1864014 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蕎麦アレルギーの木まぐれ日記

PR

Profile


蕎麦アレルギー

Category

Calendar

Favorite Blog

熱海 MOA美術館に行く New! くり坊 1号さん

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
イカタロウのぐーた… イカタロウさん
広島eマガジン~縁あ… yoshi-0411さん
【WOODPRO杉足場板専… 足場スタッフさん
2017.07.10
XML
岡山と鳥取の県境の小さな町に木工房ようびという家具工房がありました。
縁あって数年前にそこを訪れ、日本の桧を使って繊細な家具を作っている大島さん達の活動に感銘を受けました。その一番の理由は日本の針葉樹を使った家具作りに挑んでいたからです。基本的に針葉樹は柔らかいという特性があだとなって繊細なデザインを必要とする家具にはあまり使われていません。ないことはないんですが、強度が出ない分、どうしてもごっつくなって野暮ったい感じになってしまうのが常でした。WOODPROは日本の杉を使った豊かな暮らしをテーマに同様に家具を作っています。そういう意味で同志なんです。外国産の原材料や国産の広葉樹が中心の家具業界の中で、日本のDNAともいうべき針葉樹の杉や桧を使ったモノづくりの可能性を共に追求していく同志なんです。

そんな「ようび」さんの工房が2016年の1月末の未明、不幸にも全焼してしまいました。
まもなく友人からそれを知ることとなったのが、彼らのものづくりを勝手に応援するプロジェクト「まけるな、ようび、あいしてる」でした。この写真を見たときに衝撃は今でも忘れられません。


プロジェクトは彼らの家具を買って応援するというものでしたが、同じものづくりに挑戦している同志を支援するためにWOODPROとして何か出来ることはないのかと考えました。(実はWOODPROもちょうど20年前に火災ではなく水害で同様の試練があったので、余計に他人事ではありませんでした。ようびの火を消してはいけない、そう思いました。)
そして我々が縁あって京都の東本願寺からレスキューしてきた合板の足場板を新しく立て直す工房にご利用いただくこととなったのです。

人を支える足場板、折れない、滑らない、長い木(長生き)と何かと縁起のいい足場板ですが、更に東本願寺でずっとご利用いただいていたというお墨付き、ご利益がありそうな予感のする足場板です(^^)v

そして、このたび復興再建のための新たな工房づくり「みんなでつくるツギテプロジェクト」がスタートしました。

こちらは業界人しか読まない最近の日刊木材新聞の記事です。


このツギテぷろジェクトはみんなでつくる参加式のワークショップということで、さっそく私と相棒と長男とで先遣隊として行ってきました。当面6~8月は5500本というとてつもない数の杉構造材を丸鋸とノミとトンカチでひたすら刻む(加工する)というものです。
その時のレポートはこちらのFacebookでご覧ください。

次回は8月にWOODPROとレインボー倉庫で有志を募って広島から乗用車で乗り合わせて参加したいなって考えております。(日帰り、または1泊2日)
作業そのものはスタッフのご配慮により、安全にそして何よりたくさんの汗と共に充実感と達成感が味わえます。なかなかできない体験です。

ご興味のある方はぜひ一緒に汗を流しましょう(^O^)
日程は改めてご連絡させていただきます。

ワークショップの概要はこちらの画像をクリック!



7/9の夜にいただいたようびさんからのメッセージです!

皆さんからいただいたメッセージを
大切に見返しながら、日々、ようびは前進しています!

さて、フェイスブックなどではお伝えしていたのですが、
ついに、木材の加工が始まりました!
その数、5500本!!
よ、予定より多い!!



当初、プレカットと呼ばれる大型工場で加工することも検討していたのですが、
諸事情あり、思い切って、自分たちで加工することにいたしました!
結果としては、とてもとても ようび らしい選択になったと思いますし、
何より、これからの時代に「人がつくる」ことを問う建物になると思います。

モノを機械作るようになったから生まれた「ハンドメイド」
農薬を使うことが当たり前になったからこその「自然栽培」
海外生産が標準になったからの「メイドインジャパン」
AIがほとんどのモノづくりを担う時代が来ると思います。
その時代にこそ、いま、人がつくることに価値がある。

このプロジェクトを通して、私たちは
そのことに、名前をつけて、皆さんと共有していきたいです。
失われてから名づけるのではなく、今から、その価値を見出したいから。

ツギテプロジェクトでは、
共に考え、ともに作ってくださる
サポーターを募集しております。

今月は、柱に三方格子のための欠取をする作業をしています。
家具職人の渡辺と齋藤が、慣れない大工仕事に奮闘中。
二人が、柱に丸鋸で切り込みを入れたものを、
バールやノミで仕上げていただく作業で、初めての方や女性でも大丈夫です。

木曜日をお休みにして、土日も作業をしておりますので、
社会人の方にもご参加いただけます!
お昼ご飯は、ようびみんなと食べる「ようびめし」
WOODPROさんご提供の大きな足場板テーブルを皆で囲みましょう。
長期滞在をご希望の方には、宿泊の手配もさせていただきます。





「まけるな、ようび、あいしてる」(買って応援!ECサイト)
http://youbiloved.thebase.in/

「まけるな、ようび、あいしてる」(FBサイト)
https://www.facebook.com/youbiloved/


最後になりましたが、九州北部豪雨災害にて被災された皆様には
心より、お見舞い申し上げます。






Last updated  2017.07.10 01:56:34
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.