2011.05.27

こどもちゃれんじほっぷ6月号感想★ゲームを反対する親こそ、実はゲームをやりたかった1人なのでは?

DSCF0484.jpg こどもちゃれんじ ほっぷ6月号 届きました。

当初の予定では、6月号が届く前にやめる予定でしたが、本人がすごくはまり、次号を毎日ポストチェックをするので、続ける事に。

4月当たりから、しつこく宣伝やっていた、数のドーナツです。
「かずのドーナツやさん」
もっと大きいと思えば、案外小さいドーナツ。
このサイズの方が、使いやすいです。(滑るけど)
ツボ押しに使えそうな、ボツボツさ・・・

ドーナツはチョコレート5個、イチゴ5個(プラスチック系)
トング
紙皿、ドーナツを作る台(収納ケースにもなっている・助かる)
サンバイザー

ドーナツ作りも、レジもできる意外と凝ったアイテムです。

今回は 使い方も別紙に載っていたので、イロイロ参考にして遊んでいます。
数字カードは10まであっても良かったかな?と。
バラバラになるので、穴あけて紐で閉じちゃいました。

幼稚園なのか、しまじろうのDVDなのか、やたらに数字を覚え始めて、最近は10以上も言えるようになったので(やっぱり幼稚園?)親子で数字の会話ができるので助かる。

←こんな格好で、家族に配り歩いています。
DSCF0487.jpgなかなか良かった、ドーナツに対し・・・

なんだこれは・・・

今回の数字カードなんですけど、(ひらがなかずもんだいカード)

ブー ブー っていうんです。(不正解)
横で聞いていて、問題、あっているのになあ・・・

と思えば、昔のファミコンカセットのように、カード取り出して ふ~~ ふ~~ と吹いている。
(どこで学んだ?)

再び指しても ブ~~~

問題の内容は
~音声~
クイズ いち(1)
答えはどれかな?
数字ボタンで 答えよう。

一生懸命 1を押しているのに ブ~~

おかしいなあ・・・
と思えば・・・

注意書きが・・・
このカードは音声で問題を読み上げません
お家の方が一緒に 取り組んであげてください  との事

カードに書いてあること
クイズ1
ここ()に入る数字は??
クイズ2
ここ()に入る数字は??

答えは、カードを見ればわかるとおりで、3と5なんですね。

これ、95%の子が 勘違いするでしょうね。
下手すれば 勘違いして 覚えるかと・・・。

こどもちゃれんじって、 どっか 抜けているんだよね・・・

真ちゃんは、とりあえず1番の答えは 3で 2番の答えは5と覚えた。
ただし、問題の意味と、正解の意味は わかっていない
(数字は読めるが)

このカード 改善して、送ってくれないかなあ・・・
DSCF0488.jpg 本誌です

今回は、結構充実しています。

DVDは欲しいけど、 DVDがない時の方が 本誌が充実している気がします。

本も、読んであげないといけないしね。
DVDのある号は DVDが本誌の内容を話してくれるから。

ちなみに、私は、はじめにシールをページごとに分けて、
該当ページの上に 貼り付けています。

そうすると、自分ひとりで、好きなページからできるんですよね。
横で、助言はしますけど。
今回の、ママ向け冊子について
前回は、ヒドイ内容でしたが、今回は ちゃんと 通信っぽくなっていて、読み応えはありました。
園で 知り合った お家の方同士のお付き合い
良くある、トラブルが事前にわかりそう&アドバイスも良いと思いました

表紙裏の感想
憧れのスペシャリストに聞く
子育ての流儀 宮西達也さんの教育方針

自主性を尊重する(勉強しなさい、と言わないらしい)
駄目な物はダメ でルールは絶対に守らせる

の、しつけ・家庭方針らしいんです。
その中で、徹底して ゲームは買わない と、いうルール
→ゲームを与えれば ゲーム買ってと、言われ続けないから、親が楽になる
→親が楽になると しわ寄せは子供に回ってくる(そもそもしわ寄せって何?)
→それをやりぬくための大変さは自分が引き受ける親はすごい(この意味がわからない)

と言う内容。
最後は、何が言いたいのか判らなくなってきましたが
いいたいのは ゲームは買わない 駄目な物はダメ ってことじゃないかと思うんです

これを読んだ、ママは ゲームはダメと決めたら、ダメ でオッケーなんだな。って思うじゃないですか。

実は、少し前のポピーのママ向け誌には、専門家がこう書いています(ポピーF2011年1月号・たまたま昨日読んだ)
ゲームを買って欲しいと言われたら?(友だちの輪に入れない・みんなの話が楽しそうが理由)

周りの子がみんな持っていて、一人だけ持っていないとき、子供はどんな気持ちになるでしょうか?
購入してあげましょう、が答え。

しかし、ルールを決めたりや、
また、家庭方針でどうしても買わないのであれば理由で納得させる、その代わりにゲーム以外で遊べる配慮・支援をする との事

ここまでポピーの話↑

つまり、ダメはダメでも、ゲーム外の行き場を作らなければいけない。
でも、表紙の裏の流儀は、「ぐっとこらえて、甘やかすな」 と。
同じ通信教材で、こうも内容が変わるからね

インタビューとして この方の、教育方針を書いた だけ なんでしょうけど、共感したり、真似する人は実際にいるだろうし、ちょっと キツイなと思いました。
記事内で、わざわざ「ゲーム」が出てくるってことは、本当は この方も ゲームをしたくてしょうがなかった 一人なんじゃないかな・・・


ついでだから、ゲームについて。
ゲームは、魅力的です。進めて行けば達成感があり、次は何かと、期待感。
私は 親が 一切禁止でしたから、友達の家に 毎日ファミコンをしに行っていました。
今思えば、めちゃくちゃ迷惑な話です。
友だちが不在でもゲームやらしてもらっていたし。
妹は、大人になってゲームにはまり、しかし何を購入していいかわからず、自分が気に入る物を見つけるまで、たくさん買う始末。
弟も、友人から要らないゲームを もらった?か ぱくった?り・・・

つまり、ゲームを禁止しすぎると 周りに多大な迷惑をかけ(知らぬはその子の親のみ)、さらに大人になっての人生もおかしくする
子供の頃、それなりにみんなで遊んでいれば、どんなゲームが自分に合うかもわかるし、大人になって 執着する事もない。

だから、購入はしてあげていいと思います。
本人が欲しいと言い出した頃を、考えて、ただ、小学校2年生くらいまでは、無くても大丈夫。
3年生になったら 買ってあげるよ・・・ でいいと思うのです。(夢を持たせておく・必ず実行)
ゲームは2年生くらいまでは、個々に遊ぶので、家庭の問題。
しかし、3年生を越えると、互いに通信で遊ぶようになり、コミュニケーションになる
(ポケモン・モンハンが人気)

その時に、疎外感 が 生まれてくると思うので、それが買い時かと思います
通信が 終われば、外でも遊びます。

ただし、幼児期に与えると、きり無くやるので、手がつけられなくなる。
親の興味本位で、子供に与えるのは、本当に危険なので、わざわざ与えなくてもいい。

ルールがちゃんと守れるようになってからですかね

★万一公共の場でやる場合は、音を消す
★時間を決める(最低20分以上が理想・15分未満はセーブができない)
★親が、ゲームの内容を知って購入する(新発売が面白いとは限らない・面白くないゲームだと、すぐにソフトをねだられる)

禁止すると、コソコソすると思うので、注意です。
我が家では、成績が下がると、点が取れるまで、即・DS没収~です。(ちなみに今 没収中~)


あと、意外と多いのが、筆者のように、 パパがきびしすぎて・・・もよくある話。
家にいるのは 基本ママですからね。
パパに隠れて、 ママとの秘密で (ママが購入したゲームで)時々ゲームをしていると言うのを、実際によく聞きます。
パパに隠れてでも、いいと思います。

時代に合わせる
昔は田んぼで遊んでいたなら、今は ゲームで遊べ って事。
(田んぼだって、何時間も遊んでいたわけでもあるまい)






TWITTER

最終更新日  2012.04.28 23:43:26
[子供★通信教材学習・ベネッセ・ポピーなど] カテゴリの最新記事