2986906 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

おかんー子どもの頃は虫好き@ Re:エゾギクキンウワバ(蛹と成虫)(12/01) 生協で届いたモロヘイヤについていた5mmほ…
パパング♂@ Re:ミスジミバエ(12/03) 2020年はミスジミバエの出現が遅く、気を…
白根不動尊@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 白石みずほ 佐々木華奈
伊関あゆみ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 藤田征也 川原誠也
田中あさみ@ Re[7]:セイヨウミツバチ(03/06) 赤羽自然観察公園さんへ
ミツバチ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) ミツバチ 品川区
Noripapa@ Re:ハナアブの幼虫(オナガウジ:尾長蛆)(05/21) 正月を迎えるため 近所の神社の掃除を町内…
2010.05.21
XML
カテゴリ:昆虫(甲虫)


 もう5月も下旬に入ってしまった。連休中に撮影してまだ紹介していない虫が何種か有るので、時期遅れにならない様に急いで掲載することにしたい。

 アカクビボソハムシ(Lema diversa)、ハムシ科(Chrysomelidae)クビボソハムシ亜科(Criocerinae)に属す、体長6mm程度(図鑑では5.5~6.2mm)の中型のハムシである。



アカクビボソハムシ1


アカクビボソハムシ.体長は6mm程度

「首」(前胸)は明確に括れる

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/02)

 このハムシ、今まで我が家で見たことがない。しかし、今年は4月からチョクチョク出没していた。かなり敏感なハムシで、何時も近づくだけで逃げられてしまい、中々写真が撮れない。今日の写真も、正面からの撮影したものを除いて、非常に不安定な姿勢で撮影したので、焦点が少しずれていたりするのだが、まァ、御勘弁願いたい。


アカクビボソハムシ2


横から見たアカクビボソハムシ.少し後ピンだが御勘弁を

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/02)

 この様な「首」(前胸)が細く、全体的にも細長いハムシは、先ずネクイハムシ亜科かクビボソハムシ亜科に属すと思って良い(他亜科にも多少あるが・・・)。前者は後者よりも触角の基部が接近しており、触角は糸状で細長い。また、後者では前胸背板が中央部で明確に括れる。


アカクビボソハムシ3


複眼の基部が隆起している

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/02)

 アカクビボソハムシは鞘翅斑紋の変異が極端なハムシで、真っ黒に近い個体から、黒斑を全く欠くものまである。Webを参照すると、カワリクビボソハムシと云う和名もある様だが、「カワリ」は「変わり」で、斑紋の変化が多いことから来ているのかも知れない。

 しかし、頭部や胸部の色に変異はない。また、脚は全て黒色である。


アカクビボソハムシ4


正面から見たアカクビボソハムシ

クビボソハムシらしい険悪な顔

(写真クリックで拡大表示)

(2010/04/25)

 保育社の甲虫図鑑に拠れば、食草はツユクサとのこと。我が家にはツユクサが沢山生えているので、それを目当てにやって来た可能性が大である。

 クビボソハムシ亜科の昆虫は、一部を除いて、単子葉植物を食草とする。以前紹介した、キバラルリクビボソハムシも寄主はツユクサであった。ツユクサを食草とするクビボソハムシには、他にも数種ある。何故、こうもツユクサに集中するのか些か不可思議ではある。


アカクビボソハムシ5


オマケにもう1枚

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/02)

 最近は漸く暖かくなって来た。植物もその成長速度を急に増した様に見える。庭を飛び交う虫の数もかなり増えてきた。やっと人の住む環境になったと、ご満悦の今日この頃である。








最終更新日  2010.05.21 10:15:01
コメント(2) | コメントを書く
[昆虫(甲虫)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.