2518682 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

昆虫(アブラムシ)

2010.11.28
XML


 先日、今まで使っていたマクロレンズが故障して、接写システムを変更した話をした。新しいシステムでもテレプラス×2を挟んで充分使い物になる(撮影倍率2倍弱)ことを、ワタアブラムシを撮影して示した訳だが、そうなると人間は卑しい。更に欲が湧いて、これにクローズアップ・レンズを付けてもっと高倍率にしてみよう等と考えてしまう。



ヤノイスフシアブラムシの幼虫1


100mmマクロレンズで等倍接写したヤノイスフシアブラムシの幼虫

背景の葉裏に生えている毛で、虫の毛は良く見えない

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/11/26)

 クローズアップ・レンズの5番と3番の2枚をレンズの先端にねじ込んで撮影すれば、撮影倍率は約2倍になる。だから、テレプラス×2とクローズアップ・レンズ2枚を併用すれば、倍率は凡そ4倍になる筈である。

 実は、先日の写真を撮った時に、一寸これをやってみたのである。しかし、焦点深度が浅過ぎて焦点合わせは殆ど不可能、と云う感じで、余り真面目に考えずに「無理だ」と思ってしまった。


ヤノイスフシアブラムシの幼虫2(F6.3)


テレプラス×2を挟み、F6.3で撮影.倍率は1.8倍

解像度が高く毛が管状になっているのが分かる

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/11/26)

 だが、手持ちで焦点合わせが殆ど不可能でも、据え物撮りならば、テーブルに肘をついてカメラを安定させることが出来る(一眼レフは機動性が最大の特徴なので、三脚は使わない主義)。考えている内に段々とその気になって来て、遂にその実験をしてみることと相成った。

 4倍もの撮影となると、被写体に何を選ぶかを考えなくてはならない。細微な構造を持つ被写体(当然生き物)である必要がある。手近にいる生き物で思いついたのは、写真家の糸崎公朗氏のWeblog「路上ネイチャー協会」に載っていたヤノイスフシアブラムシの幼虫(或いは無翅成虫)である。これならば、我が家の外庭のコナラにゴマン、どころか10万も20万も居る(今年は猛暑のせいか捕食者が非常に少ない。特に暑さに弱いテントウムシは殆ど居ない)。

 拙Weblogでも、ヤノイスフシアブラムシ(Nipponaphis yanonis)の有翅虫と幼虫を3年前に掲載している。成虫も幼虫も普通のアブラムシとはかなり違う形をしているが、アブラムシ自体についての話は3年前の記事を参照して頂きたい。



ヤノイスフシアブラムシの幼虫3(F8)


同じくテレプラスを使い、F8で撮影

F6.3の写真より解像度が低い

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/11/26)

 さて、この幼虫の何処が面白いかと云うと、その刺毛(毛)である。これが、何と毛状ではなく管状をしているのである。このことは糸崎氏のWeblogで初めて知った(こんなアブラムシは他に知らないが、残念ながら全農教「日本原色アブラムシ図鑑」の解説には何も書かれていない)。今回の約4倍の接写装置を使って、この管状の毛を見てみよう、と云う訳である。

 今回は、倍率の変化を実感して頂く為に、全て原画からの拡大率を同一にした。何れの写真も原画で横幅1000ピクセル、記事の写真は全て横幅500ピクセルに縮小してあるので、最大に拡大するとピクセル等倍、丁度記事の2倍(面積では4倍)となる。

 尚、被写体の幼虫は少し小さめで、体長約0.97mmである。


ヤノイスフシアブラムシの幼虫4(F8)


テレプラス×2とクローズアップ・レンズ5番+3番を併用

撮影倍率は正確には4倍ではなく3.5倍.F8で撮影.

毛がホースの様な管状をしているのが良く分かる

虫体のかなりの部分に焦点が合っていて見易い

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/11/26)

 各写真の解説に書いてあるが、最初の写真は100mmマクロレンズ単体の等倍接写写真。倍率は当然1.0倍である。周りがゴチャゴチャしているせいもあって、虫に生えている毛が良く見えない。変なアブラムシの幼虫なので分かり難いが、頭は左側である。

 2番目はテレプラス×2をレンズとの間に挟み、最大倍率にして撮影したもので、倍率はスケールを撮影した別の写真から計算すると1.8倍、毛が管状になっているのが一応分かる。絞りをF6.3にしてあるせいか、解像度が高い。

 3番目は、F8に絞って撮影した。解像度はF6.3に比してかなり落ちる。F11では、解像度の低下が著しく、高精度の写真としては使用に耐えないと判断した。


ヤノイスフシアブラムシの幼虫5(F6.3)


同じ条件でF6.3で撮影.焦点深度が浅過ぎて虫体に焦点を

合わせた写真は使えなかった.虫体より手前に焦点が合った

毛が管状であることが良く分かる写真を選んだ

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/11/26)

 最後の2枚が、クローズアップ・レンズの5番と3番を重ねて前に付け、テレプラス×2と併用した写真である。撮影倍率はスケールと比較すると4倍ではなく、3.5倍であった。4番目の写真はF8で撮影。毛が管状になっているのが良く分かる。頭部(左)は深度外になって良く見えないが、まァ、虫全体の雰囲気は分かる。

 最後の写真はF6.3で撮影。虫体に焦点を合わせた写真は深度が浅過ぎて使い物にならなかった。其処で、少し手前の管状の毛の先端に焦点が合っている写真を載せることにした。断面が円形をしているのが良く分かるであろう。虫体は完全に焦点深度外で、ボヤボヤである。

 F11でも撮影してみたが、明らかに解像度が低下しており、掲載する必要なしと判断して、省略した。

 こうして実験してみると、このマクロレンズ+テレプラス×2+クローズアップ・レンズの組み合わせでは、F8辺りで撮るのが最適と言える(F8の1/3前のF7.1、1/3後のF9では実験していない)。

 なお、クローズアップ・レンズを使用すると、絞り込みによる焦点移動が生じる。テレプラス×2と併用した場合は、F8に絞るとファインダーで焦点の合っていた面より約1mmほど後の面に実際(CCD上)の焦点が合う。撮影する際は、焦点が合ったと思った位置から1mm引くか、或いは、1mm手前に焦点を合わせてシャッターを切らなければならない。








最終更新日  2010.11.29 09:33:05
コメント(6) | コメントを書く
2010.11.21


 実は、此処数年間使っていたマクロレンズが、先月の中程に故障してしまった。マクロレンズは、別に仕事に使っているのがある(カメラもレンズも別メーカー)ので、カメラ本体と一緒に其方に切り換えていたのだが、お気づきになった読者は居られるだろうか。

 先日、その修理に出していたメーカーから電話があった。修理に、私にとっては予想外の費用が掛かるとのこと。暫くどうするか悩んだが、もうその故障したレンズを付けていたカメラ本体やそのカメラ用の他のレンズも一切合切全部処分して、仕事用のカメラ1系列のみにすることにした。

 そうすると、問題が1つ生じる。この仕事用のカメラのマクロレンズは、以前の実験では、テレプラスを使って超接写をすると著しく解像度が落ちるのである。しかし、暫く経ってから、これはレンズの絞値表示の違いに拠るらしいことに気が付いた。

 今までこのWeblog用に使っていたマクロレンズは開放時の焦点比(F値)が2.8であるが、等倍接写状態にすると5.6になってしまう(絞り開放で等倍接写をすることなど有り得ないので、暫く気が付かなかった)。もう一方のレンズでは、等倍にしてもF値は変わらない。これが誤解の基であった。

 少しややこしい話になるが、普通に撮影する時の露出は、被写体が無限遠点(撮影倍率0倍)にあると仮定してあり、被写体が近づくと露出を増やさなければならない。露出倍数は(撮影倍率+1)の2乗に比例する。通常のレンズでは最接近しても撮影倍率は精々0.2程度だから(0.2+1)の2乗=1.44で、補正をしなくても大した問題にならない。しかし、等倍接写では(1+1)の2乗=4、即ち露出倍数は4倍となる。これはF値では2段分だから、無限遠点で開放時にF2.8であれば、等倍接写時にはF5.6になったのと同じである。

 どうも、故障したマクロレンズは、この露出補正をした絞値を表示していたらしいのである。だから、少し絞り込んだ状態(例えばF22)で撮影した場合、実際の絞りの状態はF11だと考えられる。

 其処で、最近使用している仕事用のマクロレンズの絞を大いに開け、テレプラス×2を挟んで撮影してみた。下の写真は絞値8(F8)で撮影したものである。最大に拡大表示すると、ピクセル等倍(横幅1000ピクセル)になる。



ワタアブラムシ(無翅雌)


ワタアブラムシの無翅雌.テレプラス×2を使って約2倍で撮影

体長1.4mm.右上に見えるのは若齢幼虫であろう

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/11/20)

 被写体は、コスモスの花にいたワタアブラムシAphis gossypii)で、体長1.4mm、先日「サトクダマキモドキ(初齢幼虫:10月19日出現)」の脇に写っていたのと同じ種である。その記事の2枚目の写真を見ると、背中が縞模様に見えるからまだ幼虫らしい。今日の写真はその成虫である。

 ワタアブラムシは以前掲載したことがあるので、虫自体については其方を参照されたいが、誤解を避ける為に、丁度今頃話題になる所謂「ワタムシ」とは全く無関係で、アオイ科のワタ(綿)に付くのでその名が付いた(実際は非常な広食性)ことだけは書いておこう(ワタアブラムシはアブラムシ科:Aphididae、アブラムシ亜科:Aphidinaeに属し、所謂ワタムシは主にタマワタムシ科:Pemphigidae)。

 さて、上の写真の出来映えだが、ピクセル等倍でこの程度なら充分使える。図鑑に拠れば、尾片には5本程度の毛があるそうだが、残念ながら見えない。しかし、これは背景が真っ白なせいであろう。

 これで超接写に関しても問題なしと相成り、安心してカメラを1系列にすることが出来た。万歳万歳(板垣征四郎大将は、最後に「まんざい」と言ったそうだ)。








最終更新日  2010.11.21 14:02:31
コメント(6) | コメントを書く
2009.12.21


 紅葉と云うのは不思議なもので、我が家の庭木の多くは、年によって紅葉したりしなかったりする。以前、柿の葉の紅葉を掲載したことがあるが、その時ほど此の柿の木の葉が赤くなったことはその後一度もない。

 今年は、珍しいことにイロハモミジが黄~赤に紅葉(黄葉)した。何時もは、何とも冴えない灰色を帯びたくすんだ橙色の葉になって散るのだが、こう言うこともあるらしい。植えてから20年、多分、初めてだと思う。



イロハモミジの紅葉

紅葉(黄葉)したイロハモミジ

(写真クリックで拡大表示)

(2009/12/19)

 このイロハモミジ、以前新葉を紹介したことがあるが、新葉も紅葉も普段は冴えないので、我が家では至って評判の悪い木なのである。

 紅葉を接写しても面白味はないと思うので、葉裏にアブラムシでも居ないかと探してみた。この木にはこれまでアブラムシが沢山付いた記憶はないのだが、度の強い老眼鏡を掛けて葉裏をよ~く調べてみると、極く僅かだが、アブラムシが付いていた。


モミジニタイケアブラムシ1


黄葉したイロハモミジの葉裏にいたアブラムシ

モミジニタイケアブラムシの胎生雌

(拡大してピクセル等倍、以下同じ)
(写真クリックで拡大表示)

(2009/12/19)

 無翅形で体長約2mm、アブラムシとしては中程度の大きさである。残念ながら有翅虫は見つからなかった。

 全農教の「日本原色アブラムシ図鑑」に拠ると、カエデ属(Acer)に寄生するアブラムシとして、トウキョウカマガタアブラムシ、ニワトコフクレアブアムシ、モミジニタイケアブラムシの3種が挙げられている。図版を見てみると、写真のアブラムシはモミジニタイケアブラムシ(Periphyllus californiensis)に酷似しており、他2者とは形も色も著しく異なる。


モミジニタイケアブラムシ2


モミジニタイケアブラムシの胎生雌(別個体)

(写真クリックで拡大表示)

(2009/12/19)

 九州大学の日本産昆虫目録を見ると、Periphyllus属には6種が載っており、その中にイタヤニタイケアブラムシ(P. viridis)と云うこのイロハモミジに寄生していてもおかしくない近縁種がある。しかし、先の図鑑によると、この種は体色が緑色とのことなので、写真のアブラムシはモミジニタイケアブラムシとして良いであろう。アブラムシ科アブラムシ亜科(Chaitophorinae or Callaphidinae)に属す。


モミジニタイケアブラムシ3


モミジニタイケアブラムシの胎生雌(別個体)

(写真クリックで拡大表示)

(2009/12/19)

 図鑑に拠れば、このアブラムシは寄主転換は行わず、常にカエデ類(Acer)に寄生する。夏期になると、扁平で周縁に団扇状の突起を持つ変わった形の越夏型幼虫が出現するのが特徴で、初齢幼虫は何もせずにジッと夏を越し、秋になって発育を始めて無翅形成虫に生長するとのこと。「虫ナビ」と云うサイトを見ると、名前の「ニタイ(二体)」はこのことに由来すると書かれている。

 今の時期、アブラムシの無翅形であれば、卵生雌の可能性もある。しかし、図鑑に拠れば、本種の卵生雌は後脛節が顕著に太いとあるので、これは普通の胎生雌であろう。アブラムシの生活環は非常に複雑だが、それに応じて虫の形態にも変化を生じる。全く、ややこしい連中である。


モミジニタイケアブラムシ4


正面から見たモミジニタイケアブラムシ

最初のアブラムシの写真と同一個体

(写真クリックで拡大表示)

(2009/12/19)

 今年も余すところ10日になってしまった。今月の更新はこれでまだ2回目、今年中にもう1回更新したいと思うが、果たして出来るであろうか。








最終更新日  2009.12.21 13:21:37
コメント(12) | コメントを書く
2009.11.28


 どうもネタ切れ状態が続いている。後3日で12月となるが、11月の更新はこれで漸く3回目、昨年の11月は11回、12月は10回も更新しているのに較べて著しく少ない。何分にも庭が狭いので、虫も植物も殆ど紹介し尽くした感がある。

 しかし、1種類だけまだ掲載していない虫が居る。外庭に植わっているヤマボウシに付いているアブラムシである。

 余り撮る気の起こらない虫である。しかし、他に未掲載の虫は見つからないし、また、幸いにも有翅虫が居たので、このアブラムシを紹介することにしよう。



ヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅虫(雄)1


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅雄

体長約2mm、翅端まで約5mm

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/24)

 全農教の「日本原色アブラムシ図鑑」で調べてみると、ヤマボウシに寄生するアブラムシとしてはヤマボウシヒゲナガアブラムシしか載って居ない。今日紹介するアブラムシの特徴は、この図鑑の写真や記述とほぼ一致するので、どうやらこのヤマボウシヒゲナガアブラムシ(Sitobion cornifoliae or Macrosiphum cornifoliae)で間違いなさそうである。ヤマボウシの他には、クマノミズキにも寄生するとのこと。ミズキ属(Cornus)の植物に広く寄生するのかも知れないが、隣に植わっているやはりミズキ属のハナミズキには付いていない。


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅虫(雄)2


同一個体(以下同じ).アブラムシにしてはカッコイイ

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/24)

 有翅虫の体長は約2mm、翅端までは約5mmである。先日紹介した「オオアブラムシ亜科の有翅虫(雄)」は、体長約3.5mm、翅端まで約1cmだから、その1/2程度の長さである。

 やはり腹部が小さく、胸部と同じ程度の大きさしかない。・・・と言うことは、これも雄の有翅虫であろう。


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅虫(雄)と幼虫


正面から見たヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅雄

アブラムシにしては虫相?が良い.右は同種の幼虫

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/24)

 ヤマボウシヒゲナガアブラムシは、アブラムシ科アブラムシ亜科(Aphidinae)ヒゲナガアブラムシ族(Macrosiphini)に属す。オオアブラムシ類の有翅虫に似て翅斑(縁紋)が大きいが、オオアブラムシ亜科とは、Rs脈(下の写真右下の丸く曲がった翅脈)の形や、M脈(写真ではRs脈のすぐ上にある翅脈)の分かれる位置が異なる。

 脚は基部を除いて色が濃く、小楯板、胸背、頭部背面も濃い焦げ茶色をしている。体の下面は色が薄く、腹部は全体が少し緑を帯びた黄色である。しかし、角状管(腹部第5節側面から出ている1対の管状構造)は脚の基部に近い色合いをしている。


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅虫(雄)3


真横から見たヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅雄

翅斑が大きくオオアブラムシの有翅虫に似るが

Rs脈の形やM脈の分岐位置が異なる

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/24)

 ヤマボウシ葉裏の翅脈に近いところに群がっているが、その数は多くなく、ビッシリと付くことは無いらしい。しかし、木の下部にある葉は、排泄する甘露でベトベトであった。


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅虫(雄)4


翅を拡げたヤマボウシヒゲナガアブラムシの有翅雄

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/24)

 前述の図鑑には、このヤマボウシヒゲナガアブラムシの生活環に付いて何も書かれていない。寄主としてはクマノミズキとヤマボウシしか載っていないので、寄主転換する種ではないらしい。

 「アブラムシの生物学」に拠ると、アブラムシ亜科に属す種の生活環には、完全生活環(秋に産雌有翅虫と有翅雄が出現し、産雌有翅虫が胎生で産んだ無翅雌が有翅雄と交尾して越冬卵を産む)の他に、年間を通して有性生殖を全く行わない不完全生活環や、この両者の混合型、中間型など様々な様式がある。中には秋に有翅雄と越冬型胎生雌が出現する生活環もあり、この場合、雄は生殖には関与しない。生まれても、何もしないで死ぬだけである。写真の雄がその様な運命にあるのか否かは、残念ながら分からない。


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの無翅胎生雌1


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの無翅胎生雌.体長約3mm

体は半透明で眼が黒く、触角に紋がある

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/27)

 無翅虫は無翅雄よりも少し大きく体長約3mm、触角を除いて非常に淡い色合いをしている。写真は既に紅葉した葉に付いている個体を撮ったものなので背景とは色が異なるし、また、コントラストを強めにして見易くしてあるが、葉が緑色の場合には背景に紛れて輪郭が非常に分かり難い。

 写真を撮るときも、何処に焦点が合っているのかが良く分からない。幸い眼は黒いし、触角が縞模様なので、これらを目当てに焦点を合わせた。


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの無翅胎生雌2


同一個体.横に居る若齢幼虫はこの個体が産んだ仔虫かもしれない

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/27)

 この無翅虫の特徴としては、以上のような半透明に近い体で眼が黒く、非常に長い触角に縞模様があり、腿節端(と思う)に黒斑を持つことの他に、角状管の形も重要な指標となる。その基部は太く先端部の2倍以上あり、長さは中央部の幅の約10倍で、先端1/3は少し黒ずみ(網目状の模様があるとのこと)、また、先端は縁がある(縁輪が僅かに発達する)。尾片(お尻の先)は短く、角状管の長さの約1/3である。


ヤマボウシヒゲナガアブラムシの無翅胎生雌3


真横から見た同一個体.葉が紅葉して吸汁が出来ないのかヘタッた感じ

しかし、まだ生きており少し動いていた

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/27)

 この無翅虫は成虫(胎生雌)と思われ、その横には、写真にも写っている様に、1~2頭の若齢幼虫が見られることが多かった。これらの幼虫は、この無翅虫が産んだ仔虫ではないだろうか。もう気温も低く運動能力が低下しており、また、既に葉が紅葉しているので、吸汁が出来ずに飢餓状態にあるのではないかと思われる。

 まだ紅葉の多くは木に残っている。しかし、数日の内に落葉して、何れ朽ち果てるであろう。このヤマボウシヒゲナガアブラムシの胎生雌やその仔虫も、やがてその葉と運命を共にすることになる。








最終更新日  2009.11.28 10:52:03
コメント(10) | コメントを書く
2009.11.12


 とうとう11月も半ばに入ってしまった。まだキク科の花は咲いているが、虫の新顔はまるで現れない。仕方がないので、1週間程前に撮った正体のよく分からないアブラムシの有翅虫を出すことにした。



オオアブラムシ亜科の1種1


アブラムシの有翅虫.オオアブラムシ亜科の雄と思われる

翅端まで約10mmと大きいが、胴体は小さい

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/05)

 翅端まで約10mm、かなり大型の有翅虫である。しかし、体の長さはどうかと言うと、これが非常に短く約3.5mmで体長の僅か1/3程度、特に腹部が短く体全体の2/5位しかない。

 どうも雄の有翅虫の様である。雌ならば腹部がもっと大きいと思う。


オオアブラムシ亜科の1種2


同一個体.翅脈の基部が太く、翅斑(縁紋)が異常に大きい

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/05)

 横から見ると、翅脈の基部が矢鱈に太く、また、翅斑(縁紋)が異常なほど大きい。写真を撮っている時は、この太い翅脈と縁紋が胴体の続きの様に見えて、随分細長い変な腹部だと思った位である。


オオアブラムシ亜科の1種3


暗青色、飴色、黒色で中々渋い配色

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/05)

 調べてみると、こう言う翅脈上の特徴を持つのはオオアブラムシ亜科(Lachninae)の様である。余り自信がないが、大型でもあるし、一応オオアブラムシ亜科の有翅雄と言うことにしておく。


オオアブラムシ亜科の1種4


全体に比し腹部は如何にも小さい

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/05)

 拡大してみると、体は青味を帯びており、腿節の一部と翅脈基部が飴色(赤褐色)、脚のその他の部分は黒色で、中々良い色合いをしている。

 全農教の「日本原色アブラムシ図鑑」を見ると、ハネナガオオアブラムシ(Cinara longipennis)がこの様な特徴を持っている。しかし、図鑑に載っているオオアブラムシ亜科は僅かに8種、九州大学の目録を見るとオオアブラムシ亜科は51種もあり、オオアブラムシ属(Cinara)だけでも26種もあるので、そう簡単に決めつける訳には行かないであろう。


オオアブラムシ亜科の1種5


正面からみた顔.アブラムシは一般に虫相?が悪い

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/05)

 雄は晩秋にしか現れない。最近の理科の教科書は読んだことはないが、昔の教科書に書かれていたアブラムシの生活環は次の様である。春に卵から孵った雌(これを幹母と言う)は単為生殖で仔虫(無翅胎生雌)を産み、仔虫は成長してまた単為生殖で増殖し、世代を重ねる(無性世代)。これが晩秋になると雄と有性雌を生じ、有性雌は雄と交尾の後、越冬卵を産む(有性世代)(しかし、実際には多くのパターンがあり、こんなに簡単では無い。個体群により異なる複数のパターンを持つ種もある。如何に簡単でないかは、到底此処で書き切れるものでは無いし、また、私の理解にも限りがあるので、それなりの専門的な書籍(例えば、東京大学出版会の「アブラムシの生物学」等)を参照していただきたい)。


オオアブラムシ亜科の1種6


翅を拡げたアブラムシの有翅虫

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/05)

 この雄には、種によって有翅形、無翅形、或いは、その両方と色々あるが、有性雌の方は私の知る限り全て無翅形である。雌の方は、有性雌を胎生で産む産雌虫が有翅形になることが多い(無翅の場合もある)。

 今はワタムシ(雪虫)の飛ぶ季節である。このワタムシ(タマワタムシ亜科)の場合はどうかと言うと、この有翅虫は産性雌と呼ばれる胎生雌で、これが無翅雄と無翅有性雌の双方を胎生で産み、生まれた無翅有性雌が無翅雄と交尾して産卵する(ただ1個のみ!!)。雪虫には雄は居ないのである。


オオアブラムシ亜科の1種7


飛び出す直前.この後少し引いて撮った写真はピンボケであった

(写真クリックで拡大表示)

(2009/11/05)

 この写真の有翅虫、翅ばかり大きくて余り旨く飛べそうにも見えない。しかし、ストロボの光を何回も浴びて身の危険を感じたらしく、時々翅を拡げる動作をした。雲の多い日の早朝であり、しかも場所はかなりの日陰だったので、まだ気温が低くて飛べないだろうと思って油断していたら、何とチャンと飛んで逃げた。しかし、普通のアブラムシの有翅虫とは異なり、ウスバカゲロウの様な何とも頼りない飛び方。翅が体に比して大き過ぎる?のでこう言う飛び方になってしまうのであろう。








最終更新日  2009.11.12 12:50:30
コメント(6) | コメントを書く
2009.07.22


 今日は「庭を漂う微小な羽虫」の第2回目である。第1回目に紹介した「ウスイロチャタテ科の1種(Ectopsocus sp.)?」は、飛んでいるときは、直径は2.5mm位のオボロな輪郭を持つ茶色の玉の様であったが、今回のはもう少し大きく、全体的に黒っぽい。単位時間当たりの羽ばたき数もチャタテムシよりは少ない様で、かなり動作がトロイと言う感じ。何となく、アブラムシの有翅虫ではないかと思ったのだが、やはり「当たり」であった。


ヒラタアブラムシ亜科の1種(有翅形)1
ヒラタアブラムシ亜科の1種.翅脈が良く見える

(2009/07/04)



 このアブラムシの有翅虫も初めは手で捕まえた。しかし、前回のチャタテムシ同様、指の関節の間に挟まれてしまい、掌を開いてみた時は既に御臨終。そこで、普段は纏わり付くヒトスジシマカを退治するのに使用しているネット(志賀昆の36cm:本来はハエを採るつもりで買ったもの)で採集した(蚊は網の中で圧殺してしまうので、網がかなり汚れている)。

 しかし、コムピュータにデータを移しよく眺めてみると、どうも普段見るアブラムシの有翅虫とは少し違う様である。縁紋(下の写真を参照)が矢鱈に目立ち、体長も1.5mm強とかなり小さい。アブラムシ上科には、1860年代に欧州のブドウを殆ど全滅させたネアブラムシ科(フィロキセラ科)や専ら針葉樹に付くカサアブラムシ科と言う、今まで見たことのない連中も居る。しかし、検索表で調べてみると、R1脈からRs脈が分離して存在しているのはアブラムシ科とのことなので、この有翅虫はアブラムシ科として問題ない様である。

 科から亜科への検索表は手元にない。しかし、このアブラムシの有翅虫では、Cu1脈とCu2脈がR脈の1個所から分かれて出ている(下の写真参照)。これはヒラタアブラムシ亜科の特徴らしい。以前紹介したヤノイスフシアブラムシもヒラタアブラムシ亜科に属すが、今日のアブラムシとこのヤノイスフシアブラムシの翅脈相は非常によく似ている。

ヒラタアブラムシ亜科の1種(有翅形)2
翅脈の名前を示す.縁紋が顕著

(2009/07/04)



 其処で、「日本原色アブラムシ図鑑」でヒラタアブラムシ科の有翅虫を1種ずつ見てみる(この図鑑では何故か科に付いて何も書かれていないので、自分で科の目次を作ってある)。・・・すると、何とエゴノネコフシアブラムシの有翅虫とソックリであった。

 このエゴノネコフシアブラムシは一般にエゴノネコアシアブラムシと呼ばれ、エゴノキにシキミの果実(或いは香辛料の八角)の様な形の虫えいを作り、兵隊アブラムシと言う階級分化の見られる種として有名である。エゴノキなら、隣のオジサンの家に植わっている。

ヒラタアブラムシ亜科の1種(有翅形)3
ストロボの反射で構造色が出ている

(2009/07/04)



 しかし、その木を見に行くと虫えいは古いものが僅か1個しか見当たらなかった。また、エゴノネコフシアブラムシの夏寄生植物はアシボソやチヂミザサなどの単子葉草本である。我が家には何方も生えていない。それに、写真のアブラムシの有翅虫はズミ(ヒメリンゴ)の木の周りをフワフワ飛び回っていることが多かった。

 東京都本土部昆虫目録を調べてみると、ヒラタアブラムシ亜科は28種も記録がある。まァ、エゴノネコアシアブラムシと決めつけないで、「ヒラタアブラムシ亜科の1種」としておくのが無難であろう。

ヒラタアブラムシ亜科の1種(有翅形)4
ヒラタアブラムシ亜科の有翅虫は翅を平らに畳む

(2009/07/04)



 庭を漂う微小な羽虫、今回は捕まえる前に予想した通りアブラムシの有翅虫であった。最近はチャタテムシもこのアブラムシの有翅虫も見かけず、別の虫が飛んでいる。この次の「庭を漂う微小な羽虫」には、一体何者が登場するであろうか。








最終更新日  2009.07.22 10:49:31
コメント(4) | コメントを書く
2009.06.13


 火曜日の夕刻に帰朝した。その後に一部の読者諸氏のサイトを拝見したので、「足跡」から小生の帰国に気が付かれた方も居られるかも知れない。

 今回の出張は2ヶ月に満たなかったので大して疲れては居ない。しかし、帰国便が早朝発であったのとその次の日にまた早起きをしなければならい事情があって、それで睡眠不足に陥り未だに頭痛が取れない。そんな訳で帰国後の第一報は少し遅れてしまった。

 庭は草も木も伸び放題だから虫は結構居る。掲載済みの虫が殆どだが、探せば未掲載の虫も居ない訳ではない。当然小さい虫が多い。今日紹介するセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ(Uroleucon nigrotuberculatum)の有翅形も体長は3.5mm、余り大きい虫とは言えない。和名は矢鱈に長いが・・・。


セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ1
セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシの有翅形(胎生雌)

横から見ると脚や触角が長く、翅も綺麗で中々カッコイイ

(2009/06/12)




 虫集め用に植えてあるセイタカアワダチソウの茎上部に数頭居た。有翅形だが今頃居る有翅形は有性ではなく単性の胎生雌で、やがて無翅胎生雌を産み、その後巧く行けば爆発的に増える筈である。

 我が家にアブラムシは多い。しかし、このアブラムシをこれまでに見かけた記憶はない。胴体は真っ赤で脚の大部分と触角は真っ黒、かなり特徴的なアブラムシである。だが「日本原色アブラムシ図鑑」には載っていない。そこで、「セイタカアワダチソウ アブラムシ」で検索すると一発でセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシが出て来た。

 セイタカアワダチソウ以外の植物には殆ど寄生しないらしい。と言うことは、セイタカアワダチソウの原産地である北米からの外来種に違いない。

セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ2
セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシの有翅形

(2009/06/12)



 調べてみると、このアブラムシは1980年代後半に北米から侵入したと推定されているとのこと。セイタカアワダチソウが帰化したのは1890年代の終わり頃らしいので、宿主が帰化してから約1世紀遅れて寄生者であるアブラムシがやって来たことになる。

 掲載の写真を撮ったのは昨日である。今日見てみると1頭しかしない。何処か別の場所に移動したのかも知れないが、このセイタカアワダチソウにはササグモが1頭居て盛んにかけずり回っているから、その餌食になってしまった可能性が高い。どうやら、我が家でこの長い名前のアブラムシが爆発的に増殖することは無さそうである。








最終更新日  2009.06.13 18:06:38
コメント(14) | コメントを書く
2008.12.23


 特に新しいネタも無いのだから、そう無理をすることもあるまい、と思って更新をサボっていたら、もう6日も空けてしまった。何か書かざるを得まい。

 ・・・と言う訳で、またアブラムシと相成る。今回は有翅虫も居らず面白みが更に少ないが、他に新しいネタがないのだから何とも致し方ない。

 ハギオナガヒゲナガアブラムシ、アブラムシ科アブラムシ亜科ヒゲナガアブラムシ族の、如何にもアブラムシらしいアブラムシである。


ハギオナガヒゲナガアブラムシ1
ハギオナガヒゲナガアブラムシ.ハギに付くアブラムシは普通この種類

(2008/12/09)



 実を言うと、このアブラムシ、もう既に何回か登場している。ヒメカメノコテントウダンダラテントウに食べられているところである。些かブザマな姿しか紹介していないので、今日は威勢の良いところを、と言いたいが、今回もまた、余り景気は芳しくない。

ハギオナガヒゲナガアブラムシ2
体は緑色で、脚や角状管は黒い.時に橙色のもいる

角状管は先端近くで少し括れる

(2008/12/09)



 と言うのは、あと数日で寄主であるニシキハギの葉が落ち尽くし、枝も枯れてしまうのは明らかだからである。アブラムシの運命もこれに伴うことは言うまでもない。

ハギオナガヒゲナガアブラムシのマミー
アブラバチの寄生によるマミー(mummy:ミイラの意)

普通のマミーとは異なり葉との間に台状のものがある

左はアブラバチに寄生された個体.マミーになる直前

(2008/12/09)



 読者諸氏は、晩秋に木から落ちた紅葉(黄葉)の葉裏に、屡々アブラムシがしがみ付いているのを御存知だろうか。寒さと栄養不足で、まだ少しはマシな葉に移動する力もなかったのであろう。

 アブラムシの捕食者やその卵もまたこれと運命を共にする。晩秋~初冬は越冬態勢に入れなかった虫達の「残酷物語」の季節なのである。

ハギオナガヒゲナガアブラムシのマミー
1週間後、左の個体はマミーにならずに死んでいた

アブラバチの幼虫が寒さで死んでしまったのだろうか?

(2008/12/16)



 先日、日本海に低気圧が発達して時ならぬ「春一番」が初冬に吹いてしまった。ニシキハギの幹や枝は細い。薄の穂の如く風に揉まれ、アブラムシ達は屹度風でみな吹き飛ばされてしまっただろう、と思った。しかし、次の日見に行くと、健気にも枝の付け根に移動して風を避けていた。もう枝が枯れるのも間近に迫っているのだが、それでもまだ精一杯生きようとしている・・・。

ハギオナガヒゲナガアブラムシ3
風を避けて枝の付け根に集まるハギオナガヒゲナガアブラムシ

(2008/12/22)



 ハギの枝には、まだ他にも妙な虫がくっ付いていた。次回はこの虫でも紹介することにしよう。








最終更新日  2008.12.23 15:08:32
コメント(8) | コメントを書く
2008.11.15


 今日はまた人気のないアブラムシを紹介する。ワタアブラムシ、極めて広食性で、しかも世界中に分布する、農業・園芸の害虫として最も悪名の高いアブラムシの一つである。我が家では毎年、春~初夏と秋の2回、フヨウの葉裏に発生する。昔、ムクゲの木があった頃は、その新梢が真っ黒になる位に集っていて、これが原因でムクゲという植物が嫌いになった程である。


ワタアブラムシ(幼虫)
フヨウの葉裏に集るワタアブラムシの幼虫

一昨日撮った写真(2008/11/13)



 今、丁度ワタムシ(雪虫)の季節である。しかし、このワタアブラムシの名前は、寄生植物である植物のワタ(アオイ科ワタ属)から付けられたのであって、体に綿状の衣を纏うワタムシ(主にタマワタムシ亜科の有翅形)とは全く無関係である。

 なお、以前紹介したエノキワタアブラムシは、ワタムシ同様、有翅形が綿状の衣を纏うので「ワタ」の名が付いているが、これはタマワタムシ亜科ではなく、マダラアブラムシ亜科に属し、寄主転換も行わない。アブラムシの名前も結構紛らわしい。

ワタアブラムシ(成虫と幼虫)
無翅胎生雌の終齢幼虫(右)と成虫(左).角状管から、前者は黄色

後者は黒っぽい液体を出している.体長は何れも1.5mm前後

7月にテレプラスを使って撮った超接写写真(以下2枚も同じ)

(2008/07/01)



 ワタアブラムシは、アブラムシ科アブラムシ亜科に属し、図鑑に拠れば、温帯では完全生活環(春~秋は単為生殖で増殖し、晩秋に有性世代が出て交尾、産卵する)を持つアブラムシとして代表的な存在だそうである。ワタやムクゲなどに冬寄生(晩秋~初夏)し、夏(真夏~秋)は多岐に亘る植物(主に草本)に寄生する。図鑑に拠れば、暖かい地方では、有性世代を生じないで、単性世代のまま越冬する(これを不完全生活環と言う)個体群もあるとのこと。


ワタアブラムシ(幼虫)2
終齢幼虫の拡大(2008/07/01)



 このアブラムシ、体色の変化が著しい。我が家に居る無翅成虫は黒と緑の斑だが、図鑑を見ると、黄、橙黄、緑、濃緑、殆ど黒などの個体もある。また、幼虫は別の色をしており、我が家に居る終齢幼虫は暗青灰色に白い粉を吹いた様な色をしている。

ワタアブラムシ(胎生雌無翅成虫)
無翅胎生雌成虫.角状管から出ているのは警戒フェロモンか?

(2008/07/01)



 多くのアブラムシでは寄生する植物が決まっている。しかし、このワタアブラムシは実に多くの植物(作物ならば、ワタ、タバコ、キウリ、カボチャ、サトイモ、ジャガイモ、ナス、ミツバ・・・、図鑑に小さい字で約2/3ページ分載っている)に寄生する。しかも、その色が様々なので、かつては別々の種類と見なされ、個々に固有の名前が付けられていた。シノニム(synonym:同じ種に付いていた別の学名)が41もあると言うからかなりのものである。

 我国では、ムクゲアブラムシ、イモアブラムシ、イヌゴマアブラムシ、ビンボウカズラアブラムシその他の和名があり、それぞれに異なった学名が付いていた。このアブラムシの被害が、どれだけ広い範囲に及んでいるか御分かり頂けるであろう。因みに、北アメリカではメロンアブラムシ(melon aphid)と呼ばれているそうである。

ワタアブラムシ(幼虫)3
葉脈を歩く終齢幼虫(産卵雌の幼虫?)

(2008/11/13)



 大きさを書かなかったが、このワタアブラムシ、アブラムシとしては小さめである。無翅成虫の体長は1.5~1.7mm、有翅虫はこれより更に小さい。先日紹介したイバラヒゲナガアブラムシの1/2位である。図鑑に拠れば、春に出現するものは、これらよりもかなり大きいとのこと。それでも、アブラムシとしては小さい方に属す。
 今日掲載した写真の内、2~4番目の3枚は、テレプラスを使って約2倍の倍率で撮影してある。その他は、普通の等倍接写なので、この3枚以外がやや見劣りするのはやむを得ない。

 緑と黒の斑模様をしているのが無翅成虫である。角状管から何か液体が出ているのが見える。角状管はワックスやフェロモンを出す器官とされているので、警戒フェロモンを放出中なのかも知れない。くっ付いている葉っぱを散々に動かされたり、ストロボの光を浴びたりして、屹度アブラムシもビックリしているのであろう。

ワタアブラムシ(幼虫)
背中にダニを付けた終齢幼虫.ダニの体長約0.13mm!!

(2008/11/13)



 その小さいアブラムシの背中にずっと小さな黄色いものが乗っている(上の写真)。良く見てみるとダニの形をしている。此処には掲載していない隣接するコマを調べてみると、この黄色い「物体」はアブラムシの背中の上を少しずつ移動している。明らかに生き物であり、ダニであることは間違いないと思われる。

 ダニの体長は約0.13mm。こんなに小さなダニは見たことがない。寄生性のダニには随分小さいのも居るものである。認識を新たにした。

ワタアブラムシ(成虫有翅形)1
ワタアブラムシの有翅形.腹部に多少の模様があるが良く見えない

(2008/11/13)



 このアブラムシ、普通はかなり密度の高い集団を形成するが、今はもう晩秋のせいか、最初の写真の通りかなり疎らである。しかも、幼虫ばかり。有翅虫を見る機会は余り多くないが、先日漸く見付けたので掲載することにしたのである。無翅虫だけだと、何となく物足りないと言うか、絵にならない。


ワタアブラムシ(有翅形成虫)2
横から見た有翅形.虫が小さいのと通常の等倍接写なので

画像の質が低い(2008/11/13)



 ワタアブラムシでは産性雌(有性生殖をする雌を産む雌)と雄の双方にそれぞれ無翅形と有翅形があることが知られている。この写真の有翅形が雄なのか、或いは、産性雌なのか、私には区別が付かない。

 フヨウは冬寄生の植物である。だから、ここで産性雌が産んだ産卵雌(有性雌)と雄との間で有性生殖が行われ、産卵雌は越冬卵をこの辺りの何処かに産むはずである。と言うことは、今居る幼虫は産性雌の産んだ産卵雌(有性雌)の幼虫なのであろうか?それにしては、随分前から此処にアブラムシが付いている様な気がする。もどうも良く分からない。

 そこで、もう一度フヨウを見に行った。・・・すると、何やらややこしいことになっていた。さて、何があったのかは、次回のお楽しみ。








最終更新日  2008.11.15 23:05:47
コメント(11) | コメントを書く
2008.11.04


 今日は久しぶりにアブラムシを紹介しよう。余り人気のある虫ではないが・・・。

 イバラヒゲナガアブラムシ、バラの新梢に集る緑色のアブラムシである。バラに寄生するアブラムシには色々種類があるだろうと思っていたのだが、「日本原色アブラムシ図鑑」の一覧表を見てみると、このアブラムシとハマナスオナガアブラムシの2種しか載っていない。そんな筈はないだろうと思って、Internetで調べてみると、他にバラミドリアブラムシ、モモアカアブラムシ、ワタアブラムシ等の名前が出て来た。この内、モモアカアブラムシとワタアブラムシは、極めて広食性でしかも全世界的に分布する、農業害虫として最も悪名の高いアブラムシである。

 しかし、バラに寄生するアブラムシの大半は、このイバラヒゲナガアブラムシだそうである。


イバラヒゲナガアブラムシ1
イバラヒゲナガアブラムシの集団.逆立ちに近い格好で吸汁する

(2008/10/26)



 このイバラヒゲナガアブラムシ、バラ専門のアブラムシである。名前の通り、園芸種のバラだけでなく、ノイバラにも寄生する。寄主転換はしないので、1年中バラの何処かにくっ付いている筈である。

イバラヒゲナガアブラムシの無翅形2
イバラヒゲナガアブラムシの無翅形成虫

頭部付近と脚の大部分は赤い

(2008/10/12)



 イバラヒゲナガアブラムシは、肉眼では殆ど全身緑色に見える。しかし、拡大してみると、胸部の前の方と頭部は赤く、脚も腿節の半分より先は赤味を帯びている。角状管は黒く長く、先端が膨らんでいる。

 有翅形は無翅形よりもやや小型で、全体にやや赤黒く、脚も腿節の後半以降は黒に近い色をしている。しかし、図鑑の写真を見ると、無翅形にもこの様な色をしたものがある。

イバラヒゲナガアブラムシの無翅形1
上と同一個体.角状管は黒く長い

(2008/10/12)



 このアブラムシ、最初の写真に見られる様に、吸汁するときに殆ど倒立に近い態勢を取ることが多い。これは肉眼で見ても良く分かる。始めは、逃げようとして口吻が抜けなくてこんな変な格好をしているのかと思っていたが、別にそう言う訳でもないらしい。かなり密な集団を作ることが多いので、面積当たりの頭数が増えると自然にこうなると思うが、それを繰り返している内にそれが習性になってしまったのかも知れない。

イバラヒゲナガアブラムシの有翅形2
イバラヒゲナガアブラムシの有翅形.無翅形よりやや小さい

全体に赤黒い.角状管の先端が膨らんでいるのが見える

(2008/10/21)



 このイバラヒゲナガアブラムシ、我が家では、春と秋、家の南側の生垣となっているツルバラの新梢に必ず発生する。特に春は手の付けられないくらい沢山付くことがある。夏にはバラの生長が止まるので、このアブラムシも何処かに姿を潜める。

 数年前、このアブラムシに関連して面白い経験をした。我が家は南に面しており、南側は隣家の駐車場になっているので、強い南風が吹くと我が家の庭は一種のビル風を生じて一寸スザマジイことになる。数年前の春、日本海に大きな低気圧が入り、東京では南風が吹き荒れた。台風クラスの風であった。この年、ツルバラにはこのアブラムシが例年よりずっと多く発生し、正にゴマンと付いていたのだが、この暴風で実に一匹残らず吹き飛んでしまった。余りに完璧に吹き飛んだのでビックリしたが、さぁ、その後、これまた沢山いた捕食者、特にテントウムシの幼虫が餌を失い、アブラムシを探して庭中をウロウロしているのにはもっとビックリした。後にも先にも、テントウムシの幼虫をこれ程沢山見たことはない。

イバラヒゲナガアブラムシの有翅形1
上と同一個体(2008/10/21)



 2番目以降の写真の集団は、写真を撮り終わった数日後にヒラタアブ類の幼虫がやって来て、2~3日後には全滅した。最初の写真に写っているのは、その後で別の新梢に付いた集団だが、これも撮影した数日後には一匹も居なくなっていた。捕食者の威力と言うのは大したものである。

 今年は、昨年と較べてアブラムシやコナジラミの発生がかなり少ない様である。昨年、コナラの葉裏にビッシリ付いていたコナジラミの蛹殻と思われる微小な斑点も今年は殆ど着いていない。今年はこのコナジラミの正体を見極めるつもりだったのだが、空振りに終わってしまった。この種の小さな寄生性昆虫の発生は、年により思ったよりもずっと大きく変動する様である。








最終更新日  2008.11.04 12:29:03
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.