世界の論点・日本の論点

全2件 (2件中 1-2件目)

1

保健医療

2021.05.11
XML
カテゴリ:保健医療

 

オキシテック(Oxitec)社、米国で初の遺伝子組換え蚊を放飼

英国の新興企業Oxitec社は、環境保護庁とフロリダ州農業局に承認された試験の一環として、今週フロリダキーズで遺伝子組み換えの蚊の卵を数千個放出した。

これは、蚊が媒介する病気の発生を防ぐことを目的としたものです。


なぜそれが重要なのか

CNNによると、これは米国で初めての遺伝子組み換え蚊の放出であり、地元の人々はこれが広範な生態系にどのような影響を与えるかを心配しているという。


効果は?

Oxitec社は、黄熱病、デング熱、ジカウイルスなどの危険な病気を媒介する外来種の蚊であるAedes aegyptiを対象としています。


Oxitec社は、血液ではなく蜜を食べ、人間に病気を媒介しない遺伝子組み換えのオスの蚊を放ち、Aedes aegypti種を制御することを目指しています。

この遺伝子組み換えオスは、人間を餌にして危険な病気を媒介するAedes aegyptiの将来のメスを標的にして殺す「自己限定」遺伝子を持っています。

同社では、この改良型オスを放出することで、噛みつくメスの数を減らし、病気の感染例を減らすことができると期待しています。


Oxitec社によると、キーズ諸島の蚊の生息数はわずか4%だが、病気の感染はほぼすべてこの地域で行われているという。

Oxitec社は、ブラジルやケイマン諸島を含む世界中で10億匹以上の虫を放っているとのこと。


Oxitec社CEOであるグレイ・フランセン氏:

「病気を媒介する蚊がもたらす課題は縮小するどころか増大しており、今回のパイロットプロジェクトは、Oxitec社の安全で自己限定的な技術を(米国に)導入するための大きな一歩となります。

Oxitec社と共同でプロジェクトを進めたフロリダキーズ蚊コントロール地区のアンドレア・リール氏:

「私たちの主な任務は、病気を媒介するAedes aegyptiを含むすべての蚊からフロリダキーズの住民を守ることです」

 

遺伝子組み換えオスの放飼が成功すれば、蚊の個体数をコントロールするための代替手段となります。

現在、蚊の個体数をコントロールする主な方法は、環境中に残留し、意図せずにミツバチや蝶などの昆虫に害を与える可能性のある殺虫剤を散布することです。


一方、CNNによると、フロリダキーの一部の住民は、このプロジェクトが発表されて以来、遺伝子組み換え蚊の放流に強く反対しているという。

 

オキシテック(Oxitec)社、米国で初の遺伝子組換え蚊を放飼
Oxitec releases first genetically modified mosquitoes in U.S.
Jacob Knutson







最終更新日  2021.05.11 11:35:54


2021.05.02
カテゴリ:保健医療

 

オキシテック(Oxitec)社、米国で初の遺伝子組換え蚊を放飼

英国の新興企業Oxitec社は、環境保護庁とフロリダ州農業局に承認された試験の一環として、今週フロリダキーズで遺伝子組み換えの蚊の卵を数千個放出した。

これは、蚊が媒介する病気の発生を防ぐことを目的としたものです。


なぜそれが重要なのか

CNNによると、これは米国で初めての遺伝子組み換え蚊の放出であり、地元の人々はこれが広範な生態系にどのような影響を与えるかを心配しているという。


効果は?

Oxitec社は、黄熱病、デング熱、ジカウイルスなどの危険な病気を媒介する外来種の蚊であるAedes aegyptiを対象としています。


Oxitec社は、血液ではなく蜜を食べ、人間に病気を媒介しない遺伝子組み換えのオスの蚊を放ち、Aedes aegypti種を制御することを目指しています。

この遺伝子組み換えオスは、人間を餌にして危険な病気を媒介するAedes aegyptiの将来のメスを標的にして殺す「自己限定」遺伝子を持っています。

同社では、この改良型オスを放出することで、噛みつくメスの数を減らし、病気の感染例を減らすことができると期待しています。


Oxitec社によると、キーズ諸島の蚊の生息数はわずか4%だが、病気の感染はほぼすべてこの地域で行われているという。

Oxitec社は、ブラジルやケイマン諸島を含む世界中で10億匹以上の虫を放っているとのこと。


Oxitec社CEOであるグレイ・フランセン氏:

「病気を媒介する蚊がもたらす課題は縮小するどころか増大しており、今回のパイロットプロジェクトは、Oxitec社の安全で自己限定的な技術を(米国に)導入するための大きな一歩となります。

Oxitec社と共同でプロジェクトを進めたフロリダキーズ蚊コントロール地区のアンドレア・リール氏:

「私たちの主な任務は、病気を媒介するAedes aegyptiを含むすべての蚊からフロリダキーズの住民を守ることです」

 

遺伝子組み換えオスの放飼が成功すれば、蚊の個体数をコントロールするための代替手段となります。

現在、蚊の個体数をコントロールする主な方法は、環境中に残留し、意図せずにミツバチや蝶などの昆虫に害を与える可能性のある殺虫剤を散布することです。


一方、CNNによると、フロリダキーの一部の住民は、このプロジェクトが発表されて以来、遺伝子組み換え蚊の放流に強く反対しているという。

 

オキシテック(Oxitec)社、米国で初の遺伝子組換え蚊を放飼
Oxitec releases first genetically modified mosquitoes in U.S.
Jacob Knutson
https://www.axios.com/oxitec-genetically-modified-mosquitoes-florida-cc5af2ef-90ca-4aad-8ee0-954c10c9ee39.html







最終更新日  2021.05.02 18:58:24

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.