2328868 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蕎麦アレルギーの木まぐれ日記

蕎麦アレルギーの木まぐれ日記

PR

Profile

蕎麦アレルギー

蕎麦アレルギー

Category

Calendar

Favorite Blog

OLD ASHIBA ベッド… New! くり坊 1号さん

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
イカタロウのぐーた… イカタロウさん
広島eマガジン~縁あ… yoshi-0411さん
【WOODPRO杉足場板専… 足場スタッフさん
2008.06.11
XML
(6/15 11:56 携帯メールにてリアルタイム投稿)

制限時間を1時間残しなんと12時にゴールです。脱水症でフラフラになっていた18歳の彼を抱えてのゴールとなりました。
とにかく疲れた。そして眠たい。


(6/18 深夜追記)

ゴールまで残り4kmあたりで寄り道しながら写真を撮っていたらSさんと再会した。相当に重症のようで足を引きずっていた。途中でも幾度も抜きつ抜かれつで、そのたびに声を掛け合い励まし合ってきた同志である。いっしょにゴールしようと思い、彼のペースに合わせてあれこれ世間話をしながらゴールを目指した。

そして、のこり1kmというところで今度はフラフラとダッチロールしながら歩いている若者に追いついた。声をかけてもなんだか意識が朦朧としているようだったので、すぐさまサポートを呼んで水を持って来てもらった。日陰でしばし休んで「ゴールするか?」と聞くと首を縦に振る。しかし、どう見ても一人では歩けそうにない。結局サポートの方と二人で両脇を抱えて、ゴールまで支えて歩いた。
今思うとこれが一番しんどかった。普段使わない筋肉(背中の筋肉)を使ったせいか、足はすぐに回復したが、背中は今頃になって筋肉痛になっている。

でも最後にサポートもできて気分的には充実、より実りある思い出の100kmウォークとなった。

100キロに参加するのも、サポートするのも、それなりに大変だが、これを主催されている空知単板さんの皆さんには本当に頭が下がる思いである。
前夜祭から始まり、大会終了後の夜まで全力投球の熱いおもてなしに感動しました。
「単板は薄いが情は厚い」さすがです(^_^;) 本当にお世話になりました。






Last updated  2008.06.19 02:57:29
コメント(3) | コメントを書く
[趣味の100kmウォーク] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.