2466824 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】

2016/05/20
XML
テーマ:宇宙(800)
カテゴリ:航空・宇宙

2030年代にはNASAによる火星の有人探査が予定されていますが、それと同じくらい楽しみな話が飛び込んできました。ロッキード・マーチンは18日、2028年に火星を周回する軌道上に宇宙基地を建設する計画があることを明かしたのです!   火星は地球からの距離が近いことから、惑星探査の目標としてNASAやスペースX社、それに中国などが宇宙開発の目標としています。さらにスペースXは火星の有人探査を2025年までに行ないたいと表明しており、火星探査競争は激化しています。ただ火星への直接の着陸を目指す他の火星探査計画とは違い、ロッキード・マーチンは火星上空の軌道上にISS(国際宇宙ステーション)のような宇宙船を浮かびあげるというのです。この宇宙船は「Mars Base Camp」と呼ばれ、2028年に打ち上げを行う予定となっています。
(火星軌道に宇宙基地を建設へ! 2028年までにロッキード・マーチンが計画 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト)


火星への有人探査や移住計画がまことしやかに語られている昨今。
有人探査にしても、移住計画にしても、軌道上に基地は必須だと思うのですが・・・・・・。
今までの計画では、なかったんだろうか?
まぁ、軌道上の基地と言っても、着陸船を切り離した宇宙船の残りが基地代わりになるって感じだったんだろうな。
今回のは、そうではなくて恒久的にISSのような宇宙ステーションを浮かべようってことらしい。
個人的には、有人探査のついでに軌道船をちょっと余分に持って行っておいて、火星の軌道上に残してくるって方法がベターのような気がする。
で、有人探査を何度か繰り返して、軌道上の基地が出来た後に、本格的な火星への長期滞在を行うって感じだろうか。

何にしても、今現在ISSの人員輸送を行うことが出来ないアメリカ陣営には、まずは地球の軌道上に定期的に人員を送るための輸送船を造ろうよ!と言いたい。
んで、月周回とかの経験値を積ませた後に火星へのチャレンジでしょう。
とても十数年で実現できるとは思えないな。
実現には二十年、三十年単位で時間がかかるんじゃないだろうか?←もっとかかるかな??(^^;)

僕が生きているうちに、実現して欲しいものである。


【1万円で送料無料】大人の超合金 1/144 アポロ13号&サターンV型ロケット バンダイ 完成モデル 模型

人気ブログランキングへ
http://xb70a.web.fc2.com/
航空機写真を中心とした個人サイトです(^.^)
是非一度、お立ち寄りください。<(_ _)>
宇宙開発関連の写真や、アラスカ旅行記もあります。

AX


・楽天ブログでは、トラックバックの受付機能が、運営により廃止されました。
当ブログにおいては、コメント欄に記事のURLを記入していただければ、トラックバックのお返しさせていただきます。






最終更新日  2016/05/20 09:49:34 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


白い怪鳥

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

 水無月・R@ Re[2]:映画「旅猫リポート」を観る(11/03) 白い怪鳥さんへ ・・・あら、楽天ブログさ…
 白い怪鳥@ Re[1]:映画「旅猫リポート」を観る(11/03) 水無月・Rさんへ お久しぶりです。 映画…
 水無月・R@ Re:映画「旅猫リポート」を観る(11/03) 白い怪鳥さん、こんにちは! ご無沙汰して…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

ニューストピックス

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.