2019.12.25

笹沢左保「金曜日の女」

カテゴリ:国内ミステリ






謀略と官能のサスペンスはこれ以上無く空虚で痛々しい結末を迎える。
艶やかさに展開の妙味と、氏の良いところがよく出ており、飽きさせない物語だ。

特筆為べきは何と言っても最終場で、これにより本書は今年読んだ作品の中でも最上位に酷い物語となった。





TWITTER

最終更新日  2019.12.25 07:14:44
コメント(0) | コメントを書く
[国内ミステリ] カテゴリの最新記事