000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

8割ノンフィクションベンチャー起業家の仕事日記

PR

日記/記事の投稿

フリーページ

2004年09月21日
XML
何気なく、夕方の日経新聞を読んでいたら、テレビ欄の下にガイア
の夜明け
の広告が掲載されていました。普段、テレビを見ないので、
テレビ欄を見ることはないのですが不思議と目をひいたのです。

「熱血!営業マン伝説 ~売る"極意"教えます~」

タイトルでしょうね。タイトルが良かったから、僕の目にとまった
のでしょう。

モノやサービスが売れないことには、会社が駄目になりますからね。
営業はとても大切です。自分の会社のことを考えると、関心のある
分野です。

売る極意が何なのか、ワクワクしながらテレビをつけました。

へぇ~、ほぉ~と、次々登場する営業マンに感心しました。営業請
負人であるセールスレップと呼ばれる営業マン、生命保険や家電販
売店の営業マン、それぞれが異なる分野で活躍しておられました。

中でも目をひいたのは、住宅1000棟を売った伝説の営業マンで
ある積水ハウスの田中敏則氏の存在です。何度か雑誌で拝見したこ
とがあったのですが、テレビで見かけるのは初めてでした。

見た感じは、腰が低くて・・・ひょっとしたら、この人、大丈夫か
な?と思わせるような印象を与える人でした(失礼)。実際に、田中
氏から家を購入された方も、「普段はぼんやりしている印象があ
る」とおっしゃっていました。

ただ、その後、続く言葉があるのです。「何気ない行動に温かみが
ある」という言葉です。

きっと、田中氏は自然体でお客様に気配りできるのでしょうね。だ
から、お客様は田中氏に気を使うことなく、その温かさや気配りに
感動できるのでしょう。

気取らない気配り。そのような気配りができるようになりたいもの
です。

でも、田中氏は、いつでもお客様の所へ行けるよう、休日の日はワ
イシャツで過ごし、24時間対応でお客様と接しているそうです。な
かなか、真似できないですよね。

―本日の学び――――――――――――――――――――――――

 お客様に気を使わせない、気取らない気配りを身につけよう!

――――――――――――――――――――――――――――――






最終更新日  2004年09月22日 07時24分39秒
コメント(12) | コメントを書く
[自己啓発のための勉強日記] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.