3664320 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レイキなエッセイスト矢尾こと葉がお届けする愛と笑いのメッセージ。【日記カフェ**ホトケとわたし**】

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

2012/05/28
XML

前の記事より続きです。

__


「2日間、別世界にいたようでした」とたくさんのヒーラーさんがおっしゃっていますが、

時空を超えた不思議な旅でした。

実は、天川村に入る前から、変容が始まっているのです。

1日3本のバスまたはタクシーで移動する人に便利な、最寄りの駅近鉄吉野線下市口駅(しもいちぐち)、

またはトヨタレンタカーの事務所が併設している近鉄大和八木駅。

こちらの方面から車で天川村に入るにあたり、2つの大きなトンネルを抜けます。

2つ目のトンネルが、まるで母の胎内を退行するかのような、摩訶不思議なタイムトンネル。

トンネルを抜けると場のエネルギーが変わっています。

天川村に入ると、眠気に襲われたり、頭痛を感じるという方もありますが、

場所の気に対して調整をしているような状態です。

おなかがすいてたまらないという方もいます。

初日と2日目では、感じ方がずいぶん違うはず。

場の静寂、やすらぎを実感できるのは断然翌日かなと思います。

ですので可能なら、日帰りよりも宿泊されることをおすすめします。

神社周辺に宿泊できる民宿がたくさんあります。

夜に瞑想やヒーリングをしたり、拝殿での朝拝に参加するのでしたら、神社から徒歩圏内がおすすめです。

車の方は、神社の広い駐車場に車を止められます。

s-640-DSC_8358.jpg

 

「大辨才天」と表に書かれている朱色の鳥居は大変美しく優美です。

記念写真を一枚とるなら、ここでしょうか。

この鳥居、実は昨年の紀伊台風の被害で、鳥居の上の方まで水につかりました。

台風の被害は天川村全域におよび、ご近所の家々はほとんど浸水し、社務所も水浸しになったのです。

そのため、まだ営業再開ができていない民宿さんもあるほど。

神社内は、今では台風の傷跡が感じられないほど清らかに整えられています。

 

不思議なのは、そんな中で消えなかった社務所前の霊火、

そして、お手水のところにある池に戻ってきた金魚(鯉)たちです。

なにしろ太鼓橋が決壊するほどの大水。

魚たちは、大水害のため一度は流されたにもかかわらず、水が引いた後、同じ場所にいたのだとか。

宮司様によると、誰が戻したわけでもなく、自然に元の池に戻ってきていたのだそうです。

 

エネルギーの高い場所として有名なのは、まずはもちろん拝殿(本殿)です。

神秘的で美しい社です。

この場でのご祈祷を神職にお願いすることもできます(申込は社務所へ)。

この場所は、夜11時30分から12時前後に、大きくエネルギーが変わる(波動が上がる)と言われています。

気味の悪さがみじんもない、清らかな神社ですので、夜の瞑想やヒーリング、おすすめですよ!

注意して感じてみると、玉砂利の地を川のように這うエネルギーが見えるという方もおいでです。

渦を巻いているように感じることもありますね。


ほかにも、鳥居のお向かいに立っている大銀杏(雌雄同体)と、鳥居をくぐってすぐにある太鼓橋は、

ゼロ磁場と言われています。

そこでのヒーリングや瞑想もおすすめ。

太鼓橋は、やはり昨年の台風で壊れ、修理されて今の状態になりました。

これから子供を産むという方が橋の上を何度も往復すると、霊性の高い子を授かると言われているそうです。

 

なお、鳥居をくぐってからは、橋の上も、真ん中ではなく端を歩きましょう。真ん中は神様の通り道となります。

鳥居をくぐるときは鳥居の左端で礼をして左足から一歩中へ入ります。

鳥居を出るときは、鳥居の右端(つまり入ったところと同じ場所)から右足から一歩出て、そこで礼をします。

釈先生によると、これが正式な鳥居のくぐり方なのだそうですよ。

また、鳥居の左脇のお手水のお水は、おいしい霊水です。ボトルに入れて持ち帰る人も多数。

天然石を洗うとピカピカに。


石の階段を上がって拝殿でのお参りをしたら、拝殿右の階段を下りていきます。

すると、セミナーをさせていただいた会場である参集殿があり、

もう一つの鳥居があります。

このすぐ近くにおんだ祭で田植えをしたばかりの神田や、

南北朝の和解を象徴する石碑のあるエリアがあります。

石碑のある場所に立つ桃の木は、いつも不思議な気持ちにさせてくれます。

 

神田や南北朝の石碑、大銀杏、禊殿の場所がわからないときは、社務所で巫女さんに尋ねられるとよいでしょう。

また、天の川温泉は、鳥居から歩いて10分かからない場所です。

こちらは夕方で札止めとなるので、入浴したい方はタオル持参でお早めに。

露天風呂もあり、心地よいですよ。

 

そうそう、天河神社へ行かれるのでしたら、ぜひ禊殿へも足を運んでください。

あまり知られていませんが、重要な場所です。

つい先日の5月21日の金環日食の日に、天と地をつなぐ特別なご神事が行われた場所でもあります。

鳥居から続く民家の並ぶ道を歩いて10分とかかりません。

s-640-DSC_8686.jpg

s-640-DSC_8709.jpg

禊殿は2011年8月の台風によって川が氾濫したことを受け、一時期は立ち入り禁止となり、その後修理がすすめられています。

土砂崩れによって川の形が変わったため、禊ぎは行えなくなってしまいましたが、代わりに温泉がわき出たのだそうです。

禊殿の後背に立つ山は高倉山といって、ここが大変エネルギーの高い場所。

宮司様によると高倉山は宝石の山なのだそう。(釈先生によるとおそらく人口の山で、ピラミッドのようなものでしょうとのこと。古墳かもしれないともおっしゃっていました)。

この禊殿にて、つい最近、国常立神(くにとこたちのかみ)を鎮めるご神事が行われました。

日本神話における国常立神とは地球の神。

日本の再生を祈願し、天と地をつなぐ神事となったそうです。

ここは、龍のエネルギー、渦のようなエネルギーの回転、グラウンディング系のエネルギーを感じられた方も多かった場所です。

私は、何度か参拝していますが、今回は立っていると丹田チャクラが回転するのを感じ、それに合わせて体がゆっくり回転しました。


禊殿ではぜひ大地に根を降ろし、地球をヒーリングしたり、感謝の祈りをささげたりなさってくださいね。

ツアーでは、禊殿にて釈先生がご祈祷をしてくださったので、

ともに祈り、その後各自で瞑想やヒーリングをしました。

その際、釈先生による神社参拝作法のレクチャーもいただき、大変ありがたかったです。^^


s-640-DSC_8703.jpg


※※天河ツアーの記事を書いてくださっている方をご紹介します※※

misayoちゃん(大阪在住発アカ講師)
よしだあゆみさん(発アカ講師)
かおりちゃん(発アカ講師兼スタッフ)

よっこさん(大阪在住発アカ講師)

 

※※※以下はご案内です※※※

天河神社ツアーで起こった不思議なお話は、
6月7日(木)の「不思議大好き☆秘密のお話会」でも聴けると思います。
あとは、6月17日(日)の「地球ヒーリングの会」でも!!
17日は、担当が今回天河神社で奉納ライブをしてくれたKENさんとこと葉の進行なので、
奉納ライブと同じ様式で、ライブ&誘導ヒーリングでの地球ヒーリングを行います。
すてきな時間となるでしょう。


6月7日(木)の「不思議大好き☆秘密のお話会」では、
4月30日の「神様のお仕事をしよう☆フォーラム2012~SPRING~」でお話をいただいた
朱鳥京さんにゲストで参加していただけることになりました♪
「不思議大好き☆秘密のお話会【特別バージョン】」です!!
特別ゲストをお迎えする形での秘密のお話会は、
今年ぜひ行いたいと思っていたのですが、
6月が最初のそれになります...♪

特別ゲストのご参加にともない、
参加費が通常とは異なります(5,000円となります)ので、
その点のみご注意いただき、お申し込みくださいませ♪

(不思議大好き~の会は、発アカヒーラー限定の集まりとなります)

(6月7日木曜は、こと葉も進行役として参加いたします)

(受付状況の確認は、こちらのカレンダーからお願いいたします。
http://www.hatsuga-reiki.jp/category/1266330.html

 







最終更新日  2012/05/29 12:20:37 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.