000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ウッドデッキのある風景

全89件 (89件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

公共の施設

2016年06月04日
XML
カテゴリ:公共の施設

これも本当は先月書こうと思っていたことなのですが、いつもの日にいつもの関西空港に行っていました。
その日は土曜でしたので、帰りのバスを1便遅らせて、久しぶりに展望ホールまで足を延ばしてみました。

160604A
あれ?
ヒノキのウッドデッキに塗装をしている。
先日もサンポート高松の件で書きましたが、きちんと補修の費用をかけているのはとてもいいことだと思います。

上から全景を取ってみたのですが・・・
160604B
明らかに張り替えているところもありますね。
メンテナンス直前の状態を見ていないので、どこまで傷んでいたのかがわからないのが残念ですが、重点的に張り替えていた部分はここでした。

160604C
ステップの一番端の材は、どうしても力を入れて、一番角を踏む人が多く、一番ビスが緩みやすい場所です。
その他、動線と思われる部分での張り替えがちらほら見られましたので、やはり構造的に厳しいところが傷みやすいことを再認識させられます。

なにはともあれ、リニューアルから5年目のメンテナンス。
これでまた5年はいい状態が続くものかと思います。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ材の雰囲気や経年変化を見るのは公共施設がいいですね







Last updated  2016年06月04日 19時53分01秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年05月19日
カテゴリ:公共の施設

 いろいろ地元の現場を回ったのですが、ここサンポート高松もずいぶん久しぶり。
160519A
 イペのボードウォークは相変わらずとっても綺麗。
 15年以上経過しているとは思えません。
 
 と言っても数年前に傷んでいる部分を見つけていて、そこを確かめに来たのです。
160519B
 あれ???
 塗装している。
 それもどう見てもつい最近
 
 同じようなステージが3か所あるのですが、もう一つはこちら。
160519B
 いつ塗装をしたのか不明ですが、かなり剥げてます。
 こっちは再塗装しないんでしょうか?

 そして最後がこちら
160519C
 私は無塗装が一番美しく感じるんですけど・・・
 
 ハードウッドは塗装をしてもあまり浸透しませんので、どうしても上の写真のように塗装が飛んでしまいます。
 塗装をするのであればこまめに再塗装をしないと美しさを保てません。
 無塗装であれば、枯れていい感じになります。
 どちらが正解だというものではなくて、最初にどちらが好みなのかをきちんと考えてウッドデッキを作ることが私は成功の近道だと思っています。

 で、最初の話に戻りますが、数年前傷んでいて補修が必要と感じていた部分が上の写真に写っています。
 アップにすると・・・
160519D
 階段で短い材を使ってこれだけ持ち出しちゃダメですよね。
 太いビスを打ち足して補修していましたので、しばらくは大丈夫ではないかと思います。
 こういった補修をしていない現場もよく見ます。
 早いうちだと張り替えしなくてもちょっとした費用で直るのになぁ。
 って思う現場が結構あるんですよね。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ材の雰囲気や経年変化を見るのは公共施設がいいですね







Last updated  2016年05月19日 19時35分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月17日
カテゴリ:公共の施設
一寸先に何が起こるかわからないですが、それだからこそ今を一生懸命生きることがとても重要なのだと感じます。
大震災に合われた方はとても大変な思いをされていることかと思います。 
心よりお見舞いを申し上げます。

今雨が降っていますが、もう九州では上がっているようで、四国もあと数時間。
8時に出発して、最後のたたかいに臨みます。
160417A
予定では9時過ぎにこの辺りを通過するかと思います。
昨日はここから先は事故で通行止めになっていましたが、今日はオールクリア。
あと半日の作業をがんばるだけです。

向かう先は、ココ
160417B
グランドオープンまで6日・ソフトオープンまでわずか3日で、泣いても笑っても今日が最後のたたかいになります。

作っているものはまだご紹介することができませんが雰囲気だけお見せします。
160417C
イペ材を使っていろいろ楽しいものを作っています。
まだ一般のお客様は入っておりませんが、ショップのお姉さん方が憩いの場として使っているのを見て、苦労が報われたことを感じております。

がんばってくれた松山市のN大工さん軍団。
現場の指揮を私の何倍もがんばってくれた大阪市のMさん。
工場での加工を一生懸命してくれた京都のOさん、観音寺市のFさん、仲多度郡のNさん、綾歌郡のBさん。
工場での塗装だけでなく、現場まで出張してくれた高松市のKさん。
総勢20名で仕事をやりきることができました。
本当にありがとうございました。

現場の様子は、お客としてこの場所に再び帰ってきたときにご案内をしたいと思っています。
しばらくは、こちら様子をごらんください。

-----------------------------------------------------
パーゴラの施工(関東・東海・関西・山陽・四国)のことなら様々な施工のご依頼はウッドデッキネットへ 香川県以外も、愛媛県その他近県も直接施工いたします






Last updated  2016年11月29日 14時06分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月03日
カテゴリ:公共の施設

 4月に入ってようやく春らしくなりました。
 3月の後半が肌寒かったせいで遅れていた桜もようやく見ごろになりました。
 って時候の挨拶から入りましたが、私がそれを実感したのは名古屋のホテルでした。
 
 31日の夕方から出張に出たのですが、その時は香川県ではまだ咲き初めで、TVで東京の満開の様子を不思議そうに見ていました。

 高校野球も高松商業の活躍をネットでちらっと見ただけで、TVのニュースも見れませんでしたので皆さんと感動を分かち合うことができませんでした。
 夏こそはぜひライブで見るぞ!!
 
 さて、出張の話を書いても始まらないので、東海地区で私が納品している先の写真をご紹介します。
 そのうちHPで紹介しますが、今日のところは場所も伏せておきます。

160403A
 マリーナの桟橋です。
 これぞビリアン(ウリン)のためにある場所。
 って感じなのですが、細長くってちょっと写真の見栄えがしないのが残念。

160403B
 この角度だとちょっと見栄えが違いますね。
 木材は塩害には強いですので、こういた現場だと金属より長持ちします。
 そのためか、ビスを使わずに施工していました。
 ガタガタしていましたが、もともと安定した場所じゃないのでそれもあまり気になりませんでした。

 隣の砂浜ではみなさん思い思いに楽しんでいました。
160403C
 まだ寒いけど、楽しそうだな・・・

 ってほんのちょっぴりノンビリした週末を過ごさせていただきました。

 4日からは3月にやり残した現場や、見積もりに追われます。
 本当にノンビリできるのは、連休に入ってからでしょうね。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキの施工(愛知県、三重県)のご用命はウッドデッキネットへ







Last updated  2016年04月03日 11時51分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月28日
カテゴリ:公共の施設

 大阪では去年の秋にちょっとした工事をしていましたので、完成後を見に行ってきました。
 天王寺公園のてんしばエリアは大勢の家族連れでにぎわっていて、工事に少しでも参加できたことを誇らしく思いました。

 が・・・
 自分が施工したところは有料で、窓越しになんとか見えましたのでパチリ。
160128A
 うーん。 自分では一番いいところを撮ったつもりなのですが、自己満足というか一体何を撮りたいのか全然わかりませんネ。

気を取り直して、見積もりだけしてノータッチだったところをパチリ。
160128B
 これも一体何を撮りたいのか・・・
 もうここはやめにして、写っている日本一高いビルの展望台にいくとしましょうか。

160128C

 さっきいたところが眼下に見えます。
 360度パノラマでとってもいい景色。
 っていう場合じゃなくてここに来たのはウッドデッキネタのため。
 展望台は60階で地上288m。
 少し下の、58階(278m)に目的の天空庭園があります。

160128D
 これですよ。
 マサランドゥーバのウッドデッキ。
 2年越しにようやく見ることができました。

160128E
 写真で高低差がちょっと伝わりませんが、窓の外は280m下。
 思わず足がすくむ天空庭園のウッドデッキです。

 夜10時までやっていますので、今度はぜひ夜景を見に来たいものです。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ材の雰囲気や経年変化を見るのは公共施設がいいですね







Last updated  2016年06月04日 19時57分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年04月20日
カテゴリ:公共の施設

 ウッドデッキでは主に、外国産の天然木を使用していますが、地元の公共工事になると、ほとんどの案件で、「県産材を使用すること」のしばりを受けます。

 県産材を利用して、色々な提案ができますが、会社の成り立ちを考えると、今回のようなのが最もお手の物。
 と言うことになるのです。

150420A
 角材と丸太を組み合わせたはしご。

150420B
 丸太を組み合わせた階段。

 こう言ったものが、以前はよく出ていたのですが、最近はめっきり減ってしまいました。

150420C
 今回のご依頼はこれだけですが、これでも最近では結構量が多い方になります。

 もっと県産材を振興する手立てを考えないと・・・

----------------------------------------------------------------
エクステリアに役立つ木材の情報を四国・坂出より全国に発信しています







Last updated  2015年04月20日 13時59分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月28日
カテゴリ:公共の施設

 この冬は中途半端な寒さが長続きしたという印象がありますが、それも昨日まで。
 今日からは春本番!! って感じのいい天気になりましたね。

 朝から小歩危峡の近くまで桧材を引き取りに出かけてきました。
150328A
 遠くが少し霞んでいますが、真っ青な空に深緑の吉野川。
 奇岩が美しい小歩危峡です。
 つい先日もここを通ったのですが、その日は寒々としていました。
 今日は水遊びをしたいような衝動に駆られます。

150328B
 宇多津町まで帰ってきたら、桜がいい感じ。
 ゴールドタワーを背景にパチリ。

 そうそう ココにはクマル材のウッドデッキがありましたよね。
150328C
 仕事が無ければ、ココでのんびり過ごしたいところなのですが・・・

 来週は年度替わり。
 事務処理を片づけておかないと、のんびりすることはままならないのが辛いところです。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ材の雰囲気や経年変化を見るのは公共施設がいいですね







Last updated  2015年03月28日 15時21分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月20日
カテゴリ:公共の施設

 寒かった冬もようやく終わりを告げて、急に暖かくなってきました。
 暖かくなると、この列車の出番。

150320A

 今年も明日からの本格運行を前に補修工事をしてきました。
 今回は、結構大きな改修ですが、この写真を見ても何が変わったのか分からないと思います。

 2両で運行しているのですが、もう一両は普通の車両で、雨降りやトロッコに乗れない区間では楽しみが半減していたのです。
 ちなみにこの列車は、朝高松から岡山に行くのですが、高松-坂出と、児島-岡山はトロッコに乗れません。
 折り返しの琴平行きは、岡山-児島間はやはりダメですが、児島-琴平間はトロッコ乗車OK。
 時間帯もありますが、このような事情から4便のうち、琴平往復の2便に人気が集中しています。

 さて、今回の改修で、普通の車両も大改造。
150320B
 私は、本棚と弁当etc.のストック棚を作りました。

 列車の全体像や、ダイヤは、JRのHPにてご確認ください。>>>

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ材の雰囲気や経年変化を見るのは公共施設がいいですね







Last updated  2015年03月20日 11時24分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月03日
カテゴリ:公共の施設
 帰りも大きなボードウォークを通ります。

141003A

 よかった。 ココも補修せずにもっている。

141003B
 水辺のボードウォークで、大半は柱が水中にあるとても良い環境とは言えないデッキです。
 床板は、桧。
 前に来た時に柱はボンゴシってHPで書いているのですが、柱も桧じゃないでしょうか???
 
141003C
 この場所を見たときに、水辺の環境に関してこれまで誤解をしていたのではないか?
 と思いました。

 床板は、水の上は桧なのですが、こういった周りに土や木があるところはイペ。
 単純に水が良くないのではなくて、水を含む土とか落ち葉の方が、ウッドデッキには良くない環境であるということなのでしょうか?

 某公園は、国営ですので、私のようないい加減な考えでなくて、きちんとした指針に基づいて設計されています。
 行く前は、世の流れで天然木材から人工木材に何でも変更をしているのか?
 と思っていましたが、もっと深い考えで、補修をしているようで、浅はかな先入観は帰る頃には吹き飛んでいたのでした。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ材の雰囲気や経年変化を見るのは公共施設がいいですね






Last updated  2014年10月03日 16時40分03秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年10月02日
カテゴリ:公共の施設
 某公園はあまりにも広いです。
 前回紹介した、桧のデッキから人工木材に張り替えられていたデッキまで約1km。
 そこからさらに700mくらい進んだところに今日最初に紹介する場所があります。

141001A
 道路をまたぐイペ材でできた橋を渡ると池を展望する大きな桧のウッドデッキがあるのです。

141002B
 この写真は、2006年7月に撮ったもので、施工から数カ月の状態です。
 あれから8年。
 今はこうなっています。

141002C
 なんと部分補修ではなくて、全面改修。
 下地はボンゴシから、アルミに。
 床板・手すりは桧から、人工木材に変わる予定みたいです。
 世の流れとは言え、天然木材の大きな物件が姿を消すのは、さみしい限りです。

 うーん・・・・
 前回書いたことに反するのですが、桧は8年しか持たなかったのでしょうか???

 遊歩道はこの先200m以上ありますので、先を見てみます。

141002D
 一部だけ塗装がされていますが、大半は無塗装で、見る限り補修が必要な場所は見当たりません。
 8年で全面改修をしている原因は、桧材では無いみたいですね。

 ココから山道を500mほど下って行った所に、2007年に新規に作ったデッキがあります。
141002E
 2007年の写真です。
 当時のブログがあります
 今回もそうですが、検索エンジンに引っかからないように気を使っているのが・・・

 この場所はメインゲートから1.5km以上あるので、大半の人はココにデッキがあることすら知らないのではないでしょうか?

 かく言う私も、この7年一度も近づいたことがなくて、見るまでドキドキ。
141002F
 よかった。
 まだまだ健在で、まだまだ綺麗。
 上から見える部分は、桧です。

141002G
 下部は、イペ。
 さすがに銀白化はしていますが、まだまだ補修の必要はなさそうですね。

 いやあ展望台が8年で全面補修をしているのを見てがっくりしていて、見るのが怖かったのですが、行ってよかったですわ。

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ材の雰囲気や経年変化を見るのは公共施設がいいですね






Last updated  2014年10月02日 11時07分28秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全89件 (89件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.