙げて見よう。先ず、一つの花序に着く花(果実)の数が異なる。アメリカでは2~4で稀に5、オオでは普通は5~8とずっと多い。また、花柄の付き方も少し違い、オオでは先端の1個所から数本出るが、その他に基部寄りのやや離れた個所からもう1本出ることが多い(一般的?)らしい。


アメリカイヌホオズキ6
アメリカイヌホオズキの果実.多少の艶がある

萼(ヘタ)は僅かに反り返る

(2008/11/29)



 写真の個体全体を調べてみると、果実の数は1~4、5個付いている果穂は無かった。また、果柄はほぼ1個所から散形に出ており、離れてもう1本出ている果穂は見当たらなかった。

 ・・・これで、この植物はアメリカイヌホオズキに落ちた、と言えるだろう。しかし、何となく不安が残る。実際の個体変異の幅はもっと広くはないのか。自然交雑種は生じないのか・・・。


 対象がややこしいにも拘わらず、キチンとした文献で調べていないのが難点である。この様な帰化植物も全部含めた、大井次三郎氏の「日本植物誌」の様なシッカリした植物誌を出版して欲しい、と思うのは私だけではないであろう。








最終更新日  2008.11.30 09:36:37
コメント(10) | コメントを書く
[植物(草本)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:アメリカイヌホオズキ(11/30)   kotiaiti さん
紫の花 実の色がナスに似ていますね。形はトマト似ですが。

ただ、実のつき方は似ても似つきません。

(2008.11.30 10:04:15)

カンザシまで!   snowrun29 さん
イヌ、オオイヌ、アメリカ、テリミノ…まで
昨年の秋教えてもらったものの
「混乱!」したまま今年に突入しておりました。
その上まだ「カンザシ」だのもありましたか(*_*)

知れば知るほどゴールライン?が下がってゆく気がしますが
まずは1つでも基本が解れば、、とは思うので
このアメリカの写真、物凄くありがたいです。 (2008.11.30 15:39:30)

Re:アメリカイヌホオズキ(11/30)   ukon6624 さん
類似種が交雑したらかなりの種が増え、収拾がつかなくなる・・なんて思ってしまいました・・
雑草が交雑するエリアは意外とせまいのでしょうか? (2008.11.30 15:44:14)

Re:アメリカイヌホオズキ(11/30)   あかつき蒼 さん
こちらの公園内には白い花しか咲かないので、それがイヌホオズキかと思っていましたが・・・もしかして違う種なのかもしれないと・・・改めて思いました。
何度見てもこちらで勉強になります。
紫色の花が本当に綺麗です。

ヨモギハシロケタマフシ・・・教えていただいたとおりだったので、本当に嬉しくなっています。
自然界は芸術です~ (2008.11.30 18:22:01)

Re:アメリカイヌホオズキ(11/30)   夢のはし さん
難しいお話ですが、やはりひとつの物語のように、
起承転結を感じつつ、拝読しました^^*

非常に印象的でしたのが、
「萼(ヘタ)」という漢字が、「夢」に似ているということ*^^*ひゃっはっはっはっはっ・・・

ごめんなさい、ふざけているわけではなくて、
本当にそれが、強く心に残ってしまったのです^^;

この、反り返った萼と、まぁるい実が、
とても、とても、魅力的だと思います☆ (2008.12.01 00:15:08)

Re[1]:アメリカイヌホオズキ(11/30)   アーチャーン さん
kotiaitiさん
>紫の花 実の色がナスに似ていますね。形はトマト似ですが。
>ただ、実のつき方は似ても似つきません。
-----
 何分にも直径6mmですから・・・。色はナスよりもずっと黒く、少し茶色も入っているかも知れません。
(2008.12.01 09:11:42)

Re:カンザシまで!(11/30)   アーチャーン さん
snowrun29さん
>イヌ、オオイヌ、アメリカ、テリミノ…まで
>昨年の秋教えてもらったものの
>「混乱!」したまま今年に突入しておりました。
>その上まだ「カンザシ」だのもありましたか(*_*)
-----
 カンザシはテリミノの変種らしいです。

>知れば知るほどゴールライン?が下がってゆく気がしますが
>まずは1つでも基本が解れば、、とは思うので
>このアメリカの写真、物凄くありがたいです。
-----
 彼方此方から沢山サンプルを採ってきて比較すると頭が混乱します。葉の大きさや茎の太さ(自立できるか)等はかなり変異がある様です。

(2008.12.01 09:14:39)

Re[1]:アメリカイヌホオズキ(11/30)   アーチャーン さん
ukon6624さん
>類似種が交雑したらかなりの種が増え、収拾がつかなくなる・・なんて思ってしまいました・・
>雑草が交雑するエリアは意外とせまいのでしょうか?
-----
 この仲間の交雑種については情報を持っていません。
 植物と言うのは動物と違い多少の欠陥があっても死なない(動物は運動器官に少しでも障害が出れば、餌を得ることが出来なかったり、或いは、補食されて簡単に絶えてしまう)ので、交雑や4倍体が容易に生じます。例えば、アカマツとクロマツの交雑種とか、カシワとミズナラの交雑種(ナラガシワ)などがあるので、これらの区別は時に難しいことがあります。
 しかし、植物でもF1(交雑1代目)は出来ても、染色体に問題があって減数分裂が巧く行かずF2(交雑種の子)が出来なければそれで絶えてしまいます。
(2008.12.01 09:23:24)

Re[1]:アメリカイヌホオズキ(11/30)   アーチャーン さん
あかつき蒼さん
>こちらの公園内には白い花しか咲かないので、それがイヌホオズキかと思っていましたが・・・もしかして違う種なのかもしれないと・・・改めて思いました。
-----
 植物と言うのは動物よりも交雑が簡単なので交雑種の可能性もあり、こう言う連中は始末に負えません。

>何度見てもこちらで勉強になります。
-----
 学術論文ではないので、いい加減に誤魔化している時もあります。余り信用しないでください。

>紫色の花が本当に綺麗です。
-----
 最後の花の萎む直前の姿で、少し汚れが出ています。
 小さい花と言うのは、拡大すると結構綺麗な場合が多い様な気がします。

>ヨモギハシロケタマフシ・・・教えていただいたとおりだったので、本当に嬉しくなっています。
>自然界は芸術です~
-----
 虫えいと言うのは奇妙なものです。ヨモギに付く虫えいは他にも幾つかケタマフシがあり、タマバエの種類に付いても色々議論がある様です。毛が黄色いものも報告されているそうで、桃色のも何処かに報告しておいた方が良いかも知れません。
(2008.12.01 09:37:45)

Re[1]:アメリカイヌホオズキ(11/30)   アーチャーン さん
夢のはしさん
>難しいお話ですが、やはりひとつの物語のように、
>起承転結を感じつつ、拝読しました^^*
-----
 最近はユーモアに欠けた硬い文章になってしまう傾向が強く、我ながら困ったものだと思っております。

>非常に印象的でしたのが、
>「萼(ヘタ)」という漢字が、「夢」に似ているということ*^^*ひゃっはっはっはっはっ・・・
>ごめんなさい、ふざけているわけではなくて、
>本当にそれが、強く心に残ってしまったのです^^;
-----
 コンピューター用の活字は、縦横のビット数に制限がありますから、字数の多い場合は誤魔化しているときがあります。それで時として妙な形に見えたりします。

>この、反り返った萼と、まぁるい実が、
>とても、とても、魅力的だと思います☆
-----
 真ん丸で結構可愛い実です。
(2008.12.01 09:42:49)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.