3662973 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レイキなエッセイスト矢尾こと葉がお届けする愛と笑いのメッセージ。【日記カフェ**ホトケとわたし**】

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018/10/21
XML
カテゴリ:天河神社・天川村
☆============================☆

エッセイストでレイキカウンセラー(R)の矢尾こと葉です。
東京国立と大阪福島を拠点に、たましいの発芽を応援中!!
夫のひろあきさんとつくっているHatsuga Retreat Studioは、
東京は庭付き一軒家スタイル。大阪はマンションスタイルです。
レイキ(外気功)教室を中心とした愛と癒しの自己成長スクールで、
どちらもナチュラルライフショップを併設しています。
宇宙エネルギーを使い、自己を癒すと、すべての思いは叶います。
ぜひぜひ遊び&癒し&学び&休み&体験にお越しください♪♪♪
最新文庫『ワクワクしながら「天職」にであう!』発売中です!

発芽*レイキアカデミーHP(東京国立・大阪福島 予約制)
スクールの予約カレンダー (お申込みフォームにリンク)
矢尾こと葉 ブログ(最新情報はすべてこちらでお知らせ中)

☆============================☆





●健康は神の願い~天河神社 重陽の節句祭2018~




こと葉です。

(いったん上げた内容に加筆しています。)




旧暦の9月9日は重陽の節句。

2018年10月17日は、

毎月の天河神社への月参りの日程をお祭りの開催に合わせて、

初めて重陽の節句祭に参加させていただきました。




電車で移動しながらインターネットで調べると、

重陽の節句は江戸時代まで盛んに続いていて、

無病息災や長寿を願うタイミングだったようです。

季節柄、菊の節句とも呼ばれたとか。



そういえば、昔読んだ源氏物語にも、

菊の花に綿をつけて夜露を染み込ませる、菊綿の風習が描写されていたことを思い出しました。

菊の香りを楽しむものだと思っていたけど、それだけではなかったのですね。

重陽の節句祭にふさわしく、

この日は健康に関するメッセージや気付きをてんこ盛りで受けとる旅になりました。




御神事は11時から。

拝殿の後方に設えられている能舞台の上に参拝者用の席が用意されていて、

そこで私も他の参拝者さんと一緒に開始を待ちました。

拝殿同様、総檜づくりの能舞台は、いつ拝見しても美しくて清涼です。

一面に敷かれた緋毛氈が目に鮮やかで。

靴を脱ぎ、ここに上がらせてもらうときは神聖な気持ちになり、身が引き締まります。




黄金(宮司様は緋色と表現)と白の菊が飾られた拝殿を前にして、

神事開始を待つ心地よい緊張感。

一人だからこそ味わえる豊かさかなと思います。

今日はきっと祝詞を挙げることがあるだろうと、いつものように神拝詞を手元に用意しておきました。

社務所で購入することのできる、天河神社さん作成の神拝詞です。

すると後方の席から声を掛けられ、それはもらったの? それとも買えるのと質問が。

社務所で200円ほどでいただけますとお伝えすると、

その女性はすぐに買いに走られたようでした。

せっかくの神事、きっと万全の態勢で臨みたかったのですよね、わかります。

この神拝詞には、

大祓、般若心経、弁財天の御真言など、

ここ天河神社のご神事で唱えられる可能性のある祝詞や真言が網羅されているので、

神事に参加されるならご用意されるとよりディープな天河体験になりますね。




風雅な笛の音と、厳かな太鼓の響きとともに、神事が始まりました。

神職さんたちが奏でる楽器の調べが、普段よりも長く、そして心地よく感じられます。

秋の日のすがすがしい空気の中を、音霊が遊ぶように自由に響いていきます。




先月の観月祭に続いて、ご開張に居合わせることができる幸運。ありがたい限り。

頭を垂れて聞く、御開帳の瞬間。

柿坂匡孝禰宜様がオオーーと発し、

ギイイと扉が開く音がなんとも心地よく、大好きです。

神事が始まる寸前までおしゃべりでざわざわとしていた空気も一変します。

圧があるというのでしょうか、

吹きおろされる御神気が、なんとも美しいのです。



柿坂神酒之祐宮司より、お祭りの主旨、重陽の節会についてのお話がありました。



しかもこの日は、昇殿して玉串を奏上させていただく幸運にあやかりました。

そのようにお願いをしていたわけではありません。

この日は神事に行きますと神社さん側に伝えたのは当日の朝でしたし、本当に予想外の喜びでした。



ご神職に名前を呼ばれ、

能舞台からレッドカーペットのように敷かれた緋の道を進んで、拝殿へ。

みずみずしい榊の玉串を受け取り、階段を一歩一歩進んで、順番を待ちます。



どんなことだまを奏上しよう?

突然のことだったので、神前で何を伝えるか懸命に頭を働かせていました。



すると、ふとわかったのです。

それは、健康は神の願いだ、ということ。

“健やかに、持てるものを活かして、生きてほしいから”と。






昇殿するともう、いつもそうなのですが、

愛で清められるという以外に言葉がみつからない感覚になり、感動で涙が込み上げます。

玉串を供え、

二礼二拍手一拝し、

そして健康に関する決意を声なき言葉で神前に伝えました。




私と夫が健康で、この身を世のために活かせますように。

世界中の人が健康に、その身を世のために活かせますように。

その願いを、私なりの宣言としてことだまにしました。



私たちは、神様(宇宙)に健康を願われているのだな…。

そのことに今頃気付いたのかと言われたら今頃でごめんなさいという感じですが、

愛されているという事実をまた感じ、静かに満たされ、うれしくなりました。



こうやって、神の愛を何度実感すれば、気が済むのでしょうね。

私は、あの手この手で親から愛されていることを感じようとする、小さな子どものようです。



神(宇宙)から愛されていることを何度も感じたいから、

感じて感じて疑いようもないほど確信したいから、

それで月参りをしているのかもしれません。

その期待通り、参るたびに、愛されていることを感じます。





私の前後に昇殿していた方々が、普段から信仰深い人たちだったようで、

とても所作が美しく、私もそれに習うように、身を丁寧に扱うことを心がけました。

後から気がついたのですが、五月のおんだ祭で早乙女神事を毎年ご一緒している女性が何人も見えていました。

どなたも巫女の雰囲気です。

また、その場では気が付きませんでしたが、

ヒーラーのMさんが実は同じ場に同席されていたと後から知りました。

何度も一緒に早乙女神事でご奉仕した、Mさん。

みな別々の県からやってきて、この日ここに集めていただいている不思議。

神社には、お招きいただいているのだといつも思います。



柿坂神酒之祐宮司の中とりで、君が代を二度歌い、

般若心経を三度唱え、

弁財天のご真言、大黒天、毘沙門天、役行者、吉野権現、熊野権現と、多くのご真言を唱えることができました。

覚えているものもそうでないものもあるので、神拝詞がお役立ちでした。

ご真言に慣れなくて、舌がまわらないところもありましたが、

唱えると気持ちがよくなるので、ことだまの力を感じます。

声を出すうちに、声を出せることが幸せで、ありがたいことだと思いはじめ、

神に感謝を伝えるように、大きく唱和しました。

すがすがしい時間でした。




それで、一つわかったことがあります。

ここ天河神社で、さまざまな方が歌ったり踊ったりする芸能の奉納を以前から見ていて、

舞台上でどんな心持ちでそれを行っているのだろう、とよくわかっていませんでした。

神に捧げる奉納ですから、自己顕示欲から行うことでないのは明白ですが、だったらどんな心で?

それについても、ふとわかりました。

ああ、歌えることへの感謝、踊れることへの感謝、声が出せること、体が動かせることへの感謝、その喜び。

そういうものを表現することなら。

そういう心持ちなら、自分にもできそうです。





神事の後、巫女さんから菊の花弁を浮かべたお神酒のお振る舞いがありました。

菊の節句ならでは。

ありがたくちょうだいし、その後は直会にもお誘いいただいて。

参集殿に用意された、おいしい栗ご飯のお弁当。

栗を食べるのも、重陽の節句の風習なのですね。

地元のお母さんたちの手作りの味、ほんのり塩が利いて、とても美味しかったです。




天河神社で振る舞われる直会のお米は、神田でできたお米です。



9月末に抜穂祭(ぬきほさい)が終わったばかりの神田を見に行くと、

豊かな実りを付けた稲が、無事に収穫されていました。

五月に早乙女姿で苗を植えたときは、あんなに細く頼りない姿だったのに。

稲穂をつけて、立派に成長。

自然の力は偉大です。




約一時間の神事の最後に、宮司さまのお話まで聞くことができて、

私にとってはとても満たされるお祭りでした。



宮司様のお話の中で、

「清めとは感謝を捧げることです」という一節がありました。

これについてはまた、改めて。




愛と感謝を込めて。

矢尾こと葉


s-400P1310553.jpg

 
 
 
 
★お問い合わせやお申込み、ご連絡は、
発芽*レイキアカデミーのホームページからどうぞよろしくお願いいたします♪
 
 
 
★日程や開催時間等の確認は、
各集まりへのリンクが貼られている
セミナー・イベントカレンダーからお願いします♪
 
s-400レイキセミナーkotoha講師.jpg 
 
■発芽したい人のレイキセミナー(1日でレイキヒーラーに!)
レイキヒーラーになるための「発芽したい人のレイキセミナー」は、東京ではこと葉担当で開催。
大阪では塩田美子&奥田みさよ講師ペア担当またはこと葉担当で行います。
日程リクエストによる開催も受付中ですので、本気でレイキヒーラーになりたい方はどうぞご相談くださいませ!   
 
 
感じるレイキ練習会&体験会(レイキに自信&実感アップ!)
 
ヒーラーになったばかりの方、自己ヒーリングができていなくてもまったく問題ありませんので、ぜひ復習やモチベーションアップのためにいらしてくださいね。
体験希望の方も大歓迎です。レイキに関心があって、身に付けたいなという気持ちのある方に来ていただけるとうれしいです。なおこの集まりは女性限定です。 
 
 
レイキティーチャー研修(リクエスト受付)
 
発アカの認定レイキヒーラーさん対象。レイキティーチャーコースの受講条件を満たしていない方も、希望の場合はぜひご相談くださいね。
 
 
レイキヒーリングスキルアップ講座(リクエスト受付)
  
発アカの認定レイキヒーラーさん対象。テーマ別にレイキを楽しく使って目的を達成できます。インナーチャイルド、ご先祖ヒーリング、ガイドとの対話、願望実現などメニュー豊富です。
 
 
<近々の予定> 
s-4001504356633590.jpg 


★11月3日(土)10日(土)東京 内なる美徳を呼び起こすワークショップ
★11月4日(日)東京 発芽したい人のレイキセミナー
★11月11日(日)東京:レイキヒーリングスキルアップ講座 (テーマ:リクエスト受付中)
★11月17日(土)東京 発芽したい人のレイキセミナー
★11月18日(日)大阪 発芽したい人のレイキセミナー 
★11月21日(水)大阪:レイキヒーリングスキルアップ講座 (テーマ:リクエスト受付中)
★11月22日(木)大阪:レイキヒーリングスキルアップ講座 (テーマ:男性性と女性性の癒し2)

☆============================☆
こと葉です♪
この度、今年1冊目の本が出ました~。
ありがたいことです~。ぜひお手に取ってくださいませ!!

『ワクワクしながら「天職」にであう!』(矢尾こと葉著/サンマーク文庫)。







※この本は、2010年8月に単行本として刊行した『天職は身をたすける!』の
新装文庫版となります!!
☆============================☆






最終更新日  2019/07/23 11:27:56 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.