002633 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

七代目ちぃのブログ

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

読書体験について

(1)

書評

(1)

ミステリ書評

(31)

国内小説

(0)

ジョン・ディクスン・カー

(4)

SF小説

(6)

アガサ・クリスティ

(0)

横溝正史

(2)

高木彬光

(2)

アントニー・バークリー

(0)

有栖川有栖

(3)

海外書評

(3)

上橋菜穂子

(10)

綾辻行人

(4)

青崎有吾

(1)

A・E・ヴァン・ヴォート

(1)

西村京太郎

(2)

クロフツ

(3)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.11.19
XML
カテゴリ:綾辻行人
rblog-20171119081517-00.jpg





もう一人の中村青司へ献げられた幻想的な本格ミステリ。
吹雪の山荘で起こる連続見立て殺人という筋はあまりに蠱惑的である。

幻想的ではあるが、勿論真相は論理的に看破され、抜群に優れた本格ミステリとして仕上がっている。
軽いネタバレだが、本格ミステリとしては倉知氏の例のやつに若干近いようにも思える。
仕掛けられた二重のトリックは巧妙で、これだけしっかりとした本格ミステリに、発表当時本格ミステリとしての欠点を指摘するとんちんかんな声があったとは驚きである。
個人的には幻想怪奇な部分の印象は殆ど残らず、本格ミステリとしての印象ばかりが残ったのだがこれは読んだ時代もあるのか。

流石は新本格の旗手といった作品。





rblog-20171119081517-01.jpg






最終更新日  2017.11.19 08:15:19
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.