世界の論点・日本の論点

全1273件 (1273件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

2021.09.15
XML
バイデン大統領は9月24日、オーストラリア、インド、日本の3カ国の首脳をホワイトハウスに迎えます。


動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『バイデン大統領、オーストラリア、インド、日本の首脳と「Quad」サミットを開催』






最終更新日  2021.09.15 05:52:59


新型コロナウイルスワクチンのブースター投与は、現在のエビデンスに基づけば今は必要ないと、今年アメリカ食品医薬品局FDAを去る2人のワクチンリーダーを含む国際的な公衆衛生専門家がThe Lancetに新しい論文を書いた。

動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『コロナウイルスワクチン、ブースター投与、今は必要ない』






最終更新日  2021.09.15 05:51:15
米国国家情報長官のアブリル・ヘインズ氏は、イエメン、ソマリア、シリア、イラクで活動するテロリストグループは、現在、アフガニスタンのテロリストグループよりも米国本土にとって大きな脅威となっていると述べました。


動画リンク

DR. ITOの世界の論点:『米国のスパイ・チーフ:テロの脅威はアフガニスタンよりも他の国にある』






最終更新日  2021.09.15 05:49:34
政府や企業などが他国の広大な土地を購入する「ランドグラッビング」は、現地の土地の権利や農業生産に影響を与え、時には地域の食糧安全保障を危険にさらすこともあります。低・中所得国でのこうした土地買収は広く取り上げられていますが、米国でも同様のことが起きています。米国農務省の記録によると、米国の農地の外国人所有率は2009年から2019年にかけて倍増しており、政策立案者は米国の食糧供給が外国に支配されていることに懸念を抱いています。
https://www.csis.org/analysis/foreign-purchases-us-agricultural-land-facts-figures-and-assessment-real-threats

動画リンク
DR. ITOの国際講座:『米国の農地の外国人による購入~真の脅威の評価』






最終更新日  2021.09.15 05:47:47
2021.09.14
北朝鮮の食品価格が上昇している中、平壌の代表的な料理を提供している平壌のレストランは、価格管理を放棄しなければならず、20倍以上の値上げとなり、家の外で気軽に食事をすることが、首都の一般住民にはもはや手の届かない高価な贅沢となってしまった、と情報筋はラジオフリーアジアに語った。
https://www.rfa.org/english/news/korea/naengmyeon-09092021192155.html


動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『北朝鮮:食糧不足の中、価格統制を放棄』






最終更新日  2021.09.14 07:05:05
テーマ:中国&台湾(3398)
ジョー・バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は木曜日に電話会談を行い、ホワイトハウスは2つの大国間の競争を管理するための努力の一環と説明したが、北京は金曜日に、この働きかけはアメリカの「不安」と、さまざまな世界的問題における中国の協力の必要性によって引き起こされたものだと述べた。
https://www.rfa.org/english/news/china/phone-09102021172644.html

動画リンク
DR. ITOの国際講座:『中国「米国は中国の協力を必要としている」』






最終更新日  2021.09.14 07:03:14
米国には、バーチャルリアリティ(VR)技術から得られる広範な利益を促進するための未実現の機会があるかもしれない。特に、国際的な競争という観点から見ると、VR産業を組織化して活性化させようとする米国の取り組みは、比較的小規模なものにとどまっている。さらに、集中的な支援と関心の欠如は、競合国からの様々な脅威を助長する危険性があります。
https://nationalinterest.org/feature/reality-check-china-paving-path-toward-virtual-future-192127


動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『中国はVR産業を組織化している。米国も同じことができる』






最終更新日  2021.09.14 07:01:20
テーマ:中国&台湾(3398)
中国の「戦狼(せんろう)外交」(狼のように強い力を誇示する中国の外交戦略)の代表的な人物とされる駐米中国大使、秦剛氏(55)が先月末、自身の赴任を歓迎するビデオ会議で、米国の高官らに対し「中米両国間の意見の違いを解決できないのなら、どうか黙っていてほしい」と極めて非外交的な発言をしていたことが分かった。米国の保守主義雑誌『ナショナルレビュー』が10日に報じた。
朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/13/2021091380215.html


動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『中国の「戦狼外交」駐米大使、米に「意見の違いを解決できないなら黙れ」』






最終更新日  2021.09.14 06:59:22
・・・これは「北朝鮮で『戦略的』な役割を明確に指定された最初の巡航ミサイル」になるだろうと述べ、このような言及は「核搭載可能なシステムを表す一般的な婉曲表現」であると指摘した。
https://www.axios.com/north-korea-long-range-cruise-missiles-0ab8ef30-19a3-4236-9cfc-a44b0b205a62.html



DR. ITOの世界の論点:『北朝鮮が「戦略的」巡航ミサイルの実験に成功したと発表』
動画リンク






最終更新日  2021.09.14 06:57:24
2021.09.13

動画リンク

DR. ITOの国際講座:『北朝鮮のパレードの意味』
朝鮮民主主義人民共和国が建国されてから73年目の記念日だった。
金正恩体制は、平壌で夜のパレードを行って祝った。
昨年10月に大型のICBMなどを公開したときに比べれば、控えめなものだった。重火器はなく、金正恩も発言しなかった。
しかし、北朝鮮では政治的な目的なしにはほとんど行われないので、このイベントは・・・
By ダグ・バンドウ
ケイトー・インスティテュートのシニア・フェロー;ロナルド・レーガン大統領の特別補佐官を務めたこともある
https://nationalinterest.org/blog/korea-watch/another-anniversary-another-parade-north-korea-showcases-something-what-193487






最終更新日  2021.09.13 06:03:34

全1273件 (1273件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.