000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七代目ちぃのブログ

PR

X

プロフィール


七代目ちぃ

カレンダー

バックナンバー

2021.07
2021.06
2021.05

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

omachi@ Re:高木彬光「神津恭介の予言」(05/20) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.10.23
XML
カテゴリ:国内ミステリ






噂に名高い新本格直前の傑作が復刻した。
美しい題名、絢爛な連続見立て殺人、魅力的な名探偵、精緻な論理展開による意外な真相。
最高級の本格ミステリを読めた。

先ず以てポーの作品の見立て殺人という発想からして、本格ミステリ読みには堪らない。
それも「アッシャー家の崩壊」から始まる派手な幕開けだ。
いきなり物語に引き摺り込まれる。
その後の「ベレニス」「黒猫」の見立ての凄惨さといったらもう、性的興奮をもたらす程だ。

混迷を極める事件を解きほぐす名探偵ニッキの論理展開がまた見事だ。
動機を無視しているのも好ましい。
こんがらがって見えた事件を複雑でなく明快に解かれては、こちらは本格ミステリ読みのドM的絶頂を禁じ得ない。
線で到底結べない程遠く離れているように見えた点と点は、実はそれ程離れてなく、しかもしっかりと線で繋がっているのだ。

さらに、解決編が終わり、後は余韻を楽しむだけと思っていたエピローグの衝撃たるや。
一頻り満足したところで出されたデザートは別腹であった。
「アッシャー家の崩壊」を、これまで思っていたものと全く違う姿に変形させられたのだ。
まさに本格ミステリ。
このエピローグだけで短編本格ミステリのオールタイムベストに入れても問題は無いように思う。

完全無欠の一編であった。






最終更新日  2019.10.23 06:49:24
コメント(0) | コメントを書く
[国内ミステリ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.