世界の論点・日本の論点

全1287件 (1287件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

2021.09.16
XML
近年、日本は自国と周辺海域の防衛能力を高めるだけでなく、より遠くの地域に軍事力を投じるために、軍事的近代化プログラムを大幅に実施しています。
西太平洋の安全保障環境は、米国やその友人、同盟国にとってより困難なものとなっています。中国はこの地域を支配し、世界的に力を誇示しようとしています。
北朝鮮は、弾道ミサイルと核弾頭の配備を拡大しています。米国は、北京と平壌をうまく抑止し、彼らの軍事的強制力の行使に対抗するために、この地域の防衛態勢を質的にも量的にも向上させています。
この地域の米国の同盟国、とりわけ日本も同様のことをする必要があります。
しかし、日本は適切な投資を行うことができるでしょうか。
Ref:
https://nationalinterest.org/blog/reboot/china-rises-so-does-importance-us-japan-alliance-193374

動画リンク

DR. ITOの国際講座:『中国が台頭すると、日米同盟の重要性も高まる』






最終更新日  2021.09.16 06:47:14


アメリカと中国は北朝鮮をめぐって再び戦争をする可能性があるのか?
朝鮮半島での誤算は、1つの血なまぐさい紛争につながり、さらに次の紛争につながる可能性があります。
ソウル、ワシントン、北京、平壌の関係は長年にわたって大きく変化してきたが、紛争は1953年に確立された地理的条件に沿って凍結されたままである。
https://nationalinterest.org/blog/reboot/could-america-and-china-go-war-over-north-korea-again-193306


動画リンク
DR. ITOの国際講座:『アメリカと中国は北朝鮮をめぐって再び戦争をする可能性があるのか?』






最終更新日  2021.09.16 06:43:53
テーマ:中国&台湾(3399)
中国国営のChina Business News(CBN)が最近行った分析によると、中国の149の都市が「深層高齢化」に突入したという。深層高齢化とは、65歳以上の人口が7%以上の高齢化から、20%以上の超高齢化に至るまでの中間的な状態を指す。
https://www.rfa.org/english/news/china/society-aging-09092021081709.html

動画リンク
DR. ITOの国際講座:『中国、「深い高齢化」に突入』






最終更新日  2021.09.16 06:41:06
2021.09.15
原材料の不足、複雑で高価な製造、ワクチンメーカーの選択により、米国とその製薬会社は、世界の貧困層やワクチン未接種の地域をパンデミックから救うことができない可能性が高いことが明らかになりました。しかし、中国はそうするかもしれません。
https://www.axios.com/covid-coronavirus-vaccines-global-production-moderna-pfizer-0796cd2a-dda2-4404-85ac-4514648259c0.html

動画リンク

DR. ITOの世界の論点:『米国は世界のほとんどの国にワクチンを提供していない。しかし中国はそうするかも・・・』






最終更新日  2021.09.15 05:54:42
バイデン大統領は9月24日、オーストラリア、インド、日本の3カ国の首脳をホワイトハウスに迎えます。


動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『バイデン大統領、オーストラリア、インド、日本の首脳と「Quad」サミットを開催』






最終更新日  2021.09.15 05:52:59
新型コロナウイルスワクチンのブースター投与は、現在のエビデンスに基づけば今は必要ないと、今年アメリカ食品医薬品局FDAを去る2人のワクチンリーダーを含む国際的な公衆衛生専門家がThe Lancetに新しい論文を書いた。

動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『コロナウイルスワクチン、ブースター投与、今は必要ない』






最終更新日  2021.09.15 05:51:15
米国国家情報長官のアブリル・ヘインズ氏は、イエメン、ソマリア、シリア、イラクで活動するテロリストグループは、現在、アフガニスタンのテロリストグループよりも米国本土にとって大きな脅威となっていると述べました。


動画リンク

DR. ITOの世界の論点:『米国のスパイ・チーフ:テロの脅威はアフガニスタンよりも他の国にある』






最終更新日  2021.09.15 05:49:34
政府や企業などが他国の広大な土地を購入する「ランドグラッビング」は、現地の土地の権利や農業生産に影響を与え、時には地域の食糧安全保障を危険にさらすこともあります。低・中所得国でのこうした土地買収は広く取り上げられていますが、米国でも同様のことが起きています。米国農務省の記録によると、米国の農地の外国人所有率は2009年から2019年にかけて倍増しており、政策立案者は米国の食糧供給が外国に支配されていることに懸念を抱いています。
https://www.csis.org/analysis/foreign-purchases-us-agricultural-land-facts-figures-and-assessment-real-threats

動画リンク
DR. ITOの国際講座:『米国の農地の外国人による購入~真の脅威の評価』






最終更新日  2021.09.15 05:47:47
2021.09.14
北朝鮮の食品価格が上昇している中、平壌の代表的な料理を提供している平壌のレストランは、価格管理を放棄しなければならず、20倍以上の値上げとなり、家の外で気軽に食事をすることが、首都の一般住民にはもはや手の届かない高価な贅沢となってしまった、と情報筋はラジオフリーアジアに語った。
https://www.rfa.org/english/news/korea/naengmyeon-09092021192155.html


動画リンク
DR. ITOの世界の論点:『北朝鮮:食糧不足の中、価格統制を放棄』






最終更新日  2021.09.14 07:05:05
テーマ:中国&台湾(3399)
ジョー・バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は木曜日に電話会談を行い、ホワイトハウスは2つの大国間の競争を管理するための努力の一環と説明したが、北京は金曜日に、この働きかけはアメリカの「不安」と、さまざまな世界的問題における中国の協力の必要性によって引き起こされたものだと述べた。
https://www.rfa.org/english/news/china/phone-09102021172644.html

動画リンク
DR. ITOの国際講座:『中国「米国は中国の協力を必要としている」』






最終更新日  2021.09.14 07:03:14

全1287件 (1287件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.