000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七代目ちぃのブログ

PR

X

プロフィール


七代目ちぃ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

omachi@ Re:高木彬光「神津恭介の予言」(05/20) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.01.12
XML
カテゴリ:国内ミステリ






アメリカ文学者にして東大教授にして本格ミステリ作家の二〇〇二年の長編。
本書は内的独白という手法で書かれ、フェアを重んじる本格ミステリにとって大きな挑戦となっている。

二つの殺人事件が起こるのだが、一つはサロメのヨカナーンを模した首切り屍体で、一つはハムレットのオフィーリアを模した水屍体である。
強烈な連続猟奇殺人が扱われるものの、本書はそれぞれの登場人物によって可笑し味を以て描かれる。






最終更新日  2021.01.12 02:58:06
コメント(0) | コメントを書く
[国内ミステリ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.