494209 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

運命が見える瞬間

PR

X

カレンダー

コメント新着

大曲修司@ Re:新しい年は天災と戦争の危険が?(12/28) 動物的な直感力を養っています
悦子@ Re:家電量販店はサンプル展示場? なるほど。確かにそう考えると納得です。 …
えつこ@ Re:満月より明るい彗星 アイソンという名前がとてもオシャレな感…
大曲修司@ Re:女性の心の底を知りたい人へ(05/30) 占いではモテるはずだったのですが、強欲…
酔凰@ Re:天皇の賢明なご決断(05/02) 「八瀬童子」というの隆慶一郎さんの小説…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019/10/11
XML
カテゴリ:櫻井秀勲の目

元プロ野球の名投手、金田正一氏が亡くなった。86歳だった。彼は17歳でプロ野球に入り、たった1人の400勝投手となった。このほか三振数、完投試合数で新記録をつくっただけでなく、最年少ノーヒットノーラン記録など、人間とは思えない数々の記録をもつ。まだスピードガンがなかったので、正確なスピードはわからないが、最高で180キロ出た、という伝説までつくられている。

私はこの金田正一とは何度か一緒になったが、ともかく背が高いだけでなく、声もでかかった。それに周りに遠慮するということもなく、思ったことを、すぐ大きな声で話し出すので、秘密の話ができないほどだった。

あるとき「女性自身」の編集部に現れて、連載対談のホスト役になる、という話になった。「ワシは金は要らないが、車が欲しい」と、なぜか司会料として、外車を要求した。その頃は、最高殊勲選手には車が贈られた時代だったので、名車が欲しかったのかもしれない。

また1度は、金田がロッテ監督時代に、後のロッテ監督、有藤道世氏の結婚式があったのだが、ことのき、私が有藤夫妻の仲人をつとめたのだった。私は金田監督夫妻が仲人するものと思っていたのだが、金田夫人はあまり人前に出たがらなかったのか、それとも夫人がいなかったのか、どちらかわからないが、2人を結びつけた男として、私に仲人をやってほしい、となったのだ。

それにしても、有藤と金田の2人の大男に挟まれた私は、実に貧弱に見えた。それに参会した選手たちは、みな大男なのだ。その写真はスポーツ紙に載ったと思うのだが、どこかに行ってしまった。いま思い出しても、この金田ほどの天真らんまん、無邪気で憎めない男に出会ったことはない。すごい男だった!

櫻井秀勲 著『昭和から平成、そして令和へ 皇后三代』
櫻井秀勲 著『70歳からの人生の楽しみ方』
櫻井秀勲 著『60歳からの後悔しない生き方』
​​DMMオンラインサロン「櫻井秀勲のすべて」
穴口恵子×櫻井秀勲 オンラインサロン「魔法大学」
櫻井文章塾 第3期
櫻井秀勲Facebook







最終更新日  2019/10/11 05:23:49 PM
[櫻井秀勲の目] カテゴリの最新記事


プロフィール


早稲田運命学研究会

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.