494218 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

運命が見える瞬間

PR

X

カレンダー

コメント新着

大曲修司@ Re:新しい年は天災と戦争の危険が?(12/28) 動物的な直感力を養っています
悦子@ Re:家電量販店はサンプル展示場? なるほど。確かにそう考えると納得です。 …
えつこ@ Re:満月より明るい彗星 アイソンという名前がとてもオシャレな感…
大曲修司@ Re:女性の心の底を知りたい人へ(05/30) 占いではモテるはずだったのですが、強欲…
酔凰@ Re:天皇の賢明なご決断(05/02) 「八瀬童子」というの隆慶一郎さんの小説…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2015/04/24
XML
カテゴリ:櫻井秀勲の目
しばらく前に自宅のエアコン外機が1台故障した。4台の内機を動かしている大きな外機なので、家の中の半分ほど暖房が効かなくなってしまった。

今年は4月も下旬に入ったというのに、まだ完全に寒気が去らないので、久しぶりに冷える書斎になってしまった。しかし考えてみれば真冬の寒さではない。寒いといってもキリが知れているのに、体がぜいたくに慣れてしまったのだ。

私の手帳には、誰かが育児、教育について書いた「ないないづくしの歌」が記されている。

暖房効かせて 寒さがない
冷房のなかで 暑さがない
おやつが過ぎて 空腹がない
歩かせないで 疲れがない
おもちゃのやりすぎ 興味がない
テレビの見過ぎで 考えない
何でもホイホイ 我慢がない
点数以外は 関心がない
判っているけど 行なわない
これでは まともに育たない

恐らくこれを読むと、子どものいない男女でも、ほんとにそうだと納得するのではあるまいか? 私などは最初の2行で「申しわけない」と謝ってしまいそうだ。

子どもが我慢のない子に育ったのは、よく考えてみれば、親に我慢がないのだ。そして大人たち全員に、我慢という美徳が失われていることになる。

大人も空腹どころか、栄養過多とアルコール過多で、腹が突き出てしまっている。子どもの試験だけでなく、大人の社員も点数で仕事に縛られている。上手な歌ではないが、私自身を反省してしまった。






最終更新日  2015/04/24 11:38:42 AM
[櫻井秀勲の目] カテゴリの最新記事


プロフィール


早稲田運命学研究会

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.