世界の論点・日本の論点

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

中国

2021.06.09
XML
テーマ:中国&台湾(3305)
カテゴリ:中国

今日アップした、動画です。

 

DR. ITOの世界の論点』。

 

中国・武漢ウイルス学研究所の話です。

新型コロナウイルスは中国・武漢ウイルス学研究所が発生源ではなく、自然界から発生したという説は、もはや、崩れている、という話をしました。

 

”実は、トランプさんは、大統領時代に、この辺のことを知っていて、真実をすべて解明するために、武漢ウイルス学研究所・発生源説を念頭に置いて、武漢ウイルス学研究所、米国立アレルギー・感染症研究所・ファウチさん関係のところをいろいろ調査していたようなんです。

しかし、トランプさん、当時、ご存知の通り、マスコミ・メディアに徹底的に嫌われていましたから、マスコミ・メディア側としても、この疑念を追求したいのだが、立派な成果が出て、へたに、天敵であるトランプさんの評判を高めることになるのは嫌だということで、「また、トランプが、支持率を上げるために、へんてこりんなでっち上げストーリーを喧伝してます」程度に、扱っていたのです。

 

しかし、バイデン大統領にかわり、バイデンさん自身が、武漢ウイルス学研究所・発生源説を全面に出して、90日間の日限をきって、真相究明と、その結果の報告書の提出を求めて動き出しましたから、マスコミ・メディアのスタンスも含めて、状況はまったく変わりました。

 

しかも、アメリカの議会が、超党派で、動き始めていますから、これまで時間はかかりましたが、今回のコロナウイルス・パンデミックの真相究明の大舞台の幕は、切って落とされました。・・・・・・・・”

 

 

日本国内では、テレビを含め、言及していないポイントを紹介しています。

ぜひ、一度、視聴してみてください。

15分程度の動画です。

 https://youtu.be/UVOefoeL8mM







最終更新日  2021.06.09 10:15:20


カテゴリ:中国
今日アップした、動画です。


『DR. ITOの世界の論点』


中国・武漢ウイルス学研究所の話です。
新型コロナウイルスは中国・武漢ウイルス学研究所が発生源ではなく、自然界から発生したという説は、もはや、崩れている、という話をしました。


”実は、トランプさんは、大統領時代に、この辺のことを知っていて、真実をすべて解明するために、武漢ウイルス学研究所・発生源説を念頭に置いて、武漢ウイルス学研究所、米国立アレルギー・感染症研究所・ファウチさん関係のところをいろいろ調査していたようなんです。
しかし、トランプさん、当時、ご存知の通り、マスコミ・メディアに徹底的に嫌われていましたから、マスコミ・メディア側としても、この疑念を追求したいのだが、立派な成果が出て、へたに、天敵であるトランプさんの評判を高めることになるのは嫌だということで、「また、トランプが、支持率を上げるために、へんてこりんなでっち上げストーリーを喧伝してます」程度に、扱っていたのです。


しかし、バイデン大統領にかわり、バイデンさん自身が、武漢ウイルス学研究所・発生源説を全面に出して、90日間の日限をきって、真相究明と、その結果の報告書の提出を求めて動き出しましたから、マスコミ・メディアのスタンスも含めて、状況はまったく変わりました。


しかも、アメリカの議会が、超党派で、動き始めていますから、これまで時間はかかりましたが、今回のコロナウイルス・パンデミックの真相究明の大舞台の幕は、切って落とされました。・・・・・・・・”


日本国内では、テレビを含め、言及していないポイントを紹介しています。
ぜひ、一度、視聴してみてください。
15分程度の動画です。

https://youtu.be/UVOefoeL8mM






最終更新日  2021.06.09 10:12:33
カテゴリ:中国
今日アップした、動画です。

『DR. ITOの世界の論点』。

中国・武漢ウイルス学研究所の話です。
新型コロナウイルスは中国・武漢ウイルス学研究所が発生源ではなく、自然界から発生したという説は、もはや、崩れている、という話をしました。

”実は、トランプさんは、大統領時代に、この辺のことを知っていて、真実をすべて解明するために、武漢ウイルス学研究所・発生源説を念頭に置いて、武漢ウイルス学研究所、米国立アレルギー・感染症研究所・ファウチさん関係のところをいろいろ調査していたようなんです。
しかし、トランプさん、当時、ご存知の通り、マスコミ・メディアに徹底的に嫌われていましたから、マスコミ・メディア側としても、この疑念を追求したいのだが、立派な成果が出て、へたに、天敵であるトランプさんの評判を高めることになるのは嫌だということで、「また、トランプが、支持率を上げるために、へんてこりんなでっち上げストーリーを喧伝してます」程度に、扱っていたのです。
しかし、バイデン大統領にかわり、バイデンさん自身が、武漢ウイルス学研究所・発生源説を全面に出して、90日間の日限をきって、真相究明と、その結果の報告書の提出を求めて動き出しましたから、マスコミ・メディアのスタンスも含めて、状況はまったく変わりました。

しかも、アメリカの議会が、超党派で、動き始めていますから、これまで時間はかかりましたが、今回のコロナウイルス・パンデミックの真相究明の大舞台の幕は、切って落とされました。・・・・・・・・”


日本国内では、テレビを含め、言及していないポイントを紹介しています。
ぜひ、一度、視聴してみてください。
15分程度の動画です。

https://youtu.be/UVOefoeL8mM






最終更新日  2021.06.09 10:08:40
2021.05.31
カテゴリ:中国

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ

 

習近平は就任から約9年を経て、軍部、中国共産党組織、外交・経済政策の主導権を握るとともに、ライバルを排除したり封じ込めたりして、中国の政治システムにおける圧倒的な支配者となっています。

しかし、彼の権力欲は、エリートの政治的コンセンサスを不安定にし、1980年代以降に発展したパワーシェアリングの規範を崩壊させてきています。

習近平は、国家主席の任期制限を事実上撤廃し、これまでのところ、国家主席やその他の指導的地位の後継者を指名することもせず、過去40年間で最も重要な政治改革である定期的かつ平和的な権力の移譲を犠牲にして、自らの権威を固めています。

その結果、習近平は中国を不安定な後継者問題に直面させ、国際秩序と世界の通商に重大な影響を与えることになったのである。


今後数年から数十年の間に起こりうる中国の指導者交代のシナリオをどう評価するのか?

習近平は、1930年代に粛清されたスターリンのように、ライバルを徹底的に排除し、システムを萎縮させた指導者であり、職務を遂行できなくなるまで権力の座にとどまり、後継者争いを繰り広げるのだろうか?

あるいは、習近平の権力にシステムがニュートン反応を起こして、習近平を早々に退陣させるか?
少なくとも退陣の時期を決めさせるか?

あるいは、これらのシナリオの中間に位置し、今後5年から10年の間に秩序ある継承を行うために、習近平はどのような選択肢を取るのだろうか?

****

続きは、動画でご視聴できます。

 

おすすめ動画

 

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ(シナリオ4)

https://youtu.be/TrfH8KZbXME

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ(シナリオ3)

https://youtu.be/B5I2Hqt6JXI

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ(シナリオ2)

https://youtu.be/0sg3M8mb8CE

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ(シナリオ1)

https://youtu.be/h8nfObDuqd4

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案(続編3)

https://youtu.be/sKUGW8r0QKg

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案(続編2)

https://youtu.be/fM_wpZa32uc

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案(続編1)

https://youtu.be/stT7wo7kRZI

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案

https://youtu.be/wQE9qBjrafI

中国の研究者が台湾との緊張関係に警鐘を鳴らした???
https://youtu.be/v1VH8w-XDOw

オーストラリア、中国と一線を画す
https://youtu.be/Krc8s8edNa8

中国はいかにして外国の技術を利用して南シナ海を支配しようとしているか
https://youtu.be/QxvJu4QQZRA

【続】中国はいかにして外国の技術を利用して南シナ海を支配しようとしているか
https://youtu.be/yJli1VZ-0gM

アジアを支配したい習近平:中国軍は成功できるのか?
https://youtu.be/m1aBLzUCgYU

中国論議における経済的側面
https://youtu.be/ty3Bb6t-m1s

武漢研究所リーク仮説は徹底的に調査する必要がある
https://youtu.be/5CCAZ_ZXnfA

中国の見え隠れする人口問題
https://youtu.be/A3wxQJuHz8E

アメリカは中国からの挑戦に備えていない?!
https://youtu.be/UJWFFhUMido

中国の最新国勢調査結果の驚き!!
https://youtu.be/smkszQGj7KY

 







最終更新日  2021.05.31 06:22:05
2021.05.30
テーマ:中国&台湾(3305)
カテゴリ:中国

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ

 

習近平は就任から約9年を経て、軍部、中国共産党組織、外交・経済政策の主導権を握るとともに、ライバルを排除したり封じ込めたりして、中国の政治システムにおける圧倒的な支配者となっています。

しかし、彼の権力欲は、エリートの政治的コンセンサスを不安定にし、1980年代以降に発展したパワーシェアリングの規範を崩壊させてきています。

習近平は、国家主席の任期制限を事実上撤廃し、これまでのところ、国家主席やその他の指導的地位の後継者を指名することもせず、過去40年間で最も重要な政治改革である定期的かつ平和的な権力の移譲を犠牲にして、自らの権威を固めています。

その結果、習近平は中国を不安定な後継者問題に直面させ、国際秩序と世界の通商に重大な影響を与えることになったのである。


今後数年から数十年の間に起こりうる中国の指導者交代のシナリオをどう評価するのか?

習近平は、1930年代に粛清されたスターリンのように、ライバルを徹底的に排除し、システムを萎縮させた指導者であり、職務を遂行できなくなるまで権力の座にとどまり、後継者争いを繰り広げるのだろうか?

あるいは、習近平の権力にシステムがニュートン反応を起こして、習近平を早々に退陣させるか?
少なくとも退陣の時期を決めさせるか?

あるいは、これらのシナリオの中間に位置し、今後5年から10年の間に秩序ある継承を行うために、習近平はどのような選択肢を取るのだろうか?

****

続きは、動画でご視聴できます。

 

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ(シナリオ2)
https://youtu.be/0sg3M8mb8CE

ポスト習近平:ポスト習近平時代のリーダー継承の未来シナリオ(シナリオ1)
https://youtu.be/h8nfObDuqd4

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案(続編3)

https://youtu.be/sKUGW8r0QKg

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案(続編2)

https://youtu.be/fM_wpZa32uc

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案(続編1)

https://youtu.be/stT7wo7kRZI

なぜアメリカのイノベーションを再生するのか?米国の国際競争力維持のための「エンドレス・フロンティア法」とバイデン氏の提案

https://youtu.be/wQE9qBjrafI

中国の研究者が台湾との緊張関係に警鐘を鳴らした???
https://youtu.be/v1VH8w-XDOw

オーストラリア、中国と一線を画す
https://youtu.be/Krc8s8edNa8

中国はいかにして外国の技術を利用して南シナ海を支配しようとしているか
https://youtu.be/QxvJu4QQZRA

【続】中国はいかにして外国の技術を利用して南シナ海を支配しようとしているか
https://youtu.be/yJli1VZ-0gM

アジアを支配したい習近平:中国軍は成功できるのか?
https://youtu.be/m1aBLzUCgYU

中国論議における経済的側面
https://youtu.be/ty3Bb6t-m1s

武漢研究所リーク仮説は徹底的に調査する必要がある
https://youtu.be/5CCAZ_ZXnfA

中国の見え隠れする人口問題
https://youtu.be/A3wxQJuHz8E

アメリカは中国からの挑戦に備えていない?!
https://youtu.be/UJWFFhUMido

中国の最新国勢調査結果の驚き!!
https://youtu.be/smkszQGj7KY







最終更新日  2021.05.30 18:46:21
2021.05.22
カテゴリ:中国

 

 


アジアを支配したい習近平:中国軍は成功できるのか?

 

米国防総省の兵器計画担当者の多くは、米海軍を500隻の艦隊にすることを一貫して求めているが、その膨大な数の艦船、そしておそらく最も重要なのは、それらが追加されるペースについて憂慮している。

 

中国は、駆逐艦、水陸両用艦、空母、原子力潜水艦、高速攻撃艇、その他多くの海軍プラットフォームを急速に建設している。

これは、地域および国際海域を支配し、最近発表された米国の戦略によれば、「世界の国々で好ましいパートナーとしての米国を追い出す」ための目に見える努力の一環である。

 

海軍、海兵隊、沿岸警備隊は、「Advantage at Sea」と呼ばれる新しい戦略文書を発表しました。

この文書は、中国の拡張主義に対して強硬な姿勢をとっており、「国際的な海洋統治を破壊し、伝統的な物流拠点へのアクセスを拒否し、海洋の自由を阻害し、主要なチョークポイントの使用を制御し、地域紛争への米国の関与を抑止する」ことを目的とした、中国の積極的な野望ともいえる数々の事柄を詳述しています。

 

続きは、

動画で視聴できます。

アジアを支配したい習近平:中国軍は成功できるのか?







最終更新日  2021.05.22 16:06:33
2021.05.21
テーマ:中国&台湾(3305)
カテゴリ:中国

 

中国論議における経済的側面

中国問題は多くの分析を促し、記事が氾濫しています。

これらの膨大な仕事はすべて、ワシントンと北京の間で高まる緊張に焦点を当てています。

その中には、台頭する大国と既存の大国との競争の結果として避けられない、米中の緊張の激化を予見するものもあります。

また、このような議論の中には、米国は中国の挑戦を封じ込めることができると主張する、それほど刺激的ではないものもあります。

また、これらの議論の中間に位置するものや、中国は最近一般的に考えられているよりも野心的ではないと主張するものもあります。

これらの分析は、結論が異なっていても、いずれもよく論じられており、洞察に富んでいます。

 

残念ながら、これらの研究のほとんどは、中国が直面している経済的な圧力を見落としています。

確かに、これらの研究者は皆、中国経済の驚異的な成長と規模を認めていますが、経済は規模や過去の成長だけではなく、もっと複雑です。

事実、中国は、過去の成功にもかかわらず、巨大な経済的課題に直面しており、今後の外交・軍事上の意思決定、ひいては米国の戦略的対応を形成せざるを得ない状況にあります。

 

このような経済的圧力を生み出している最大の原因は、中国のトップダウンによる中央集権的な経済判断にあります。・・・・・

 

この続きは、
動画で視聴できます。

 

中国論議における経済的側面
https://youtu.be/ty3Bb6t-m1s







最終更新日  2021.05.21 22:45:32
テーマ:中国&台湾(3305)
カテゴリ:中国

 


武漢研究所リーク仮説は徹底的に調査する必要がある

 

もし産業事故で300万人が亡くなったとしたら、世論やマスコミの反応はどうなるだろうか?


このような質問をしたのは、新型コロナウイルス・パンデミックでこのようなことが起こった可能性が十分にあるからであり、実際、パンデミックの起源を説明する上で最も可能性の高いものかもしれない。

著名な科学ジャーナリストであるニコラス・ウェイドNicholas Wadeは、Mediumに掲載した詳細な記事の中で、この結論に達している。

彼は、武漢研究所のリーク仮説を綿密に検証し、そのケースはもっともらしいが証明されておらず、反対に、自然起源の可能性は衝撃的なほど低いと述べている。・・・・・

 

続きは、動画で視聴していただけます。

 

武漢研究所リーク仮説は徹底的に調査する必要がある

https://www.youtube.com/watch?v=5CCAZ_ZXnfA







最終更新日  2021.05.21 09:35:01
2021.05.20
テーマ:中国&台湾(3305)
カテゴリ:中国

 

 

アメリカは中国からの挑戦に備えていない

 

新世代の高度なプラットフォームから発射される、世界で最も長距離で、最も精密で、最も効果的な兵器は、敵の防空を破壊するという点ではまだ不十分かもしれません。

しかし、勝利を確実にするためのセンサー、コンピューター、ネットワークはどうでしょうか?

結局のところ、武器や攻撃プラットフォームは、広大な領域の中で、時間的に重要な新たなターゲットを見つけることができなければ、あまり役に立たないかもしれません。

 

遠く離れた場所からリアルタイムで攻撃できる能力は、どの戦域においても重要であるが、特に太平洋地域では、「距離の専制」に立ち向かう必要があると言われている。

2021年の空軍協会シンポジウムで空軍太平洋司令官ケネス・ウィルズバッハKenneth Wilsbach将軍は、この苦境を取り上げ、太平洋は1億平方マイルにも及ぶと説明しました。

「太平洋はアメリカ西海岸からインド洋を経て北極までの範囲に広がっている」

「飛行場はあまりなく、海が広がっているのが特徴です」・・・・・

 

この続きは、
動画で視聴できます。

アメリカは中国からの挑戦に備えていない?!
https://youtu.be/UJWFFhUMido

 

中国共産党と人民解放軍 (朝日新書)
 
山崎 雅弘
朝日新聞出版

 

 

 

 







最終更新日  2021.05.20 19:31:21
テーマ:中国&台湾(3305)
カテゴリ:中国

 

中国の見え隠れする人口問題

今回のテーマは、中国の見え隠れする人口問題です。


中国の国家統計局は20日、第7回全国人口調査(2020年中国国勢調査)の結果を発表しました。


今回の国勢調査を検証したところ、過去の国家統計局のデータとの不整合が明らかになり、2020年の結果が示すよりも人口が高齢化している可能性が示唆されました。


その一つが、0歳から14歳までの子どもの人口です。・・・・・

この続きは、
動画で視聴できます。

中国の見え隠れする人口問題
China’s visible and hidden population problems
https://youtu.be/A3wxQJuHz8E







最終更新日  2021.05.20 19:14:41

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.