674581 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ウッドデッキのある風景

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ウッドフェンス

2015年06月15日
XML
カテゴリ:ウッドフェンス
 5月後半からいろんな現場を回りましたが、会社に居る時は塗装や下準備。
 現場では穴掘りをせっせとしていた記憶しかありません。

 イペにウォルナット色を2回塗ってから現場に向かいました。
 前日の雨が少しだけ残っていましたが、前回紹介したような田んぼじゃないので、水はけは良く、40cmほど掘りましたが、最後の方でほんの少し水がしみ出た程度で、施工には支障がありませんでした。

150615A
 水道管や、排水管が埋まっています。
 それらを痛めないように慎重に掘り進むのが結構大変なのですが、柱を立てて、笠木を繋げば、全体の半分が終わったようなものです。

150615B
 最強のイペを使っているとは言え、こういうフェンスで最も腐りやすいのは笠木。
 笠木にガルバ鋼板を巻いて、まさに鬼に金棒。
 
 いやあ良い仕事した後は、ビールがうまいですわ。
 
 実は、この2週間バタバタしていたご褒美と思い、先週大阪に行ったときに外国のビールをいろいろ買い込んで来たのです。
 1週間でいろんな国のを飲みましたが、自分はヨーロッパ系よりも東南アジア系の方が口に合いますね。
 昨日は、4年前に現地で飲んでいたインドネシアのビンタンビール。
 今日は、4か月前に現地で飲んでいたタイのシンハービールが待っているので、早く帰ろうっと。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキの施工(香川県、丸亀市)のご用命はウッドデッキネットへ 
 






Last updated  2015年06月15日 17時22分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年04月24日
カテゴリ:ウッドフェンス

 連休を間近に急に暖かくなりましたが、気温に比例するようにお問い合わせやご注文が増えてきました。
 去年は、3月に駆け込みがあったので、この時期結構暇だったのですが・・・

 さて、毎月21日はいつもの駅の日。
 今月も関西空港経由で行ってきましたが、関空の混み方は尋常じゃないですね。
 TVで報道もされている通りかの国の人たちの爆買いは相変わらずのようで、そこら中でスーツケースを広げて荷物の整理をしている人を見かけます。
 もちろん、それとは別に段ボール箱が数箱山積みされているんですけど・・・

150424A
 さて、ウッドデッキネタはこれ。
 かなり傷んでいるウッドフェンスをゴールデンウィークの間に直そうと思っています。
 足元が腐っていて、柱が倒れていますので、少し面倒ですが、アイデアは考えていますので、そのうちご紹介をしたいと思います。

150424B
 帰りの午後6時過ぎ。
 淡路島の室津PAで綺麗な夕日に思わずシャッターを切りました。
 この時期になると、日差しもきつくて、目で見たように綺麗には撮れませんね。
 アングルも悪いので、少し移動してもう一枚。

150424C
 今度は結構いい感じになりました。
 
 今年の連休は前半が無くて、後半戦オンリー。
 おかげで仕事の面ではスケジュールを立てやすいのです。
 
 まだ樹種によっては連休前納品が可能です。
 皆さまからのご注文を心待ちにしております。

----------------------------------------------------------------
エクステリアに役立つ木材の情報を四国・坂出より全国に発信しています







Last updated  2015年04月24日 16時35分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年11月19日
カテゴリ:ウッドフェンス

 そういえば、良くこの樹種だと何年持ちますか?
 という質問をされることがありますが、そう単純な話では無くて、返答に困ることが多いです。

 このお宅は杉材に防腐加工をしたものにバーナーで焼いただけで、無塗装・ノーメンテナンスで8年経過しています。
 さすがに8年経つと、良く見ると多少痛んでいるところはありますが、腐朽菌にやられていたのは、前回紹介した1本だけでした。

141118E
 扉のところは、日当たりが良くて、扉枠以外の材はまだまだ健在でした。
 前回の最後にお見せした、この写真は西面で写真の奥が北です。
 環境的には、一見とてもいいのですが、黄信号がともっている部分を見ると、やはり北側は水の乾きが良くないことが分かります。

 と言うわけで、前回の正解ですが、柱の足元を良く見てください。
 手前の方は黒っぽいのですが、奥の方は白っぽくなっています。
 この写真だと奥から3番目が良く分かるかと思います。

 この柱を裏から撮るとこんな感じ。
141119C
 黒い部分と白い部分が良く分かるかと思います。

 一番奥の柱の裏はこんな感じ。
141119B
 こっちの方が説明にはいい感じになっています。

 白っぽいのは、腐朽菌の影響で、これが酷くなると腐ります。

 とはいえ、まだ木が堅く、すぐにダメになるというレベルではありません。

 写真だと少し分かり辛いですが、緑っぽい部分はコケやカビの生えているところで、ここはまだ腐朽菌にやられていない部分です。

 北側なので地中の水が抜けにくく、今年のように雨が多いと、腐る可能性がありますが、ここは水不足で有名な県ですので、黄信号と言っても、まず放置しておいても5年やそこらでやられることは無いと思うのですけど・・・


-----------------------------------------------------
ウッドデッキの施工(香川県・愛媛県・高知県・徳島県・岡山県・兵庫県・大阪府)のご用命はウッドデッキネットへ







Last updated  2014年11月19日 10時49分31秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年11月18日
カテゴリ:ウッドフェンス
 先週 8年前に施工した焼杉のウッドフェンスの一部手直しをしてきました。

 8年前はこんな感じ>>>。

 8年間無塗装・ノーメンテナンスでこんな感じになっております。
141118A
 焼き色はすっかり褪せているのですが、まだ腐っているところは無くて健在!!!。
 
 と言いたいところなのですが、1本だけやられていました。

141118B
 扉の枠がこんな感じで、ビスが浮いています。
 これでも枠がそれほど垂れておらず、8年前の施工はちゃんとしていたことが分かります。

141118C
 両枠の上を4cm程飛ばして、兆番を補強するために縦枠に材を添えました。

141118D
 上枠の収まりを変えて、横勝ちにしました。
 兆番のビスも長いものに打ち変えて、添えた木に利くようにしています。

 これで補修完了。

 なのですが、なぜこの1本だけがダメだったのでしょうか???

 答えは、収まりを変えたことに有ります。

 ドア枠を縦勝ちにしていたために、小口から水が良く入ります。
 ビスの部分が水たまりになって、ダメになったということで、「構造面」の配慮不足が原因です。

 フェンスを一通り点検しましたが、今すぐ交換すべき個所は扉の枠だけでした。

 でもの写真の中に黄信号を見つけてしまったのですが、さてどこか分かりますでしょうか?

141118E

-----------------------------------------------------
ウッドデッキの施工(香川県・愛媛県・高知県・徳島県・岡山県・兵庫県・大阪府)のご用命はウッドデッキネットへ






Last updated  2014年11月18日 15時06分02秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年07月24日
カテゴリ:ウッドフェンス

 今月は現場仕事はそう多くなくて、比較的のんびりしていました。
 来週の半ばからお盆休み前まではそれなりに混んでいて、やっぱり一番暑い時期に外での作業をしなくてはいけないようなのですが・・・

 明日は公共施設の張り替えの納材や調査にまたまた大阪に行く予定です。
 が、そんな大きな話ではなくても少し改善するとずいぶん良くなったという現場を昨日していました。

140724A
 使っている部材から見てエクステリア関係ではなくて、大工さんが作ったと思われる扉です。
 少し垂れて、開け閉めが大変。
 他の部分の改修と合わせてこの扉の手直しを頼まれました。

 写真だと綺麗に写るのが辛いところ。
 裏の方がより実態に近いですので、こちらも見てください。
140724B
 北側でジメジメしていますので、かなりカビが生えています。
 木材はまだまだ健在ですので、取り替えたのは、取ってに関係した部材のみ。
 あとはビスのマシ締め・打ち増しと、再塗装をしました。


140724C
 どうですか?
 全部新品に変えたみたいにピカピカになりました。

140724D
 大きい・小さいじゃありません。
 いい仕事したら気持ちがいいもんです。
-----------------------------------------------------
ウッドデッキの施工(香川県・高松市)のご用命はウッドデッキネットへ







Last updated  2014年07月24日 15時01分41秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年05月02日
カテゴリ:ウッドフェンス

 明日からゴールデンウィーク後半。
 気候のいいこのタイミングでDIYという人も多いかと思います。
 私は仕事が一段落したので、自宅のウッドデッキを少し拡張しようかと画策をしているところです。

 さて、連休前にいろいろお客様にお問い合わせをいただいているのですが、その中で気になった点にお答えするちょうどいい現場がありましたので、ご紹介をいたします。

 杉桧のウッドフェンスで、ハーフビルド。
 私は柱立てまでを施工して、横板張りと塗装はお客様がDIYをされます。

130502A
 桧防腐加工
 柱は90角 ・ 土台、控えは45x90 ・ 笠木は45x120
 高さは1mです。
 基礎にアンカーを打って、土台敷きをしています。
 このような構造の場合、控えがないと柱はグラグラです。
 柱を1mピッチに入れていますが、柱ピッチをいくら狭くしても横風の対策には効果が見込めません。
 それよりは控えを頑丈に取ることの方が重要になります。

 お客様が塗装をされますので、木口は切りっぱなし。
 控えの木口をアップにしてみました。
140502B
 防腐剤がよく浸透していることがお分かり頂けるでしょうか?
 言葉で言ってもなかなかご理解いただけないかと思いますが、当社で販売している杉桧防腐加工材は、耐久性には自信を持って出荷しています。
 ただ、ここまで薬剤を浸透させるためには「時間」が必要になります。
 ご注文をいただいて、出荷するまでに1か月以上お時間をいただけるようでしたら、自信作の販売ができます。

 但し、ここまで薬剤が浸透をすると、材はずぶぬれです。
 下の写真 防腐加工をしてから何日経っていると思われますか???
 杉防腐加工 16x88です。 これだけ薄い板だと乾くのが早いのはご理解いただけると思います。
 
140502C



 これ実は1か月経過しています。
 柱を立てたのが3月末。
 その後お客様のご都合がなかなかつかないため、4月末まで預かっていました。
 その間材は束にしていましたので、乾燥をしていたのは一番上の1枚だけで、残りの材は1カ月たってもこのようにずぶずぶ。

 写真のように桟を入れて乾かせば、数日である程度乾きます。
140503D
 
 ここで気をつけないといけないのは、再乾燥の過程で材が暴れて反り・ねじれが生じること。
 柱組みで使ったような45mm以上の材はそれほど大きな反りは生じませんが、横板のような薄い板は思いっきり反ります。
 なので、あえて会社では桟干しせずに施工直前でばらして生乾きの状態で施工できるようにしていたのです。

 防腐性能に関しては、自信作ですが、何もかもがパーフェクトなわけではありません。
 こういう作り方を受け入れてくれる人はあまり多くないかと思いますが、日々こんなことを考えながら仕事をしているということをご理解くださいますと幸いです。

 連休は好天に恵まれそうですので、私もDIYの作業頑張ろうと思っています。

-----------------------------------------------------
ウッドフェンスの施工(香川県・愛媛県・高知県・徳島県・岡山県・兵庫県・大阪府)のご用命はウッドデッキネットへ







Last updated  2014年05月02日 08時46分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月30日
カテゴリ:ウッドフェンス
 明日で3月が終り、新年度。
 今年は消費税の増税があるおかげで駆け込み需要が云々・・・ とマスコミでは報道されていますが、私の実感は???
 去年や一昨年の方が遥かに忙しかったように思うのですけど・・・

 といってもさすがに最後の10日くらいはむちゃくちゃなスケジュールになって、17日以降は休みなし。

 大変になっているのは材の販売よりも工事。
 今週は香川県下6箇所(高松市・丸亀市・三豊市)で現場をしていて、毎日3箇所をかけもち。

 特にフェンスとパーゴラのご依頼が多くて、今週を象徴する写真はこの2枚。

140330A
 永遠と穴掘りやセメント練りをしていたイメージが・・・

140330B
 高く足場の悪いところで塗装をしていたイメージも

 そして何より、毎日材の手配や配達に奔走をしていて、机の上は書類が山盛り・・・

 雨が降ると少しだけ机が片付きます。
 まだ明日の仕上げが残っているので、段取りを考えたり、月末の事務処理をしたりと今日もやっぱり目いっぱい仕事をこなさないとだめみたいです。

-----------------------------------------------------
ウッドフェンス、パーゴラの施工はウッドデッキネットへ






Last updated  2014年03月30日 08時21分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月18日
カテゴリ:ウッドフェンス
 来月の話は近づいたときにまたするとして、年末年始に施工していた現場の話をしたいと思います。

 商売繁盛のご利益があるとされ、初詣の参拝客がとても多い八栗寺のすぐそばで仕事をしていました。

140118A
 こういう風に五剣山を見ると手前の田んぼが目立って、のんびり日向ぼっこをしたくなるような風景に映ります。

 この風景から山を切り取れ!!
 というのが2014年最初の指令だったのです。

140118B
 このように3方向を囲う目隠しを作ります。
 材は桧防腐加工90x90 , 45x90 , 45x120
 杉防腐加工 16x87

 これを中からみると・・・
140118C
 湯船から見た五剣山。
 
 見事に風景を切り取ることができました。

-----------------------------------------------------
目隠しetc.の施工(香川県・高松市)はウッドデッキネットへ






Last updated  2014年01月24日 12時41分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月01日
カテゴリ:ウッドフェンス

 今日から11月。
 気合いを入れたいところですが、月末の伝票整理をしたり、地元の仕掛かり工事や未施工の工事の段取りをしたりでいつの間にか1日が終わっているような感じです。

 さて、10月末に取りかかったウッドフェンスが終わりました。
131101A
 イペのウッドフェンスで次の部材を使っています。
 柱、控え柱・・・90x90E4E
 土台、控え・・・40x90E4E
 笠木・・・30x120E4E
 フェンス板・・・11x105E4E(隙間は約9mm)

 131101B
 こちらは扉も施工。
 枠に40x90を使っていますが、後はフェンスと同一部材にしています。

131101C
 横板は、玄関から見て綺麗に見えるような側に張っています。
 片面張りの場合、一般的には外に張るのでしょうが、敷地条件によっては内に張る方が望ましい場合も有りますので、こういうのも有りだと思います。

-----------------------------------------------------
ウッドフェンス工事の施工(香川県・三豊市)のご依頼はウッドデッキネットへ







Last updated  2013年11月01日 16時14分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月08日
テーマ:住宅コラム(1477)
カテゴリ:ウッドフェンス

 高さ1.8mのウッドフェンスは打ち合わせだけしておいて、施工は職人さんに任せました。
120207A

120207B
 
 木材は、全てマサランドゥーバ(マニルカラ)
 柱 70x70 , 45x70
 笠木 30x105
 横板 12x105

 隙間は約10mmです。

 まあプロに任せておくと私は楽ですが、楽しいのはやっぱり自分でインパクトを持った時ですねエ。

 関西の方からの施工のご依頼があれば大工道具を持って直ぐに駆けつけますよ。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ・パーゴラ工事の施工(関西地区)のご依頼はウッドデッキネットへ







Last updated  2012年02月08日 07時58分59秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.