2004年12月16日

エスキモーが氷を買うときから売り込みの大切さを学ぶ!

(14)
常識破りのマーケティングで有名な、「エスキモーが氷を買うとき
―奇跡のマーケティング
」という本があります。

エスキモーが氷を買うとき 奇跡のマーケティング 著者: ジョン・スポールストラ /宮本喜一 出版社:きこ書房

この本の中で、1日1回、商品の売り込みをすることが大切だという
ことが書かれています。

確かに、その通りだな~と思います。

会社は儲けなければいけないという原点を、思い出させてくれるか
らです。

提案書や資料作成に没頭していると、当初の目的を忘れて、"作成
すること"が目的になってしまうことがあります。

でも、売り込み・・・手っ取り早く、飛び込み営業をすると、「そ
うだ、そうだ、この資料作成は最終的に利益を出すためにやってい
たんだ!」ということを思い出させてくれます。

そうすると、強制的に仕事の優先順位を決めることができるんです
よね~。

「飛び込み営業って効率悪いよな~」と思っていましたが、やり方
によっては良い面もあります。

なんといっても、体一つで飛び込み営業できますから。

現場の情報収集には、現場での営業が欠かせませんね。

いつまでも、この感覚を忘れないために、1日の仕事の中で売り込
みをする時間を作ることを習慣化します。

・・・ちなみに、ここで書いてある「売り込み」は、単純にお客様
に「買ってくれ~」とお願いすることではないのでご注意を!

―本日の学び――――――――――――――――――――――――

 1日1売り込みで、お客様を意識した行動ができるようになろう!

――――――――――――――――――――――――――――――




マーケティングの基礎を無料で学ぶことができます。



エスキモーに氷を売る
エスキモーに氷を売る
読めば魅力のない商品が売れるかも?





TWITTER

最終更新日  2004年12月17日 11時12分53秒
コメント(14) | コメントを書く
[自己啓発のための勉強日記] カテゴリの最新記事