2004年11月14日

戸野竜秀さんが暴行障害事件に遭われた場所を通る!

(8)
本日、梅田(大阪)に行っていたのですが、起業WEB管理人の戸野
竜秀さんが、暴行障害事件に遭われた場所を通りました。

深夜2時とはいえ、新御堂筋という大きな道で、しかも、朝まで営
業しているTSUTAYA(レンタルCD&DVD屋)の近くの明るい場所で、
若者2人にからまれたんですね。

僕も何度か深夜に、飲んで帰るときに、タクシーを拾うために同じ
道を通っています。怖い事件です。

彼とは直接面識はないのですが、ホームページを見て志の高い方だ
と感じていました。

・・・で、事件があった場所で、ふと思い出したことがあります。

死に直面した吉田松陰が牢獄で書いた「留魂録」の文章です。

吉田松陰留魂録

「今日死を決するのは安心は四時の循環に於て得る所あり。」とい
う文章で始まる章です。この文章は、どのような人生であっても、
四季は備わっていて、花を咲かせ、実をつけているという文章に続
きます。

ご存知の通り、吉田松陰の、志の実は、明治維新につながる、歴史
を動かすほどの大きな実でした。

吉田松陰の同志が、彼のまいた志の種子を大切に受け継いだからこ
そできたことなのでしょう。

そう考えると、今回の事件を風化させず、一人でも多くの人に知っ
てもらうことは非常に大切なことなのでしょうね。

―本日の学び――――――――――――――――――――――――

 自分のできる範囲で語り継ぐことが大切である!

――――――――――――――――――――――――――――――




ご冥福をお祈り申し上げます。
事件の詳細はこちらをクリック!




今、仕事をするときに役立つ!と話題のブログはここでチェックができます。





TWITTER

最終更新日  2004年11月15日 01時41分36秒
コメント(8) | コメントを書く
[ベンチャー起業家の仕事日記] カテゴリの最新記事