495674 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

運命が見える瞬間

PR

X

カレンダー

コメント新着

大曲修司@ Re:新しい年は天災と戦争の危険が?(12/28) 動物的な直感力を養っています
悦子@ Re:家電量販店はサンプル展示場? なるほど。確かにそう考えると納得です。 …
えつこ@ Re:満月より明るい彗星 アイソンという名前がとてもオシャレな感…
大曲修司@ Re:女性の心の底を知りたい人へ(05/30) 占いではモテるはずだったのですが、強欲…
酔凰@ Re:天皇の賢明なご決断(05/02) 「八瀬童子」というの隆慶一郎さんの小説…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019/09/27
XML
カテゴリ:櫻井秀勲の目

インドネシアの首都ジャカルタは現在、この時点でも少しずつ沈んでいる都市だ。地球上でもっとも速いスピードで沈みゆく大都市なのだ。このまま沈んでいけば2050年までにその3分の1は水没する。

ジョコ大統領はこの8月、首都をジャカルタからカリマンタン島(ボルネオ)に移すと発表した。2024年にも行政機能の一部を移転する予定という。ふつうの国であれば、そうしなければ首都機能が失われてしまうだろう。かりにこれが東京だったら大変だ。

かつて小松左京の『日本沈没』という大ベストセラーがあった。この場合は大地震によって引き起こされる沈下が原因だったが、ジャカルタの場合は地球規模の海水上昇の危険性と、過剰な地下水汲み上げによる地盤沈下の2つの原因がある。特に2つ目は人間の行為が原因だけに、人々の意見が一致しないのだ。首都移転より先にやるべきことがあるのではないか、というのだ。

ふつうに考えれば、それより先にやるべきことなどないはずなのだが、インドネシアは大小さまざまな島によって成り立っているだけに、みんなが同じような首都感覚をもっているとはかぎらないのだろう。とはいえ、最大のインフラをもつこの大都市が沈んでいったら、大変だろう。しかし沈んでいくことは間違いなく、世界の研究機関から度重なる警告が出されている。

このまま進んでどうなっていくのか、世界中から注目が集まっているが、もしかすると日本が京都から江戸東京に首都機能を移したように、どこかの都市に政府が移るのかもしれない。デヴィ夫人は第2の故郷ジャカルタのそういう状況を心配しているだろうが、民族性の違いは大きい。もうしばらく注目していこう。


*早稲田運命学研究会 スペシャル勉強会*
「皇后三代の運命を読む」

櫻井秀勲 著『昭和から平成、そして令和へ 皇后三代』
櫻井秀勲 著『70歳からの人生の楽しみ方』
櫻井秀勲 著『60歳からの後悔しない生き方』
櫻井文章塾 第3期
DMMオンラインサロン「櫻井秀勲のすべて」
穴口恵子×櫻井秀勲 オンラインサロン「魔法大学」
櫻井秀勲Facebook






最終更新日  2019/09/27 03:11:12 PM
[櫻井秀勲の目] カテゴリの最新記事


プロフィール


早稲田運命学研究会

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.