1919389 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蕎麦アレルギーの木まぐれ日記

PR

Profile


蕎麦アレルギー

Category

Calendar

Favorite Blog

OLD ASHIBA(杉足場… New! くり坊 1号さん

グランピング会場で … 足場スタッフさん

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
イカタロウのぐーた… イカタロウさん
広島eマガジン~縁あ… yoshi-0411さん
2015.04.14
XML
IMG_6980.jpg

「アメリカンワイルドな足場板を使ってみないか?」

日本の足場板にこだわっているWOODPROですが、2014年の夏休みにPORTLANDに遊びに行った時に何気に歩いていて味わい深い足場板を見つけてしまいました…まぁ職業病ですね(笑)

いろいろなタイプの足場板がある中でも、この無垢の一枚板の足場板にはやはり力があります。日本の杉は柔らかく繊細ですが、米国の足場板は原材料がイエローパインという比重の高い丈夫な針葉樹を使っており、日本の杉と比べると格段に重くて丈夫にできています。人間の体もそうですが、やはり足場板の材種も同様にガタイが違います。

日本には適材適所という言葉が古くからあります。「適した材を適した所に使う」という木使いが気遣いにもつながり、いかにも日本的ですね。
日本のインテリアも暮らし方の多様化によって変化している中、人気の古材の選択肢の一つに、この米国の足場板の風合いもきっと生かされる場面があると思い、自称「杉足場板の伝道師」が、この度「ASHIBA Hunter」となって、北米からこの足場板をひっぱってきました(^o^)

数年前より、トライアルとして欧州からの足場板も取り扱ってみましたが、素材の耐久性と、取り扱い易さ、継続性、コストパフォーマンス等々を総合的に検討し、WOODPROとしては欧州から米国産の足場板に切り替えることとしました。

日本では初お目見えで認知されていない足場板ですが、この力強さは内装材にとどまらず、棚板や家具什器などにご利用いただくと、より空間が引き立つのではと思っています。そんな訳で今日本でも大人気のPORTLANDの港から持ち帰ってきたワイルドな足場板を使ってみませんか?

0.1.jpeg0.2.jpg
0.3.jpg0.4.jpg

------------------------------------------------------------
モニター販売品
【米国足場板】パイン(古材) 長さ3660×幅235×厚38mm 
1枚入/セット(0.86平米)  税抜き 8,000円/セット(約9,300円/平米)

【米国足場板】パイン(古材) 長さ1830×幅235×厚38mm 
2枚入/セット(0.86平米)  税抜き 7,000円/セット(約8,140円/平米)

(共に送料込み ※沖縄、離島は別途お問い合わせ下さい)

------------------------------------------------------------

※表示寸法は現地の規格寸法ですが、実際の寸法は長さ方向で+-10mm程度、幅方向で+-5mm程度、厚み方向で+-1mm程度の誤差があります。

※お願い
上記商品は全て買い物カゴは用意してありません。
窓口対応商品となりますので、ご希望のお客様は直接担当窓口へご相談ください。
電話:0829-74-3716 FAX:0829-74-3715
Mail:woodpro_shopinfo@ashiba21.com  高畑(こうはた)まで



以下、商品写真ですが、ご覧の通り無垢の一枚板だけに個体差があります。
まとまったご注文の場合は、まさに適材適所に使い分けをしていただければと思いますが、少量をお求めの場合は、その辺りのリスクを考慮してご利用ください。

01.jpg
端っこの木口部分も長年の使用で角が取れたものが多くあります。歴史を感じさせてくれるこのダメージ部分は日本の足場板のように切り落とさず、敢えてそのままお届けします。

02.jpg
POA、その他いろいろな文字が刻印されているものも多くあります。

03.jpg
端部から10~20センチのところに、木口割れ防止を目的とした鉄筋のようなものが埋め込まれています。これは切り落とさない限り、どうにも取れません。

03_02.jpg
鉄筋埋め込み部分のアップです。
板をカットする場合には注意してください。(刃が確実にこぼれ落ちます!)

IMG_1271.jpg
長さ3660mmの場合は、両端の鉄筋を切り落とすと、このようにパックリと割れてしまう場合がありますのでご注意ください。

04.jpg
見ての通り、表面はかなり粗くなっています。新品のイエローパインがここまで風化するには相当な年月が必要となります。

05.jpg
ラフでワイルドな素材ですが、輸入後に弊社工場にてしっかりと洗浄してありますので、これをベースにサンディングしたり、磨き込んだり、着色したり、ワックス塗ったり、いろいろな使い方が楽しめます。それでも日本の杉足場板と比べると格段に粗い仕上がりです。

06.jpg
量が多いと配送が課題となりますが、長さ3660mmのままもご利用いただきたく、敢えてカットせずにそのままご提供できるようにしてみました。

07.jpg
見ての通り、端部は痛みが激しく、同じものが二つとありません。

08.jpg
長手方向に向かっての割れはイエローパイン(古材)の特徴のひとつです。

09.jpg
中には希にこのような現場で付いたダメージ(切り加工跡)があったりします。

10.jpg
部分的にパックリと欠落した板もあります。

11.jpg
長さ3660mmの状態をこの方向から見ると、明らかに横反りした板も希にありますが、それらは長さ1/2カットしてご提供しています。更に激しい反りの場合は、長さ100mmにカットしてサンプルとして再利用しています。

12.jpg
日本の足場板と違って、思いのほかペンキ付着が少ないです。

13.jpg
タッカーという大きなホッチキス針のような金具が付着したのも希にあります。

14.jpg
------------------------------------------------------------
モニター販売品
【米国足場板】パイン(古材) 長さ3660×幅235×厚38mm 
1枚入/セット(0.86平米)  税抜き 8,000円/セット(約9,300円/平米)
(送料込み ※沖縄、離島は別途お問い合わせ下さい)

------------------------------------------------------------

15.jpg
16.jpg 17.jpg
(長さ3660mmの元板を長さ半分にカットしたサイズですので、片側が木口面(角突き防止のために斜めカットされた状態)で、その反対側が切断面となります。)
------------------------------------------------------------
モニター販売品
【米国足場板】パイン(古材) 長さ1830×幅235×厚38mm 
2枚入/セット(0.86平米)  税抜き 7,000円/セット(約8,140円/平米)
(送料込み ※沖縄、離島は別途お問い合わせ下さい)

------------------------------------------------------------


尚、個体差の激しいグレード(キャラクターグレード)は、現物を確認してお買い求めいただける地元広島のショールームストア WOODPRO Shop & Cafe にて、実際に手に取ってお好みの板をお買い求めいただけます。
------------------------------------------------------------
ショップ限定販売品
【米国足場板】パイン(古材) 長さ1830×幅235×厚38mm 
1枚バラ売り(0.43平米)  税抜き 3,000円/枚(約6,980円/平米)

(店頭持ち帰り価格  ※宅配配送ご希望の方はショップ担当へお問い合わせ下さい)

------------------------------------------------------------


※参考
米国の足場板を探し求めて2015/04/15~22まで、北米大陸へ視察に行ってきました!
2015.04.24 米国古材事情&足場板事情


※使用例のご紹介
IMG_1430.jpgIMG_1435.jpg
IMG_1436.jpgIMG_1508.jpg
撮影協力:Birth design
什器製作:相談家具屋






Last updated  2015.09.25 08:28:01
コメント(0) | コメントを書く
[アジのある杉足場板NEWS] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.