672631 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ウッドデッキのある風景

全952件 (952件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 96 >

2017年06月20日
XML
カテゴリ:耐朽性、経年変化
まだ中途半端ですので、後日更新をする予定です
ウッドデッキの耐久性アップに役立つヒントとして見てください。

ちょうど10年(腐りやすい部分の補足まで6回連載です)
2006年3月の記事。木がなぜ腐るのか?どこに気を付ければ腐りにくいのか?じっくり読んでみてください。

ベランダを張り替えましょうか その1~10
2007年4月の記事。これは住宅の営業をしていた私の過去への戒めの意味もあって、長々と書きました。
こうすれば耐久性が上がる。という話ではなくて、こんなことをしたら腐っても当たり前。と言う点を強調しています。

腐りにくいウッドデッキのために その1から10
2007年4~5月の記事で、ベランダの続きとして書いたものです。その後耐久性のネタを何回か書いていますが、ここで大まかな方向性を示しています。でも、まだ今使っている言葉がでてきていないんですよね。

耐久性と環境とのバランス~ほんの一手間9(全13回)
2008年1月の記事です。前半4回、後半9回の長期連載です。長々と書いている割には、もう少し簡潔でもよかったかと思うようなネタです。耐久性ネタの前ふりにはいい話ですね。

腐ったウッドデッキから学ぶこと (全8回)
2012年12月から13年1月まで間に季節ネタを挟みながら書きました。
タイムリーな現場から、過去学んだことの総集編見たいな気持ちで書いていますので、時間の無い方はこれだけでも見てください






Last updated  2017年06月20日 07時35分26秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年12月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類

ウッドデッキネットのリニューアル途中ですが、こちらのブログの新規公開は止めております。
新サイトで、新ブログを書いていますので、今後はそちらで最新情報を見てください。

こちらのブログは2006年から10年間いろんな記事を書きました。
HPと違って、その時々で思いついたことを書き綴っていますので、見たい記事を探すのが困難です。

何回かに渡って、こちらの記事のインデックスを作って行きたいと思っています。

まずは施工日誌集。ウッドデッキネット初期のものですから、素人感丸出し。それだけに皆様にお役に立つ情報もいろいろあるかと思います。

ウリン材は素人には施工できないのだろうか?  その1~その6
2006年2月の記事です。ウリンの施工を初めて間もない頃の気持ちをいろいろ書いています。
ハードウッドの施工に慣れていない人にこそ読んでほしい記事です。

ウリン材を裏からビス止めできるのか?その2まで
2006年4月の記事です。この後10年間で4回、裏からビス打ちをしました。滅多にあることではありませんが、ハードウッド・ソフトウッドに関係なく、裏からビス打ちをするには参考になります。

マンションデッキその1~最終回まで5回連載
2006年4月の記事です。タイムリーに書いている記事は今読み返しも楽しいです。ただ、この現場には後日談があって、ここで書いていないことがその後のマンションのウッドデッキ施工にとても役立っています。

イメージが大事 その1~その4
2006年7月の記事です。ちょっとした収まりの違いで、仕上がりの印象が大きく変わるものです。幕板やベンチの収まりなどの参考にしてください。

縦にすべきか横にすべきか?! その1~その16
2006年9月の記事です。ブログ史上最長の16連載の記事です。読み返すと、タイトルから少々脱線していろいろ詰め込んで書いていますので、これだけでもハードウッドの施工に役立つ小ネタ満載です。

反っている材はこう使え!!
2006年10月の記事です。単発ページをあえてご紹介するのは、天然の木材には大なり小なり反りがあるから。「反っていると施工できない」と言う前に、いかにしてうまく反りを直して使うかを考えて欲しいのです。

素足で歩いても寝っころがっても楽しいウッドデッキ その1~その4
2006年10月の記事です。ウリン材の収縮本実加工の日記ですが、これはちょっとお勧めできない話です。なぜお勧めできないかは、補足記事を見てください。
本実は収縮を考慮に入れて!!
素足で歩いても寝っころがっても楽しいウッドデッキ その5
材の収縮

ウッドデッキを設計するときにこれだけは押さえておこう その1~その6
2006年10月の記事です。変形デッキの施工と床板の高さの決め方を書いています。

ウッドフェンスってどうやって柱を立ててるの? 1~6
2006年11月の記事です。10年経って読み返すと、当時は素人感がありありだったことを感じます。今はちょっと違うやりかたをしていますが、せっかくの連載物ですので、ここで紹介をしておきます。

床板の隙間~その3
2007年1月の記事です。私は3~4mmが隙間のベストだと思って施工しています。

広い中庭デッキ 1~4
2007年1月の記事です。セランガンバツの7mx7mのウッドデッキの施工日誌です。

老人ホームのウッドデッキ その1~その11
2007年2~3月の記事です。セランガンバツクマルを使った初めての大手ゼネコンの現場。最初段取りが悪く、怒られるは。仕事は進まないは。おまけに工期の途中で海外旅行に行くは。途中で小さい仕事は入るは。最後バタバタで日曜も仕事をするは。午後11時半まで工事をするは。
何事も初めて経験することばかり。いやはやこの1か月は本当に大変でした。

ウッドデッキ三兄弟 その1~4
2007年7月の記事です。ウリンのパーゴラ付デッキに、ウエスタンレッドシダーのフェンス。いろいろ任せてくれると楽しいものが出来上がります。

砂上の楼閣 1~3
2007年7月の記事です。イペのウッドデッキですが、ちょっと変わった工夫をしています。

260円の贅沢 VS 10分の贅沢 ~1階はこんな感じです(6回連載)
2007年9月の記事です。6回ともタイトルを変えています。ウリンのパーゴラを中心に、ウエスタンレッドシダーのアクセントetc.仕事を楽しんでいるのを見てください。

中庭のウッドデッキ1~2
2007年9月の記事です。県外で1泊2日のウリンのウッドデッキ施工。事前に写真だけで見積もりをして一発勝負。ってちょっとしたことがトラブルになるのです。

円形デッキ 1~3
2008年3月の記事です。アールを取ると見栄えが良くなりますが、施工する人は大変。ちょっとした工夫でハードウッドの幕板も曲げることができるのです。

ビスの見えないウッドデッキ1~3
2008年3月の記事です。下からビス打ち。これも考えるのは簡単ですが、実践は大変です。

瀬戸大橋を超えて・・・1~2
2008年4月の記事です。日帰りで兵庫県姫路でウリンのウッドデッキ工事。こんなことができるのも瀬戸大橋のおかげです。

横風に気をつけて1~5
2008年4月の記事です。ウエスタンレッドシダーのウッドフェンス。条件が厳しいときに、過去の経験が生きてくるのです。

目指せ赤灯台!!~明治VS平成(全3回)
坂出駅今昔
2008年5月、6月の記事です。地元の物件の案内です。

曇りのち雨時々グギ!! 1~4
2008年9月、10月の記事です。2と3の間が空いています。ウリンのパーゴラ付きの大きなウッドデッキの施工紹介。なんでしょうか?

図面と現場は大違い 1~4
2008年12月の記事です。五角形の変形デッキ。こんなのを図面通り寸分無く作るなんて不可能。現場で色々知恵を出して形にしていきます。

-------------------------------------------------------------------------------
新生ウッドデッキネットをよろしくお願いします







Last updated  2016年12月10日 17時42分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
本当は夏にリニューアルと思っていたのですが、仕事の合間で手を付けているので、延期また再延期で、秋まで引っ張ってしまいました。
ここで大々的にリニューアル。と言いたいところですが、まだまだ工事中です。
第一弾として、ハードウッドのショッピングサイトを開設致します。

新サイトでは、カートで買い物ができるようにします。
まだ特典がきちんと用意できていませんが、会員登録をしてから買い物をしていただくといろいろ入力しやすいような情報や工夫をしていますので、リニューアル時にはぜひ登録をしてください。

27日に新サイトに移行しますので、新生ウッドデッキネットもよろしくお願い致します。






Last updated  2016年10月24日 16時07分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類

今回の仕事はとても順調に作業できました。

2日でいっぱいいっぱいかな?と思って高知まで行ったのですが、1日半で無事完成。


この間書いたとおりで、こういった高さの低いデッキは根太組が完了するまでひやひやもの。

初日の午前中でそこの目処が経ちましたので、予定よりも早く終えることができました。

奥の方にベンチがあって、壁のところにはなにやら小窓が・・・



ここでビール一丁!!って注文したた出てきそうなカウンターです。

本当は何が出てくるか知りたければ、今週の土日に出かけてみてください。

今回はEnというガーデニング会社のモデルガーデン作りのお手伝いをしました。

23、24日と、29、30日にお庭の相談会を開催します。
高知市大津の木造住宅展示場スマイルパークEnのモデルガーデンにぜひお越しください。

-----------------------------------------------------
様々な施工のご依頼はウッドデッキネットへ 高知県でも直接施工いたします







Last updated  2016年10月20日 17時34分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類

9月はあまり現場作業がなかったのですが、10月は西に東に走り回っています。
特に先週の土曜から今週の土曜までがピークで、ほんとうはこちらを更新できるような余裕は無かったはずなのですが・・・

10月17日月曜日、午前7時。
明け方まで激しい雨が降っていたのですが、6時頃に上がって、今日は晴れ予報。
高速道路を飛ばして、西に向かいます。

ここは瀬戸内側最後のジャンクション。
このあたりは雲が多くてそらはまだどんよりしていたのです。

ここからトンネルを19本越えると・・・

文字通り、ここは南国。
日差しがきつく、さっきまでの曇天なんてどこかに吹き飛んでいました。


そろそろ冬支度の時期ですが、高知はまだ夏です。
シャツ一枚でも汗が噴き出て・・・
そりゃそうです。
この日の最高気温、28.5度。

束石を据えて、根太組をして・・・

床張りを始める前に現場を後にしました。

帰りの車では

エアコンをガンガンに効かせて、ガリガリ君を食べていました。

いやあまだまだ残暑は厳しいですわ。

-----------------------------------------------------
様々な施工のご依頼はウッドデッキネットへ 高知県でも直接施工いたします







Last updated  2016年10月19日 07時02分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類

施工途中で、下地が分かる写真を撮ってみました。

垂直部の下地は上下と真ん中の3本のみ。
3年前と同じ商品を使っていたら、真ん中で継いで、それぞれに3本ずつの下地が必要ですので、6本必要でした。

上から見てみましょう。

こういう風にボルト止めをするのですが、もちろん鉄工所で下穴を空けておかないと、現場で対応できる代物ではありません。
上部は約100本のルーバーを使っていますので、下穴の数は下地の本数×100。
つまり、3本だと300か所で、6本だと600か所になります。
垂直面は150本有りますので、穴あけの総数は×3で750か所、×6だと1500か所。
これだけの数になると、下地を減らすことが加工面でも施工面でも大きなアドバンテージになることがよくわかります。
継がずに済むということは施工面でどれだけ楽なことかお分かり頂けるでしょうか?

角度をつけるにはこんな良い金具があります。

45度限定になりますが、これでボルトを締めると自動的に下地に対して45度の施工ができるのです。

こういった金具は他の商品でも設定されていて、今日の最大の味噌は上2枚の写真に隠されています。


金具はレールに取り付けられていますので、現場で自由に動かすことができます。
そう、下地の精度が何ミリ以下じゃないと取り付けできないということは全くないのです。

本当に心の底から思いました。
3年前にコレ欲しかった!!!!!!!


----------------------------------------------------------------
エクステリアに役立つ木材の情報を四国・坂出より全国に発信しています
間もなく、サイトリニューアル。
今回の現場で使った、フェザールーバーも間もなく販売開始予定です







Last updated  2017年05月09日 17時32分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 さて、今回の現場に戻りますが、水平面と垂直面のルーバーがあって、いずれも長さは4m。

 しかも、垂直面は下地が45度の角度があって・・・

 図面を見たとき、
 やりたい!。
 というよりも、
 逃げたい!!!。
 と思ったのは言うまでもありません。

 3次元の下地を3mm以下の精度で施工するということがはたしてできるのだろうか?
 2mずつに分割した材が綺麗に通るのだろうか?
 工期が間に合うのだろうか?

 打ち合わせをしていた6月頃は、ネガティブな考えしか頭に浮かんできませんでした。

 6月から7月にかけていろんな人に相談して、それまでの私の常識を覆す仕事が可能であるということが分かりました。
それから先は、180度うって変わって、仕事が始まるのが楽しみになったのです。

今日のところは完成形をご覧ください。


上部の水平の部分も、垂直の部分もとても綺麗に収まっています。

角度が変わる部分の収まりもこの通りばっちり。


しかも、ルーバー材の取り付けはわずか2日で完成しているのです。
6月に私が思っていた施工方法だと1週間かけても難しいと思っていましたので、実にスピーディ&ビューティフル。

3年前にこんな良いものがあるのを知っていたら、あのときの作業がどれだけ楽だったことか・・・
って言っても始まりません。
過去の失敗を糧に未来の仕事をスムーズにこなせばいいのですから。

----------------------------------------------------------------
エクステリアに役立つ木材の情報を四国・坂出より全国に発信しています

使える!! フェザールーバーも販売しています







Last updated  2017年05月09日 17時31分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類

さて、21日にはもう一か所気になる現場も見に行ってきました。

5年前に施工した現場で、ここではお話しできない苦労が山ほど詰まっているところです。

そこに今回のネタに役立つ場所があることを覚えていたのです。


屋上庭園に出るところで、上を見上げるとこんなルーバーがあります。
ミナミの帝王D君の施工現場なので、正確な寸法が不明なのですが、断面はたぶん60x120で、長さは3.5m程度。
数年前にD君と一緒に現場に行ったときに、この下地の施工が如何に大変であったかを説明してくれました。

下地も大変なのですが、長さの面でも問題があって、ルーバーの取りつけも大変なのです。

こちらが先週撮ってきた写真です。
真ん中で縁が切れているのが分かりますでしょうか?

そう人工木材のルーバーは、長いものはNGなのです。
短い材を継げばいくらでも伸ばすことが可能ですが、デッキと違って、ルーバーは三次元の仕事になります。

目地を揃えて施工するのは至難の業。
継ぐのと、継がないのとでは、施工性も仕上がりの美しさも雲泥の差になるんですよね。

----------------------------------------------------------------
エクステリアに役立つ木材の情報を四国・坂出より全国に発信しています







Last updated  2016年09月26日 09時13分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日は台風一過で、雨も上がって現場見学日和。
いつもの駅に行く途中で、先日来紹介している現場に立ち寄ってみました。


セランガンバツの20x105オリンピックウォーターガード塗装をしています。
いい感じに仕上がっているのですが、今日のネタはそこじゃなくて、真ん中に見えるルーバー。

これがめっちゃ使える優れモノなのですが、その前に普通のルーバーをとても苦労して施工した3年前を少し振り返らさせてください。(その5まであります)
あの時も台風が次々上陸する中、2カ月かけて現場をなんとか完成させました。


でも、今から考えると、もっといい施工方法があったのではないか?
と感じるのです。
高さ3m、横1.5mのルーバーをベランダに約100か所取りつけました。
1か所のルーバーを3分割して、鋼材に縫い付けたものを工場で作成。
それを現場でボルト止めをするという作戦を考えたのですが、これは大失敗でした。

1ユニットの重さを20kg~30kgを想定して作りましたが、重すぎて搬入をするのが非常に大変。
仮置きをする場所を確保するもの非常に大変。
こんな重量物をこのような高所で取りつけるのも非常に大変。
そして何より、一番困ったのが、ボルト穴が全然合わないのです。

鋼材の加工は、精度が出ていましたが、それを取り付ける場所の精度が出ていません。
つまり、1か所合えば、全部あいますが、そうでない場所は、穴を全部空けなおさないとだめだったのです。
もちろん多少精度が悪いことは承知をしていて、5mm程度は逃げを考えていましたが、実際はそんなものではなくて、全然違う場所に下穴があいているケースの方が多かったのです。

3年前の日記には書きませんでしたが、現場は毎日戦争状態。
毎日決められた場所をこなしていかないと、後工程の業者が待っています。
現場で鋼材に下穴を空けるのは、とても大変な作業で、毎日くたくたになっていたことを昨日のように思い出します。

2か月近く、毎日現場に通ってなんとか無事工事は完了しました。

仕上がった写真を見るととても綺麗で、達成感はありますが、正直な気持ちとして、二度とルーバーの仕事は請けまい。
と思っていたのです。

さて、今度の現場で3年ぶりにルーバーの仕事を頂いたときに、口酸っぱくして言ったのは・・・

「鋼材には精度がないことを前提に物事を考えないと、仕事が進まない」
打ち合わせの都度厭になるくらい口にしました。
それくらい3年前の仕事がトラウマになっていたのです。

----------------------------------------------------------------
エクステリアに役立つ木材の情報を四国・坂出より全国に発信しています
間もなく、サイトリニューアル。
3年前の現場で使った、ハンディウッドのルーバーも間もなく販売開始予定です。






Last updated  2017年05月09日 17時29分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
なにせ8日間職人さんを手待ちにするわけにはいきませんので、事前にできる限りのことは準備しました。
毎日現場から電話を頂きましたが、電話に出るのがドキドキ。
多少材の不足は生じましたが、手待ちになることも無く無事お盆休みは空けました

8月21日に久しぶりに現場に行って写真を撮ってきました。
まだ束を据えている場所があってパチリ。

手前の方は普通のタイプですが、奥の方になんらや見慣れないものがありますね・・・

実は、これが今回の秘密兵器なのです。

マルチポストBC型。
メーカーのカタログを普段見ないもので、いつこんな優れ物が出ていたのか全く気付いていませんでした。
高さの調整代は驚くなかれ、30-150mm。
これ一つで、0A、1A、2A、3A、4A、5Aと6種類の束の調整代をカバーします。
これなら少々不陸があろうが少々高さの調査を失敗しようがカバーしてくれます。


余った首は、切り飛ばせばいいのですが、ハット型の根太だとこんな感じで収まりますので、少々雑に切っても問題なし。

言うことなしの三重丸。

と言いたいところですが・・・・

高いんです。
5Aに比べると、6%アップで十分コストパフォーマンスもあるのですが、0Aとの比較だと80%アップ。
高さの低いところほどこの調整幅は威力を発揮しますので、コスト増が現場の作業性に見合うかどうかを決断しないといけないんですよね。

ちなみに、今回の現場で用意したのは
2A_100個、3A_200個、4A_300個、5A_200個、BC_100個。
結構読み違いがあって、私の予定とは違うものを違う場所に使っていたのですが、なんとか無事完了。
うまく行ったと日記には書いておきます。


----------------------------------------------------------------
エクステリアに役立つ木材の情報を四国・坂出より全国に発信しています
間もなく、サイトリニューアル。
マルチポストBC型も間もなく販売開始予定です。






Last updated  2016年09月20日 17時30分07秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全952件 (952件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 96 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.