1212253 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Napping of Woog

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


Woogさん

ロックが好き♡

フォローする

Calendar

Category

Favorite Blog

サテンの夜 / The Mo… New! DJロマネスクさん

Junk Style 別館 J12さん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
ミジンコ8 mijinco8さん
英語日記・英語学習… kai*さん

Comments

 デボラ@ Re:多彩なるスウェーデン〜ヨーロピアン・ロック・フェス 2013〜(01/16) Woogさん、レポートありがとうございます…
 Woog@ Re[1]:ギャルメット(05/16) >くまおやGさん コメント、ありがとう…
 くまおやG@ Re:ギャルメット(05/16) 最前のど真ん中で頭振ってたオヤジです。…
 Woog@ Re[1]:明けましたね(01/01) sin@横浜さん 風邪ですか。 どうぞ、…

Recent Posts

Archives

2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12

Freepage List

2009.09.23
XML
カテゴリ:prog rock
                     初めて来ていただいた方に


 憧れのGentle Giant。。。

Gentle Giant

 彼らを知ったのはジェネシス・ファンクラブで
 いろんなミュージシャンの映像を流していた時で
 いかついボーカルと高度なテクニックが印象的でした。

 どんなきっかけでアルバムを買ったのかは
 全然覚えていません
 ただ、あんな田舎町にもジェントル・ジャイアントの
 『Octopus』や『Free Hand』が売ってた古き良き時代。
    ぼくの田舎は和歌山県の海辺の町で、当時、人口65000人くらいでした   

 東京に出てきて、憧れのバンドのコンサートには行けるようになりました
 ジェネシス、クリムゾン、イエス、UK、PFM、バンコなどなど
 でも、ジェントル・ジャイアントを生で見られるなどとは
 夢のまた夢で、、、

 しかし、今回、全員ではありませんが
 彼らがThree Friendsとして来日することになったのです。

Three Friends

 4回ステージがありましたが、さすがにこの値段では全部行かれない
 20日と21日の昼間の公演を予約しました
 座れる自由席で、整理番号は20日が3番
 21日が1番という気合いの入れよう(笑)

 20日はカウンターがある2階席の真ん中の一番前に
 21日は1階の真ん中の数列後ろに座りました
    1階は立ち見、2階は座席という話だったのですが
    たぶんそれほど売れなかったので椅子を入れたのでしょう

 やっぱりぼくにとっての初日、20日は感動でした
 席を確保した後、ドリンクチケットで生ビールをもらい
 トイレを探しました。

 間違えて楽屋の方に行ってしまうと
 そこに一人のおじさんがニコニコしながら立っていたので
Are you a staff of Three Friends?
Or a member of ...

 と問いかけると、返ってきた言葉は
Yes. I'm Gary Green.
 鳥肌が立ちました。
    ちなみにa staffという言い方は正しくありません
    the staffと言うべきでした(>_<)

30年間あなたのファンだった
会えてとてもうれしい
今日のステージを本当に楽しみにしています。

 
 と緊張しながらなんとか言うと
ぼくも楽しみにしているよ
 と、きさくで愛想の良いGaryは答えてくれました。
    Garyはイギリスでは「ガリー」と発音されます

 それから、演奏が終わるまで、涙したファンも少なくなかったのですが
 ぼくはずっとニコニコというかニヤニヤしていました
 思わず笑みがこぼれる。


 20日昼のセットリストは:

01. Prologue (Three Friends)
02. Playing The Game (The Power and the Glory)
03. The Advent Of Panurge (Octopus)
04. I Lost My Head (Interview)
05. Pantagruel's Nativity (Acquiring The Taste)
06. Just The Same (Free Hand)
07. Empty City (Interview)
08. Think Of Me With Kindness (Octopus)
09. The Boys In The Band (Octopus)
10. His Last Voyage (Free Hand)
11. The House, The Street, The Room (Acquiring The Taste)
12. School Days (Three Friends)
13. Master Class And Quality~Three Friends (Three Friends)

アンコール
14. Free Hand (Free Hand)
15. Peel The Paint (Three Friends)

Civilian

 21日のセットリストはこちら↓

01. Prologue (Three Friends)
02. Playing The Game (The Power and the Glory)
03. The Advent Of Panurge (Octopus)
04. I Lost My Head (Interview)
05. Pantagruel's Nativity (Acquiring The Taste)
06. Just The Same (Free Hand)
07. Empty City (Interview)
08. Think Of Me With Kindness (Octopus)
09. The House, The Street, The Room (Acquiring The Taste)
10. The Boys In The Band (Octopus)
11. His Last Voyage (Free Hand)
12. In A Glass House (In A Glass House)
13. Schooldays (Three Friends)
14. Free Hand (Free Hand)
15. Mister Class & Quality (Three Friends)

アンコール
16. Giant (Gentle Giant)
17. Peel The Paint (Three Friends)

In a Glass House

 曲名の後の( )は収録アルバムです
 Gentle Giantがライブでやったことのない曲もいくつかあります
 感激したのはケリーが歌う、美しくて優しい別れの曲
 Think Of Me With Kindness

Octopus

 彼はコーラスには参加していましたが
 リードボーカルを取ったのはこの曲だけです
 せめてHis Last Voyageも歌って欲しかったな。

Free Hand


 演奏は20日のほうがよかったです
 21日は、みなさん、さすがに疲れていたようで
 ガリーもケリーもミスがちょこちょこ
 ボーカルの声も少しハスキーになり、声量も落ちていました。

 Three Friendsに関しては、また書かせていただきます
 20日の夜に、彼らのファン・イヴェントに参加したので
 そのレポートと一緒に、またいろいろと。
 
 
Three Friendsはボーカル、ギター2人、ベース、キーボード2人とドラムの7人編成
これは日本公演での写真
写真の右端がケリー、真ん中がガリーです。
Three Friends




バナー





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009.09.27 00:04:12
コメント(0) | コメントを書く
[prog rock] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.