080078 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

WOWOWで映画三昧

PR

プロフィール


maverick-h

カレンダー

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.03.07
XML
カテゴリ:映画感想
(2004年・米)出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク
小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキーの元に31歳になる女性マギーが弟子入りしたいと尋ねてくる。
頑固なフランキーは“女性ボクサーは取らない”の一点張り。それでも諦めずジムに通い続けるマギー。
フランキーのジムで働くスクラップはそんなマギーの素質と根性を見抜きアドバイスを。
マギーの執念に根負けしフランキーはついにトレーナーを引き受ける。メキメキと上達し試合をすれば1ラウンドKOの連勝街道を行く。
そして辿り付いたタイトルマッチ。栄光を手に入れた瞬間、悲劇が訪れた。

うひゃー、へビィーだ。こんなに重いのかぁ。どっちかというと爽快なスポコン物かと思ってた。
こんな展開だなんて知らなかった。突き放されますね。
前半は、勝ち続けるマギーに興奮して、意味も分からず一緒にモ・クシュラ!と応援してましたよ。
それが・・・、あんな事になるなんて。
あの母親や家族には歯軋りした。人が親にかけて欲しい言葉は「お前を愛してる。お前が自慢だ。お前の事を誇りに思う。」ってそういう言葉でしょ。
なのに、稼いだファイトマネーを漁りに来るなんて!サ・イ・ア・ク、醜く汚い生き物。
それに比べ、マギーの誇り高き事。
目指してる場所に辿り着き、その高みから見える景色を観た。他人に誇れる物を手に入れた。
一度やり遂げて満足したなら、手に入れたものを失う事など何にも恐くない。
やり尽くしたと言う実感が得られずまだやれたと思う時や、次に目指す目標が出来た後なら悔いが残るだろうけど。
彼女は手に入れた瞬間だったから、満たされてた。
フランキーにスクラップに観客に愛された。
他人から観れば不幸のどん底なのに
「私の人生、そんなに悪く無かったよ」
最期の微笑をみてそう言ってる様に思えた。
そういった意味ではフランキーの方が可哀想だ。
彼がこの後、死を選んだのであれば、マギーやスクラップに不幸を運んだ事を悔い自責の念に縛られたまま人生を閉じる事になる。
生きる事を選んだのであれば、これからも死が訪れる瞬間まで教会のミサに毎日通い許しを請い続ける。
「許されざる者」とかでも、イーストウッドは「人生とは懺悔し続ける事」って感じの人物が描かれますね。
後味はどんより、暗い気分のまま。

↓↓↓ クリック ↓↓↓
banner3.gif
人気blogランキングへ



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログ村 映画ブログ

↑↑↑ クリック ↑↑↑






最終更新日  2006.03.08 00:41:26
コメント(0) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事


フリーページ

コメント新着

海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/8ox7l8s/ 俺…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/oe-4pvd/ ち○…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
ヒゲメタボ@ クマたんと呼ばれてます(^^; 最近はこれが流行ってるって聞いたので …

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.