057656 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七代目ちぃのブログ

PR

X

プロフィール


七代目ちぃ

カレンダー

バックナンバー

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

omachi@ Re:高木彬光「神津恭介の予言」(05/20) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.08.14
XML
カテゴリ:横溝正史







氏の戦前の短編を集めた作品。
傑作選と銘打ってはいるが、やはりベストは同じく角川文庫から出されている「鬼火」だろう。
こちらは幾分軽かった。
しかしながら流石戦前の横溝文学の趣は好きだ。
最初の二作「山名耕作の不思議な生活」「川越雄作の不思議な旅館」などは最も軽い作品であるが、その謎を湛えた雰囲気は心地良かった。
「誘蛾燈」なんかも妖しい雰囲気と結末が良い。
「髑髏鬼」はまさに戦前のスリラーで、愉しい一編だ。
ベストを選ぶなら「青い外套を着た女」だろうか。
謎とロマンス、活劇味に明るい結末が愉しかった。






最終更新日  2019.08.14 07:59:24
コメント(0) | コメントを書く
[横溝正史] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.