494828 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

運命が見える瞬間

PR

X

カレンダー

コメント新着

大曲修司@ Re:新しい年は天災と戦争の危険が?(12/28) 動物的な直感力を養っています
悦子@ Re:家電量販店はサンプル展示場? なるほど。確かにそう考えると納得です。 …
えつこ@ Re:満月より明るい彗星 アイソンという名前がとてもオシャレな感…
大曲修司@ Re:女性の心の底を知りたい人へ(05/30) 占いではモテるはずだったのですが、強欲…
酔凰@ Re:天皇の賢明なご決断(05/02) 「八瀬童子」というの隆慶一郎さんの小説…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2012/05/30
XML
カテゴリ:櫻井秀勲の目
つい先頃、塩谷瞬の二股騒動がもち上がったが、なんとなくこの話題は、立ち消えになってしまった。それというのも、2人の女性が決定的な被害を受けて、再び立ち上がれないほどの心の傷を、負ったわけではなかったからかもしれない。

それと多くの女性たちは、芸能人なら誰でも、これくらいのことはやっていると、醒めた目で見ていたからではないか? テレビで塩谷を叱っているタレントがいたが、「お前はそれほどきれいなのか?」といった女性の声も、ネットに多かった。

これに対し、次長課長・河本準一の場合は、大きく違う。女性たちはまったく同情しないだろう。涙を浮かべて謝っても、ソンをしたのは、自分たちだからだ。悪くいえば、全国の女性たちの税金を横取りした泥棒なのだ。

それに、一般女性は老いた父母と暮らすのに、散々苦労しているのだ。ところが河本は年収5000万円も取りながら、さらに強欲に母親の生活保護費までもらっていたのである。これは塩谷のケースと違い、今後、女性ファンは、彼から大量に離れていくだろう。

こういう微妙な女性心理を知らなくては、ビジネスはできないし、女性客を敵に回すことになってしまう。今回私は、6月から10ヵ月にわたって「女性学講座」を開くことにしたのも、経営者、経営幹部に「口伝」で、女性のさまざまな心理を教えたいと思ったからだ。

本として出しても、微妙な点はなかなか書けないものだ。それに私は、ビジネス面だけ勉強しても、うまくいかないと思っている。プライベートな知識も知らないと、本当の意味で、女性たちは味方になってくれない。そこで長年の経験も含めて、じっくり教えてさし上げたいと覚悟を決めたのだ。

もしご興味のある方なら、下記へどうぞ!
http://www.sakuweb.jp/jyoseigaku.html






最終更新日  2012/05/30 10:21:53 AM
[櫻井秀勲の目] カテゴリの最新記事


プロフィール


早稲田運命学研究会

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.