000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

8割ノンフィクションベンチャー起業家の仕事日記

PR

日記/記事の投稿

フリーページ

2004年11月29日
XML
新聞で、代理店募集の広告をよく見かけますよね。自社商品(医療
管理ソフトウェア)の代理店募集の営業に行ってきました。

商品の販売というと、大きく分けて2つしかありません。直接販売
と間接販売です・・・って当たり前か。

最近まで知りませんでしたが、間接販売には、いろいろな種類があ
ります。

代理店制度、販売店制度、取次店制度等々(もしかしたら、もっと
種類があるのかもしれません)。

全国各地で商品を売ろうと思うと、すべてを直接販売することは不
可能です。

地方によって文化や特性が違うでしょうからね。東京のお客様に販
売するときは東京の、北海道のお客様に販売するときは北海道の営
業マンに頼んだほうが、絶対に効率がよいです。

ただ、ここで問題になるのは、間接販売してくれる店がどこまで商
品知識を持っているかということです。

商品知識のレベルに応じて、どの制度で契約するかが変わってきま
す。

代理店制度の場合は、代理店は営業活動を活動を行うだけで、商品
売買は僕達の会社とお客様の契約となります。

販売店制度の場合は、販売店が商品を購入し、それをお客様に転売
するという契約になります。

取次店制度の場合は、取次店は営業をしません。商品を購入したい
という見込客を紹介してくれるだけです。


当然、取次店だと、商品に興味のある人を紹介してもらうだけなの
で、代理店や販売店ほど商品知識を必要としません。

どこに代理店になってもらうか、取次店になってもらうか・・・ま
るで、パズルのようです。

当然ですが販売網の構築は大変です。いかにして商品を売れる仕組
みを作るか、知恵熱が出るぐらい考え抜かないといけませんね。

―本日の学び――――――――――――――――――――――――

 商品開発も大切だけど、売れる仕組みも、もっと大切である!

――――――――――――――――――――――――――――――




売る仕組みを考えて、考えて、考え抜いたブログが集結しています。






最終更新日  2004年11月29日 23時35分20秒
コメント(2) | コメントを書く
[ベンチャー起業家の仕事日記] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.