2466604 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】

2008/03/26
XML
カテゴリ:鑑賞
<その1から続く>


つーわけで、今週のキーワード。

・「コードネームはロックオン・ストラトス、成層圏の向こう側まで狙い撃つ男だ」

「ロックオン・ストラトス=成層圏の向こう側まで狙い撃つ男」
初登場の時から思ってたけど、この人は「そのまんま」のコードネームでしたね。
あまりに印象深くて、他のマイスターのコードネームも、何か意味があるかと考え込みました。
「名は体を表す」ってヤツですよ。
『刹那』は日本語だから理解できるものの、果たして何か意味があるのか・・・・。
それに、横文字に弱い僕には『Allelujah Haptism』『Tieria Erde』の名に、何か意味があるかどうかも全く判りませんでした。←この考察は、早々に放り出しました。(^^ゞ

デュナメスがあったからロックオンが選ばれたのか、ロックオンの能力に合わせてデュナメスが造られたのか・・・・・・その辺の、マイスター選定のお話も観てみたかったよ。

・「何故彼が死ななければならない!何故、彼が…」
ティエリアの絶望が聞こえる。
多分、「絶望」「悲哀」も、彼は初めて知ったんじゃないでしょうか?
「あまり、熱くならない方がいい」
「そうは行かない・・・」

その後、出撃する際にアレルヤと交わした言葉からも、そんな感じかしますよ。
前回描かれなかった、涙を流すフェルトの姿よりも、ロックオンがいなくなったことの「重み」を感じさせられるシーンでした。


・「帰還できたのはたった11機。鹵獲した機体も失ってしまった。それにガンダムの新たな能力…マネキン大佐、私は現宙域からの撤退を進言する・・・・」
「私も同意見ですが、国連の司令部はこちらに増援を送ると言ってきています」


カティ大佐とセルゲイ中佐の会話。
余程無能な指揮官でなければ、同じ判断を下すでしょう。
母艦3分の2と、MSの半数以上を損失ですよ。
戦死者が部隊の30%に達したら、「全滅認定」という話もあります。
今の国連軍は、そんなの比較にならないくらい酷い状況と言えるでしょう。
なのに、国連の司令部が作戦続行を指示したってコトは・・・・・かなりの増援があると思いますよね?
「これも、CBから接収したのか?!」
中佐の驚きの声。
その真相は?!
・・・・
・・・・
・・・・出ました、アレハンドロ様。
これで、ラスボス確定ですよ。
上記のことから、国連軍に対する彼の影響力はかなりのモノと思われます。←疑似太陽炉を提供したのが彼なら。その位は当然・・・・なのか?
駆るは
「疑似太陽炉を搭載した、MA」
デカッ!(O_o)WAO!!!
しかも、黄金色ですよ。
派手に輝いています。
更に、武装まで「赤と黄色」→山吹色の粒子ビームって・・・・。
ここまでこだわり尽くすの・・・・・今時、成金趣味の方でもなかなか真似できないセンスですね。
疑似太陽炉の搭載が、ひぃ、ふく、みぃ・・・・7基!(*_*)
・・・・・以前、「MSの性能に頼りすぎだ」とかおっしゃっていましたけど、きっとあんたにだけは言われたくないと思うことでしょう。(-.-)

・「アルバトーレ(?)に任せればいい!」
GN-X部隊を突っ切ったエクシアin 強襲コンテナを追おうとするソーマに、セルゲイ中佐がかけた言葉。
これが、黄金MAの名前か??


・「ヴァーチェは外装を取っ払って、ナドレで出撃させる。専用の武器も用意した」
 「粒子貯蔵量の少ないナドレでは・・・・・」


トライアルシステムがないと、ナドレは厳しいみたいですね。
しかし、それではなんでトライアルシステムを使う場合はヴァーチェ(装甲)を開放する必要があるのか??
機動性が必要ってこと?
それなら、ナドレ単体でも通常戦闘に支障はないでしょう。
これは、逆に考えるんでしょうね。
ナドレにヴァーチェ(装甲)が必要な理由があるってことか。
つーことは、ナドレはトライアルシステムの機器がむき出しになって、装甲が弱い・・・・・だけど、装甲があるとトライアルシステムは使えないことが推測できますね。
おそらく、あの髪の毛のようになびく索も、単なる接続コードではなく、トライアルシステム発動に必要なアンテナ(空中線)とかではなかろーか?


・「あの男がロックオンを…!!命を投げ出して、仇を討ったのか、ロックオン?」

ハロに記録された映像を観て、相手がアリーだったこととロックオンの無茶に気付く刹那。
これで、またアリーへの憎しみが増すかと思いきや、 
「死の果てに神はいない」
・・・・・
・・・・
・・・ロックオン、全否定?(^_^;)
いや、これは刹那が一歩成長したと前向きに考えた方が良いでしょうね。


・「強襲用コンテナに行くわ」

武装がブリッジから操作できないのは、不便・・・・・というか、指揮官の位置にいる人がブリッジを外したらイカンと思うのですが・・・・・ここは、被弾したため、遠隔操作が不可能になったというトコロでしょうか?
・・・・・にしても、トレミーは乗員が少なすぎ。(^_^;)


・「なら、懐に飛びこんで、直接攻撃だ!」

ラッセ、ヤバし!
前回から、やけに台詞が増えていますよ。
それに、ビームが利かない巨大MAが相手。
・・・・・嗚呼、スレッガー中尉の影が・・・・・(-_-;)

・「忌々しい、イオリアシュヘンベルグの亡霊め・・・・・」

アレハンドロさん。
その遺産を思いっきり狙っているんですから、もう少し敬意を払おうよ。(-.-)
しかし・・・・・MAの操縦もこなすとは。
リボンズ無しで前線に出てきたのは偉いけど、ここで出てきたからには2期への続投はなさそう。
2期では、いままで裏方に甘んじていたリボンズが前面に出て来ることが予想されますね。
となると・・・・リボンズは王 留美に取り入るのかな?

・「そう、世界はどちらに傾くのかしら?国連か、彼らか・・・・」

で、王 留美の独り言。
『彼ら』って・・・・・完全に他人事ですよ、この人。
本気で2期のラスボスである可能性が高まってきました(-_-;)
↑繋がり的に、ネーナ、リボンズがこの娘の下に集いそう。ついでにリボンズ経由で、アリーの未来にも関わる可能性もデカイですよ。

『世界を変える』
亡きクリスの遺言と王 留美の望み。
言葉は違うけど、全く逆方向に感じたのは、僕だけでしょうか?


・「存在することに意義がある
 存在すること・・・・・それは生き残ること」

ラッセの言葉から、刹那が導き出したコト。
奇しくも、フェルトが出した結論と同じでした。
1期の最終目標は、コレで決まりか?

さて、生き残るのは?!
・・・・
・・・・
・・・・
以下、生存するかどうか推測してみました。

・刹那:生存確定。←主人公だから間違いなく生き残るでしょう。
・ティエリア:生存当確。←ヴェーダとの直接リンクに関係する謎が解かれていない。
・アレルヤ:生存当確。←ハレルヤとの関係の謎が解かれていない。
・フェルト、生存当確。←主人公と同じ結論を導き出したことから。
・スメラギさん:生存確定。←この人の『過去の罪』が意味深な伏線になってるから。
・おやっさん:微妙。←フェルト、スメラギが危機に陥ったら、フラグ。
・ラッセ:微妙。←過去話をしてないけど、最終回で刹那と語ったら、フラグ確定。スレッガーさん的に散るでしょう。
・アレハンドロ:死亡当確。←1期ラスボスだから。
・リボンズ:生存確定。←謎が全く解けてません。
・王 留美、紅龍、ネーナ:生存確定。←最終戦に参加していない。
・グラハム、ビリー:生存確定。←最終戦には間に合わない。グラハムくんは、最終回で名台詞を残すと思われる。
・カティ大佐:生存当確。←AEU所属の主要キャラがいなくなることはないと思われ。
・セルゲイ中佐:微妙←ソーマが危機に陥ったら、フラグ(個人的には生き残って欲しい)
・ソーマ:生存当確←危機に陥っても、中佐に救われるから
・沙慈、ルイス、マリナ、シーリン:生存確定。←今更、死ぬ理由がない。
・アリー:生存当確。←死亡したシーンがないうえに、刹那と直接決着がつかないと死なないでしょう。(ダークヒーロー的位置付け)
・ロックオン:死亡確定。←謎は残ったが、ライルが語り継ぐと思われる。

<追記>
『ロックオンへ』
・・・・
・・・・
・・・・いやいやいやいや・・・・・分かり易さ追求だから。(^_^;)
フェルトもロックオンも、日本人じゃないとか、無粋なこと言っちゃ台無しだから!(-_-メ)
大人は触れちゃダメだからっ!!www


個人的「機動戦士ガンダム00」感想一覧


ガンダムコレクション 1/400 CBS-70 プトレマイオス

http://xb70a.web.fc2.com/
航空機写真を中心とした個人サイトです(^.^)
是非一度、お立ち寄りください。<(_ _)>
宇宙開発関連の写真や、アラスカ旅行記もあります。

AX






最終更新日  2008/03/27 01:16:35 AM
コメント(2) | コメントを書く

PR

プロフィール


白い怪鳥

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

 水無月・R@ Re[2]:映画「旅猫リポート」を観る(11/03) 白い怪鳥さんへ ・・・あら、楽天ブログさ…
 白い怪鳥@ Re[1]:映画「旅猫リポート」を観る(11/03) 水無月・Rさんへ お久しぶりです。 映画…
 水無月・R@ Re:映画「旅猫リポート」を観る(11/03) 白い怪鳥さん、こんにちは! ご無沙汰して…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

ニューストピックス

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.