2446622 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ukon6624さん >ベッコウガガンボはまだお…
2010.05.22
XML
カテゴリ:昆虫(その他)


 先の連休中のある日、中庭のスレートの上に妙な虫が居るのを見付けた。翅長25mm位はある大きなアミメカゲロウの様な虫で、翅に模様がある。ハタハタと頼りない飛び方をする。

 留まったところを良く見ると、驚いたことに、トビケラである。トビケラの幼虫は例外なく水生、何でこんな水の無い住宅地のど真ん中に居るのか?? トビケラと云う虫は川の傍にしか居ないと思っていたのだが・・・。



ヒゲナガカワトビケラ1


ヒゲナガカワトビケラ.水生昆虫が住宅地のド真ん中に出現!!

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/03)

 少し前までは、トビケラに関して全く無知であった。しかし、今年もう一つのWeblogで初めてトビケラを2種紹介したので、少しは分かる様になった。

 先ず、北隆館の新訂圖鑑にある検索表で科まで落とす。概略を記すと、小型種でない→単眼がある→小腮鬚は5節→小腮鬚の第5節は第4節に較べて2倍以上の長さで鞭状になる→触角は長く、大型種で、前翅にハッキリとした茶褐色の斑紋がある、と云うことでヒゲナガカワトビケラ科(Stenopsychidae)に落ちた。


ヒゲナガカワトビケラ2


ヒゲナガカワトビケラの頭部.1~5は小腮鬚の節を示す

「L」は下唇鬚だが、トビケラの分類には余り関係ない

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/03)

 少し解説をすると、先ず、上の写真で、頭の上にまるで対空探照灯の様な大きな単眼が見える。単眼は3個あり、これは5番目の正面から見た写真の方がより良く分かる。小腮鬚は小顎鬚、小顎肢(最近よく使われるが、誤解を招く不適切な表現)とも呼ばれ、口器の一部である。これが、トビケラ類では非常に大きい。上の写真で番号を振ってあるのがそれで、全部で5節、第5節は第4節の数倍以上も長く、鞭状になっているのが分かる。

 なお、虫の種類によっては、小腮鬚と紛らわしいものに下唇鬚がある。上の写真で「L」で示したのが下唇鬚である。尤も、これはトビケラの分類には余り関係しない。


ヒゲナガカワトビケラ3


上の写真と同じ.前肢に距が3本ある(矢印)

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/03)

 さて次は、種へ落とせるか?である。九州大学の日本産昆虫目録に拠れば、ヒゲナガカワトビケラ科は6種、その内本州に産するのは5種、一方、東京都本土部昆虫目録を見ると、ヒガナガカワトビケラ只1種のみである。

 北隆館の圖鑑には2種、他にチャバネヒゲナガカワトビケラが載ってる。まァ、この辺りに珍種が居る可能性も無いので、図鑑に載っている無印ヒゲナガカワトビケラか、このチャバネの何れかであろう。


ヒゲナガカワトビケラ4


真上から見たヒゲナガカワトビケラ

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/03)

 圖鑑の解説を読むと、決定的な違いは、脛節にある距の数である。また、少しややこしいことになるが、トビケラの分類では、距式と云うものを使って、脛節にある距の数を表す。もし仮に、前肢脛節には距が無く、中肢脛節では2本、後肢脛節では4本、であれば、距式は0-2-4と表される。圖鑑に拠れば、チャバネの距式は雄が0-4-4、雌が2-4-4、一方、無印ヒゲナガカワトビケラでは、雌雄共に3-4-4である。



ヒゲナガカワトビケラ5


頭の上に航空探照灯の様な3個の単眼が見える

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/03)

 写真のトビケラではどうか? 3番目の写真や此処に示していない写真から総合的に判断すると、前脚には3本,中脚には4本の距が認められる。後肢の距は良く見えないが、前肢、中肢で3-4だから、これは明らかにチャバネではない。無印ヒゲナガカワトビケラの解説を読むと、「産地から平地に広く分布し、全種[チャバネ]よりも分布も広く密度も高い」とある。圖鑑に載っていない珍種である可能性は、論理的には否定出来ないが、まァ、無印ヒゲナガカワトビケラ(Stenopsyche marmorata)として良いであろう。


ヒゲナガカワトビケラ6


トビケラは毛翅目だが、この種では翅に毛が少ない

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/03)

 しかし、何故に水生昆虫のトビケラが我が家に現れたのか。私の住んでいる町は、東西を互いに約1km離れた2本の川に囲まれている。我が家はその中央よりやや東に位置するが、近い方の川でも400m位は離れており、また、何れの川も崖を下った所を流れている。其処から、自分で飛んで来たとは思えないし、また、風が強い日があった訳でもない。

 圖鑑に拠ると、ヒゲナガカワトビケラは灯火によく飛来するそうである。川から明かりを求めて飛んでいる内に迷子になり、挙げ句の果てに、我が家の庭に現れたのであろうか。


ヒゲナガカワトビケラ7


翅の付け根辺りには長い毛が多い

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/03)

 今日、朝のコーヒーを飲む為にベランダの椅子に座ったら、ヒトスジシマカが数頭現れた。今年初見である。早速、横に置いてあるネットで掬い取って処分したが、兪々蚊の季節に入ったらしい。蚊、特にヒトスジシマカは大嫌いである(好きな御仁はまァ居ないだろうが・・・)。しかし、それでも寒いのよりは暖かい方がずっと宜しい。








最終更新日  2010.05.22 14:22:13
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


団扇状の!   snowrun29 さん
川から400mも離れてのトビケラ出現
不思議ですね~。
どちらかのお屋敷に水の流れる池でもあったのでしょうか。

それにしてもいつもながらやはりの映像です。
ここまでクリアに大きく見えればこそ、ですね。
ラクダムシの情報ありがとうございました。
橋のたもとのシャクの花を撮らないと、と
順番待ちの間に大急ぎで撮ったもので、整理して気づきました(大汗)

あの辺りの標高は335位だったかと。
イヌブナは割に近くにありましたが
ブナはもっと高いとこまで行かないと、でした。
何しろほんまに虫の世界は広いです、、

>「シオンの1種」にとまる種不明の蚊.
>雄なので触角が団扇状

びっくりしました。
蚊はともかく逃げ惑うか、退治するかで
雄の蚊など気にした事もなかったのですが
あんな見事な触角だったとは!
肉眼でもそれと解る位なのか?と思った程です。 (2010.05.23 12:16:05)

Re:団扇状の!(05/22)   アーチャーン さん
snowrun29さん
>川から400mも離れてのトビケラ出現
>不思議ですね~。
>どちらかのお屋敷に水の流れる池でもあったのでしょうか。
-----
 多分光りに惑わされて遠出したのだと思います。何処かの御屋敷の池としても、最初にその池に移った個体が問題になります。

>それにしてもいつもながらやはりの映像です。
>ここまでクリアに大きく見えればこそ、ですね。
-----
 これだけ大きい虫は久しぶりです。

>ラクダムシの情報ありがとうございました。
>橋のたもとのシャクの花を撮らないと、と
>順番待ちの間に大急ぎで撮ったもので、整理して気づきました(大汗)
-----
 実は、私はまだラクダムシの本物は見たことがありません。

>あの辺りの標高は335位だったかと。
>イヌブナは割に近くにありましたが
>ブナはもっと高いとこまで行かないと、でした。
>何しろほんまに虫の世界は広いです、、
-----
 広すぎて困ります。

>>「シオンの1種」にとまる種不明の蚊.
>>雄なので触角が団扇状
>びっくりしました。
>蚊はともかく逃げ惑うか、退治するかで
>雄の蚊など気にした事もなかったのですが
>あんな見事な触角だったとは!
>肉眼でもそれと解る位なのか?と思った程です。
-----
 肉眼でも良く見れば分かります。かなり前に掲載した綺麗なユスリカの雄を撮ってあるのですが(未掲載)、これも触角は羽毛状です。
(2010.05.23 17:09:01)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.