000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七代目ちぃのブログ

PR

X

全7件 (7件中 1-7件目)

1

西村京太郎

2018.10.14
XML
カテゴリ:西村京太郎
rblog-20181014030841-00.jpg





全編が推理で彩られ、サスペンスに溢れる楽しい楽しいミステリ。

十津川警部は冒頭でいきなり誰かに襲われる。
気が付くとそこはどこかの無人島で、十津川の他にも七人の男女が連れて来られていた。
島には七人の関係する街がそっくりに造られていた。
訳も解らず戸惑っていると、一人の男が猟銃を持って現れる。
一年前、七人が証人として行われた裁判で、強盗殺人の罪で有罪判決を受け服役中に病死した被告の父親だ。
被告は一貫して無実を叫んでいたものの、七人の証言によって有罪となった。
納得のいかない父親が事の真偽を確かめる為に私設法廷を開いたのだ。
十津川は無関係の第三者の意見の為に連れて来られた。

七人の証言は一見決定的なものであったが、父親はそれぞれの矛盾を見事に指摘していく。
それによって証人達が自分にとって都合の悪い事や見栄の為、偽証していた事が明るみに出る。
父親の指摘は抜群に論理的で、本格ミステリとしての愉悦を味わう事が出来る。
しかしそうは言ってもまだまだ犯人は正しく被告であったと思われ、証人達は犯人に対して強い態度で判決の正しさを訴え、正しい証言をしなかった自身の非を認めない。
これが最高に気分が悪い。
七人が七人共にゴミクズなのだ。
犯人は被告であった可能性もそうでなかった可能性もあるとして中立の立場を貫く十津川でさえ七人に辟易としてくる程であるから、それをただ眺めるしかない読者にとっては堪ったものではない。

そんなこんなしていると事件が起こる。
証人の中の一人が殺されるのだ。
十津川は言わずもがな証人達は互いにほぼ無関係で、当然動機の面から父親が疑われるが、彼が殺したという証拠は無い。
そうしてまた一人、また一人と被害者は増えていく。
猟銃を突き付けられている人の中に犯人がいる可能性・・・東野圭吾「仮面山荘殺人事件」も同じような魅力的な謎を扱ったが、解決はこちらの方が断然良い。
十津川が導き出す二つの事件の真相は論理的で見事なものだった。

論理を贅沢に楽しめる最高の一冊である。






最終更新日  2018.10.14 03:08:39
コメント(0) | コメントを書く


2018.09.29
カテゴリ:西村京太郎
rblog-20180929080743-00.jpg





私立探偵左文字進の誘拐もの。
誘拐ミステリと言えば岡嶋二人「99%の誘拐」や島田荘司「消える「水晶特急」」、天藤真「大誘拐」等が傑作であるが、謎の派手さで言えば西村京太郎氏が図抜けてはいないか。
巨人軍を丸ごと攫う左文字もの第一作目「消えた巨人軍」なんて抜群だった。
そして続いて発表された本書ではさらに磨きがかかっている。
なんと人質は日本国民全員。
一億二千万人の誘拐というこれ以上無い程の謎が提示される。

国民全員の誘拐の仕方とその効果はあまりにも鮮やかで、政府と警察は泡を喰うばかり。
サスペンスフルな展開に読む手は止まらない。
そして五千億円という莫大な身代金を安全に受け取る方法も、突飛でいてよく練られている。
犯人の目星は何とかついても、証拠は一切掴ませない。
一体どうやって捕まえるのか、想像も出来なかった。
そこで左文字が仕掛ける、というか自然に出来上がっていた落とし穴は抜群に面白いもので、物語の景色ががらりと変わる。

軽やかな筆致で描かれる本書は全頁が楽しく、超一流の娯楽小説である。
量産型トラベルミステリ作家と軽んじられる事もある氏であるが、その実態は幅広く派手な作風で幾つもの傑作を書く超一流の娯楽作家なのだ。






最終更新日  2018.09.29 08:07:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.14
カテゴリ:西村京太郎
rblog-20180914075443-00.jpg





初期長編。
お得意の海洋ものである。
日本人初のヨットによる無寄港単独世界一周航海を成功させて一躍海洋レジャー時代の寵児となった男と、その周りの人々を描いた作品。

まず帆船についての描写が興味深い。
ホーン岬の事なんか今まで知らずに生きてきていた。
更に事件も面白い。
東京からタヒチまでの賞金一千万円のヨットレースが行われ、その間に東京からタヒチまでで次々と事件が起こる。
どうやら単独犯で、しかもレース参加者が怪しいのだが、アリバイもクソも無い洋上で一体どうやって殺人を犯したのか。
警察の捜査中もレースは進行しており、全く退屈させないサスペンスフルで動きのある展開は見事の一言。
手掛かりは次々に見付かれど、その度に暗礁に乗り上げる。
ヨット界の英雄であった被害者の意外な裏側も明るみになってきて、読む手を休ませない。
被害者もトリックも豊富で、抜群に面白かった。

そして忘れてはならないのが、十津川の初登場作であるということ。
まだ三十路を過ぎたばかりの十津川はこの時警部補で溌剌としていて、部下を怒鳴り付け、自身も海外まで足を運び駆けずり回っている。
ここに日本で最も稼ぐ名探偵が生まれたのだ。
一流の海洋エンターテイメントであり、我が国のミステリ史に於いて無視出来ない歴史的価値を持った作品である。






最終更新日  2018.09.14 07:54:43
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.13
カテゴリ:西村京太郎
rblog-20180913090910-00.jpg





トラベルミステリ以前の氏の十八番、消失もの。
多様で奇抜な作風を誇る氏であるが、数多い著書の中でも特に奇抜な謎を提示する作品。
巨人軍の監督、コーチ、選手、計三十七名が遠征途中に、新幹線から突如として姿を消す。
三十七名の誘拐という発想が凄い。
しかも被害者は屈強な野球選手達である。

球団から依頼を受けた私立探偵の左文字進が捜査を開始するも、手掛かりは次々と見付かれどあと一歩で解決に至らない。
魅力的な謎と豊富なサスペンスに支えられた物語は、抜群に面白かった。
そのあまりにも緻密な犯罪計画には舌を巻くばかりだ。
散りばめられたトリックは巧妙且つ意表を突くもので、誘拐ミステリとしては満点に近いのではないか。
全ての誘拐ミステリの中でも五指には入るであろう屈指の傑作。
我が国が産んだ天才娯楽作家の真骨頂、ここにあり。






最終更新日  2018.09.13 09:09:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.09
カテゴリ:西村京太郎
rblog-20180309071452-00.jpg





西村京太郎氏のトラベルミステリ以前の代表作の一つである。
有名なマリー・セレスト号を題材に全く同じ状況の事件を描き、作中で起こった事件だけでなくマリー・セレスト号の事件にまで一応の解決をつけた力作。

怪奇幻想的な謎に対してお馴染み十津川警部が現実的に捜査し、現実的な解決に導く。
その為結末は、物語の始まりの時の雰囲気を雲散霧消させてとても醜い俗なものとなっている。
動機はあまりにくだらない。
しかしそれはこの作品の価値を貶めるものではないだろう。
寧ろそこが面白かったくらいだ。

海難審判という裁判とは似て非なるものの存在を知る事が出来たのも良かった。
犯人を裁く為ではなく真相を明らかにする為のもので、この場面が本書中で最も面白かった。
暫くは日高理事官が幾つもの仮説を挙げそれが論理的に否定されていく事の繰り返しだが、終盤に至って面白い仮説が飛び出してくる。
十津川警部がそれを立証する為に奔走しだすと物語は一気に様相を変えていく。

派手なトリックが使われている訳でもなく犯人が殊更意外な訳でもないが、仮説を積み上げそれを推理していく展開と終盤に至っての新たな発見の連続という展開は、鮮やかな読書体験をもたらす。
やはり巧い。
鉄道ミステリで知られる氏であるが、圧倒的に海洋ミステリの方を得意としているだろう。
書き手の少ない分野であるし、また書いて頂きたいものだ。






最終更新日  2018.07.26 04:32:11
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.31
カテゴリ:西村京太郎
rblog-20171031074027-00.jpg





西村京太郎の初期長編。
五十万トン級のマンモスタンカーを消失させる離れ業を炸裂させた海洋ミステリだ。
探偵役はお馴染み十津川警部である。
被害者となる標的を巡っての犯人と警察との駆け引きが魅力的な活劇であるが、推理小説としても意外な展開を見せ紛う事なき一級品となっている。
やはり西村京太郎は娯楽小説家として天才だ。

この作品の眼目は何と言っても十津川の導き出す意外な推理だろう。
序盤から中盤にかけて明確に方向付けて進んでいた物語が、そもそもの前提条件が違っていたという事になり急展開を告げる。
そもそも、何と魅力的な言葉か。
五十万トン級のマンモス物語はあまりにも見事なモンキーターンを決めてみせる。
急展開を急展開たらしめる為に中盤まで間違った推理がしかも十津川による丁寧に行われるが、これも素晴らしい。
物語が急展開を見せても「今までのは何だったんだ。」とはならない。
犯人設定に本格ミステリとしての魅力は無いが、これは事件があまりにもでかいので他に道は無いだろう。
それでも最後に正体を看破して犯人に泡を吹かせる十津川には痺れた。

著者は「また書きなさいと言われるんだけど、海洋ものは労多くして功が少ない。」と言っているが、これだけ面白いものが何故当時売れなかったのか不思議でならない。
西村先生、当時の時代とって貴方はあまりに偉大過ぎました。






最終更新日  2017.10.31 07:40:27
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.04
カテゴリ:西村京太郎
rblog-20171004043619-00.jpg





スーパースター西村京太郎最大の知名度を誇る作品。
売上はなんと累計百二十万部を越える。
ミステリに興味の無い人でもベストセラーミステリと言えば本作がまず思い起こされ、鉄道ミステリと言ってもやはり本作の名が真っ先に挙がるだろう。
日本で鉄道ものと言えば鮎川哲也、松本清張と並んで御三家の一人としたい。

正直氏の作品はこれまで「殺しの双曲線」を始めとする鉄道もの以外にはまってきたのだが、これは流石は天才娯楽小説家西村京太郎と喝采を贈りたい。
読み易い文体、飽きさせない展開、ミステリ以外の魅力と、本領を発揮している。

何と言っても派手な展開に圧倒される。
本格ミステリ好きとしては若干派手過ぎる嫌いはあるが、普通の個人的な殺人事件と思われたものが徐々に規模を大きくしていき、最終的に特大の犯罪計画が明らかにされる展開は素直に面白かった。
トリックも良かった。
同じ氏の鉄道もので、やはり同じくミリオンセラーを達成した「終着駅殺人事件」と比べてもこちらの方がトリックが豊かだ。
真相が派手過ぎるので、全体としては「終着駅殺人事件」の方が好きなのだが。

しかし好きだ、西村先生。
国内ミステリの中で第一位の傑作だと信じている「殺しの双曲線」を初めて読んだ時から愛している。
亡くなられたら国葬で良いと思う。
でも永遠に亡くならないで、先生。






最終更新日  2017.10.04 04:36:17
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.