554230 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

8割ノンフィクションベンチャー起業家の仕事日記

PR

日記/記事の投稿

フリーページ

2004年12月20日
XML
最近、いかにして儲けるかについて、焦点をあてて情報収集してい
ます。

何をしたいのか明確にすると、次から次へと目的に沿った情報を集
めることができます。

儲けに関する情報で、少し視点が変わった本に出会いました。

一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト」です。

一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト 小予算で簡単にできる感情価格決定法 著者: 主藤孝司 /神田昌典 出版社:ダイヤモンド社

儲けるということは、利益を生み出すということです。

利益 = 収入 - 支出

利益を生み出すために、支出を減らすことは、いろいろなブログで
見かける人気のテーマです。特に、主婦の方が、節約に関すること
について書かれているケースもありますよね(支出とは少し違うか
もしれませんけど)。

でも、ビジネス系のブログでは、収入を上げることを中心に書かれ
ています。特に、収入を分解して、数量に注目して書かれています
よね。

収入 = 単価 × 数量

マーケティングの本が流行っていますが、これはすべてお客様の増
やし方。つまり数量に注目したものです。

でも、先ほど紹介した本に書かれていることは、単価を上げること
に注目して書かれています。

高い単価で売ることができるにもかかわらず、低いままの単価で売
ることは、その分だけ経費があるのと同じだと述べられています。。

普段、取り扱っている商品の販売価格について、深く考えていなか
ったので、とても新鮮な感じがしました。

本当に、今、取り扱っている商品が適正な価格になっているのか、
値上げできる余地がないのか考えてみる必要がありますね。

―本日の学び――――――――――――――――――――――――

 儲けるためには、数量だけでなく単価の増やし方も研究しよう!

――――――――――――――――――――――――――――――




単価よりも、まずはお客様を増やすことが大切だという方はこちらをクリックしていただくと、とても参考になるはずです。






最終更新日  2004年12月21日 06時59分17秒
コメント(12) | コメントを書く
[ベンチャー起業家の仕事日記] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   japantn さん
>実はこの本のアンケート部分が営業に使えるかもと思い購入しました。

なるほど。今読み返してみましたが、自分で市場調査しちゃうという発想ですね。安くて、正確な調査が工夫しだいでできるわけですね。 (2004年12月21日 20時13分56秒)

 Re:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   TKCV さん
売上向上に焦点を絞って体系化している経営戦略がありますよ。
それは「ランチェスター戦略」です。
よろしくね(^^) (2004年12月21日 23時21分02秒)

 Re:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   selfbrand さん
数日前に、この本を読み返していました。シンクロですね。(^_-)-☆

この本はとても分かりやすくまとめてありますよね。

以前、アメリカに進出する時に、価格リサーチをする必要があり、同じようなリサーチを行った経験があったので、この本を読んだとき、共感することができました。
(2004年12月21日 23時57分26秒)

 Re:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   わくわく事務長 さん
BOKU笑太郎さん、おはようございますっ!
いやぁ~、寒いですねぇ、そちらも寒いですか?

 病院にあてはめて振り返ってみると、

「単価」は、より高い基準・加算の算定や在院日数の短縮、そのためのハード・ソフト面の整備

「数量」は外来・入院・健診等の患者様の増加

「支出」人件費・水光熱費等様々な支出の圧縮、相見積り

 ということになりますね。
私はかなり考えてやっているつもりです。つもりでしたが・・・

 支出の圧縮で、うちのドクターの提案を思い出しました。
 事務職員のほうで、いろいろな業者から見積を取って、品質がある程度のレベルでどこが安いかいろいろ試していたところ、そのドクター「楽天が一番安いよ!」と一言。

 日頃楽天を利用しているのに、楽天で探すことのを思いつきませんでした。
 
 そもそも楽天で売っているわけがない、という先入観がありました。反省。

 しかし、何でも売っているものですねぇ。(さすがにCTとかMRIはないでしょうけど。(^^;))

(2004年12月22日 03時28分09秒)

 単価について   デミアン さん
「単価」の設定は非常に難しいですね。

自分がドコモショップに勤務したいた頃の
話ですが、毎月、新規契約台数の厳しいノ
ルマがありました。
まず、これを達成しないことには何もはじ
まらないのです。ですから、営業会議では
もっぱら新規契約獲得数の話ばかりでした。

「数量」を達成してはじめて「利益」が問題
にされました。

「数量」を獲得するためには、どうしても「単
価」を安くすることが必要でした。事実、トッ
プレベルを維持しているショップは、それなり
に安くして販売しています。

中には、「数量」はたいしたことはなくても、
「単価」を上げて利益を確保しているショップ
もありましたが、いくら利益を出しても、「数
量」を確保しないと、まったくドコモは評価し
てくれないのです。下手をしたら、ドコモショ
ップの運営を止めさせられたりします。

業界によって違うと思いますが、儲かっていれ
ばOKとはいかないのが、携帯電話業界です。

ただ、単価を上げるために絶対必要なのは、お
客様の「信用」や「安心感」だと思います。そ
れがしっかり構築できれば、ある程度の「数量」
を確保することは可能かと思います。

でもそれって簡単ではないですよね。扱っている
商品が同じなら、安い方を選ぶのが普通だと思い
ますから。

半端な知識や努力では、ダメだということですね。 (2004年12月22日 10時28分37秒)

 Re[1]:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   BOKU笑太郎 さん
japantnさんへ
おっしゃるとおりです。
一石二鳥!! (2004年12月22日 14時17分41秒)

 Re[1]:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   BOKU笑太郎 さん
TKCVさんへ
本格的にランチェスターの勉強はしたことないので、また教えてくださいね~ (2004年12月22日 14時19分10秒)

 Re[1]:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   BOKU笑太郎 さん
selfbrandさんへ
アメリカに進出する・・・そんなこともされていたんですか?
やりますね~
また、おもしろそ~なので、話をお聞かせください。 (2004年12月22日 14時20分19秒)

 Re[1]:一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトからヒントを得る!(12/20)   BOKU笑太郎 さん
わくわく事務長さんへ
こんにちわ。
寒いですけど、事務長さんのところほど寒くはないように思いますよ。

それにしても、盲点ですね。楽天が一番安いとは。
灯台もと暗しというやつですね。

常に探し物は目の前にあって、近すぎて見えないものなのかもしれませんね。 (2004年12月22日 14時24分20秒)

 Re:単価について(12/20)   BOKU笑太郎 さん
デミアンさんへ
この本で書いてありましたが、
単に安く売るだけなら
将来的に人はいらなくなります。

付加価値をつけて、
値段が高くても納得のできる
サービスをしていきたいですね。

日々勉強です。 (2004年12月22日 14時26分32秒)

 Re[1]:単価について(12/20)   デミアン さん
>単に安く売るだけなら
>将来的に人はいらなくなります。

そうなんですよねぇ。僕も単価について、
社長とかなりやり合った経験があります。

僕も過剰な安売りには反対の立場です。
でも社長は、「高くしたら売れない!」
の一点張りでした。

「試験的に期日を定めて値上げしてみて
は?」と言ってもダメでしたね。

都会は知りませんけど、東北のケータイ
ショップはほとんどが赤字経営です。

過剰な安売り競争の結果だと思います。

今後はまさに「付加価値」がキーワード
になるでしょう。 (2004年12月22日 14時53分26秒)

 Re[2]:単価について(12/20)   BOKU笑太郎 さん
デミアンさんへ
そうですね。
付加価値。
がんばって、付加価値つけないとダメですね。 (2004年12月23日 12時49分05秒)


© Rakuten Group, Inc.