052535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七代目ちぃのブログ

PR

X

プロフィール


七代目ちぃ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

omachi@ Re:高木彬光「神津恭介の予言」(05/20) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.05.20
XML
カテゴリ:高木彬光
rblog-20180520073646-00.jpg





名探偵神津恭介の最後の事件。
平成六年の作品で、著者は翌年亡くなっている。

社会派ミステリの影響を受けて本格ミステリにも現実味を加えるようになった氏の晩年の作品は、舞台は大都会東京で視点人物を新聞記者にしながら、非常に魅力的な謎に包まれた事件が描かれている。
近くに建物も無い、上空に何も飛んでいないそんな場所に、突然人が堕ちくるのだ。
いったい犯人は如何にして何も無い空間に人間を出現させたのか。
トリックは同じようなものでもっと優れた作品が他にあるし、それ程意外なものでもなかったが、意外な真相よりも魅力的な謎こそが本格ミステリの眼目であると思っているのでまあ楽しめた。

老境に入った神津恭介は伊東で隠棲しており、登場の場面は多くない。
それは残念ではあるが、それが残念であるだけに、神津に会いたくてやきもきする視点人物である記者に共感し寄り添えたのは良かった。
そしてやっぱり神津は素敵なのだった。
殺すから殺人計画を思い付いたのではなく、殺人計画を思い付いたから殺すのだ。
人は悪くない、人は弱いのだ。
罪を憎んで人を憎まずである。

幾多の傑作を残した氏の代表シリーズの掉尾を飾る神津探偵譚。
読了。






最終更新日  2018.05.20 07:36:46
コメント(1) | コメントを書く
[高木彬光] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:高木彬光「神津恭介の予言」(05/20)   omachi さん
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。 (2018.08.24 22:16:25)


© Rakuten Group, Inc.