625398 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

厦門( アモイ ) ビューティフル

厦門料理(19件)

 
●南普陀素菜
南普陀寺が、僧侶が精進するための料理を一般観光客にも供している有名な餐館。


精進料理の素菜は“実質派”と“技巧派”に分かれ、この南普陀寺の素菜は自然体で料理する実質派だとか。
野菜と油をたくみに使って仕上げた薬膳の逸品は、静かで清浄な雰囲気に相応しいと、評判はなかなか。
タロ芋のマッシュを甘く煮付けたお料理は、中国古来からある伝統的な食べ物である。
私はちょっと苦手だが、「中国人でこれが嫌いな人はいない!」というくらい有名な食べ物だ。



☆メニュー例(一部)
・冬シイタケ(冬に採れる肉厚のドンコ)と生麩の煮しめ
・マッシュルーム、ピーマンとモヤシ、タケノコの四種花形盛り
・南国の蓮に仕立てた、豆腐、冬シイタケ、蓮の実、ベビーコーン、青ピーマン、赤ピーマンの炒め合わせ
・香芋(シャンユイ)というヤツガシラに似た芋をマッシュしたもの
・郭沫若(かくまつじゃく)先生の詩の景色を再現した、生麩、冬シイタケ、冬タケノコの盛り合わせ
・湯葉などの揚げもの四種
・キノコ二種炒め
・廈門ビーフンの落花生油炒め
・豆腐、キクラゲ入りスープ
・デザートはライチのシロップ漬けなど

予算は1人30元ほど。



住所 :南普陀寺普照楼内
電話番号:0592-2087281 2085908


<場所>1、15、18、20、21、22、29、45、47、71、82路バス「厦門大学」下車。南普陀寺内。







●大方素食館
もうひとつ続いて、厦門大学のすぐそばにある素食餐館を紹介。


南普陀寺普内のお店よりリーズナブルだが、雰囲気もそこそこだし、味もイケる。ただ、メニューに載っているのに、「今日は作れない」なんて言われることもあるので要注意なのだ。
オススメは、厦門人も大好き芋泥、牛肉(に似せて作った)炒め物と、とうもろこしの魚姿煮(?)。



住所 :思明南路412-9号2楼
電話番号:0592-2093236


<場所>1、15、18、20、21、22、29、45、47、71、82路バス「厦門大学」下車。マクドナルド並び。







●胡一刀 厦大店

このお店のオススメは、なんといっても【白吉(金莫)来肉】。これだけをお持ち帰りする人も多数。
モチモチパンに、ジューシーな豚肉ミンチを挟んだ一品は、一度食べたら病みつきになることうけあい!!一つ5元。

中味は肉のほかに、お好みの野菜を挟むこともできます。






営業時間:9:30~22:00


住所 :厦大西村頂澳仔郵局斜対面
電話番号:2573858






 
胡一刀
【白吉(金莫)来】







胡一刀2
【この中から好きな野菜を選べます】







胡一刀







●西北拉面 厦大店

日本人にとって最も有名なラーメンの小吃店といえば、この西北拉面ではないだろうか。
厦門市内でチェーン展開されているが、やはり支店によって味がことなる。


定番メニューは拌面と芹菜餅。
拌面とはいっても「妙香」の拌面とは全く異なる。西北拉面の拌面とは細い面に肉ベースのあっさりソースがかかったタイプ。
召し上がる際には、テーブルのお酢を少しだけかけるのがツウ。
外はカリカリ、中はモチモチの芹菜餅もぜひお試しあれ。

サービスの牛肉スープは無料でお変わり自由なのも嬉しい。


拌面一椀5元、大盛り6元。芹菜餅は一つ1~1.5元。


住所 :厦大一条街群益楼101号
電話番号:0592-2574381


<場所>1、15、18、20、21、22、29、45、47、71、82路バス「厦門大学」下車徒歩2分。厦門大学西門から「建設銀行」へ向かって歩いてすぐ。



 
西北ラーメン
【下記の写真は厦門大学南門近くにある店。拌面(左)と芹菜餅(右上)、サービスのスープ(右下)】







●烏糖沙茶面(黒糖)


厦門人の主食ともいえる「沙茶面」の小吃店。
細い麺を、ピーナッツペーストを溶かしたスープでいただく。具は揚げ豆腐、豚モツ、痩肉、豚腰肉、油条、パクチーなどを、自分のお好みでトッピング。


厦門市内だけでも相当数沙茶面店はあるが、厦門の老舗中の老舗、幻の沙茶面とも言われるのが、ここ「烏糖」の沙茶麺。厦門人に「沙茶麺がイチバン旨い店といえば?」と聞くと、皆一様に「烏糖である」というくらい有名な店だ。
何が違うと聞かれれば、他の店とはスープが違う!
私の場合、沙茶面のスープはいつも飲みきれずに残してしまうのだが、烏糖のスープだけはいつも一滴残らず飲み干してしまいます。


ものすごい有名な店にしては簡単に見過ごしてしまいそうなほど存在感の無い店なのだが、それもそのはず。そこの沙茶麺は一日にほんの少ししか作っておらず、午前中には完売してしまうので、まさに行列ができる暇もない。
余分に材料を保存せず、その日に仕入れた分だけをその日にきっちりと売り切るため、新鮮な材料しか使っていないということ。
オススメの具は、揚げ豆腐、痩肉、豚腰肉など。



住所:民族路58号


<場所>12、35、86、812路バス「中医院」前下車。民族路を厦門大学方面に歩いて約5分。「厦門醤油場」の隣。




烏糖







●呉再添小吃 大同路店(佳味再添小吃店)

祖母の代から厦門の地元市民に親しまれている厦門料理の小吃店。
値段も良心的で、お馴染み「沙茶麺」から、「油葱(食果)」、「鹵麺」、「厦門巻き」などなど、まさに厦門の味・味・味!が堪能できる。
最初に食券を買ってから、下記の写真のとおり、各料理が売られているカウンターから好きなものを頼むというシステム。



店内はかなり庶民的な雰囲気。昼時はかなり込み合うため、時間を避けて行くか、気合を入れてイス取りすることをオススメする。世貿商城内にもチェーン店があるが、厦門ならではの雰囲気を楽しむなら、大同路店をオススメする。



住所 :大同路49号
電話番号:0592-2034820 2022357


<場所>2、3、4、8、10、11、12、19、23、25、28、30、31、32、36、50、51、55、56、66、67、71路バス「輪渡」から開元路に入って、徒歩約3分ほど。




小吃店1







小吃店2







●阿卿春巻

厦門名物といえば、「薄餅」なしには語れない。薄ーく焼いた小麦粉の皮に、キャベツやニンジンなどたっぷりの野菜に、岩ノリ、パクチーとピーナッツ粉をかけた、厦門風春巻。

厦門の本当に美味しいものは、こういうところに隠れている・・・と思う。


<場所>中山路から局口路に入り、すぐ右手。




阿卿春巻







阿卿春巻







●大同沙茶面

今話題沸騰中の沙茶面のお店。
中国人のおすすめ美食ランキングの上位に必ずといっていいほど入っているという、人気のお店だ。

どうやらその人気は中国人の間だけではとどまらず、店内には外人の姿もちらほら・・・。老板も気さくな人なので、厦門で初めて小吃店に入る、という方でも入りやすい店かもしれない。


住所:思明区中山路49号(和風街口)




大中沙茶面
【写真は、揚げ豆腐と豚モツが入ってます。】







大中沙茶面2







●雅坡珈琲室

生粋の厦門っ子ならば、誰しもこのお店を知っているハズ、というくらい超有名な小吃店。“珈琲室”とか言ってますが、カフェなどではまったくなく、串焼きや厦門料理を中心とした、庶民的な小吃店だ。


ここ最近厦門でも、高かろうまずかろうのお店が多い中、ここくらい安くて美味しい店も珍しいのではなかろうか。お店は狭くて、いつも満席状態だが、とにかく厦門料理を食べるのならココ!


オススメ料理は、沙茶肉串、スルメイカの串、炒面、炒飯・・・とにかく何でも美味しいので、ぜひ一度は行ってみてほしい。


住所 :思明北路28-30号
電話番号:0592-2023946 2026946





雅坡







●南海漁村(輪渡店、会展中心店)
厦門料理だけでなく、中華料理全体を楽しむなら「南海漁村」。
このレストランの得意分野は、何といっても海鮮料理。
店の外に用意された水槽には、数え切れないほどの新鮮な魚介が活きたまま用意されている。お客はその場で新鮮な食材を選び、自ら調理法を指定できる。

海鮮以外のおすすめは、唐辛子とピーナッツのたっぷり入った、【軟骨のからあげ】、ブロッコリーのような不思議な、でも美味しい野菜がどっさりの、【豚肉と野菜の炒め物】、香ばしい【鳩のから揚げ】や【豚のスモーク】など。


テーブルは屋内だけでなく、屋外にも設置されている超ビッグなレストラン。夏の日はあっという間に外の座席が埋まり、皆輪渡から見える海とコロンス島の景色を目前に、料理を楽しんでいる。場所柄、海関の人多し。

高級感があり、夜景を楽しみたい人は、会展中心店がおすすめです。



住所 : 鷺江道第一碼頭
電話番号: 0592-2390488


<場所>2、3、4、8、10、11、12、19、23、25、28、30、31、32、36、50、51、55、56、66、67、71路バス「輪渡」下車。鷺江道を「中国郵政」方向に向かって徒歩約10分。







南海漁村
【輪渡店】







南海漁村2
【たくさんの新鮮な魚貝類が水槽に並ぶ】







南海漁村3
【屋内の席】







南海漁村4
【個室】







かき
【牡蠣炒め】







ホタテ蒸し
【ホタテ蒸し】







軟骨からあげ
【軟骨のから揚げ】







鳩のから揚げ
【鳩のから揚げ】







豚肉と野菜炒め
【豚肉と野菜炒め】







豚肉スモーク
【豚肉スモーク】







揚げ魚
【揚げ魚】







そば
【焼そば】








軟骨からあげ
【脛肉のからあげ】







海鮮鍋
【海鮮鍋】







●浮嶼鴨肉粥(厦禾路店)
厦門の名物料理、鴨雑炊の小吃店。その味は厦門人でなくとも、誰もが認める人気店。

鴨のダシでとったベースの雑炊はもちろん、トッピングの鴨肉は歯ごたえが良く美味しい。その他、鴨肝、牡蠣、油条、イカ、エビなどがトッピングできる。ベースのお粥は一碗1元。トッピングは0.5元~2元くらいまで。

小吃店であるため、店内は狭く座席も少ない。24時間営業なので、朝・昼・夕のご飯時は避けたほうが良さそう。



住所:厦禾路174号



鴨粥.jpg







粥
【ベースのお粥。これにトッピングを加えます。】







●労(←くさかんむり)松扁食

拌面と扁食がお好みであれば、もうひとつ有名な小吃店を紹介。拌面の麺が独特で、扁食が美味!ぜひ、お試しあれ。

拌面は小碗1元、扁食2元。大碗はそれぞれプラス1元です。


住所:小学路和開禾路交叉口







扁食店







扁食店2







●西門土笋凍

「厦門の屋台はウマイ」これ鉄則です。しかし、厦門の屋台はとにかく膨大な数ため、当たり外れが多いのも常識。ムヤミやたらに入ってしまうとボラれたり、お腹にあたってしまったりするのでじゅうぶんご注意を。


厦門イチ美味い土笋凍を食わせる店といえば、この店の右にでるものはない!中国人の間でも大人気であるこの店。現在の老板の父親の代から60年以上も続いている老舗中の老舗(厦門で一つの店が5年以上もつのは奇跡に近い)。
この店のメニューは、「白灼章魚」というタコの茹でたものと、「土笋凍」の二品。つい最近までは、「土笋凍」の正体を知らずに食していたのだが、海虫の皮で作ったのゼリーのようなものである。(Kittyさんからの情報)「虫」!と聞いてビビったのは私だけではないはず。しかし、見た目は貝類のごった煮のような雰囲気で、虫だと分からなければ何の抵抗もないはず。アモイに来たら、アモイ名物「土笋凍」を食べなきゃ損ですぜ!

食べる場所は、店の外の道路脇。そして座席は数えるほどしかなく、子供が座るような小さな机とイスである。
典型的な厦門式屋台のようなものだが、私のような長すぎる(ホホッ)足の人間にとって、長時間滞在はキツイ。冬場は寒いし。そのため初めてのデートや、接待などには利用できないだろう。
しかし味は言うまでもなく天下一品。茹ダコに付ける三種類のたれは「黄からし」・「甘味噌」・「ピーナッツ」があり、その味は家庭では絶対に真似出来ないまさに職人技なのでありました。


気の合う仲間や、気心知れた恋人同士ならぜひとも足を運んでみて欲しい。小さなイスに背中を丸めて縮こまり、近くのお店で買った来たビールなどを飲むのは厦門ならではの楽しみだ。

0.5元/小粒,1元/中粒,2元/大粒,土笋湯:5元/碗

営業時間8:30~21:00 



住所 :斗西路33号
電話番号:8650170


<場所>3、12、18、19、21、32、45、809、812路バス「中山公園」下車。中山公園西門から「口腔病院」に向かって徒歩2分くらい。







west







海虫
【実物はこんな感じ(お持ち帰りしたもので、調味料や酢大根などは写っていません。)】







●亜珠海鮮大酒楼

土笋凍の厦門イチが「西門土笋凍」だとしたら、白灼章魚の厦門イチは亜珠海鮮大酒楼しかない!

厦門人の間では、白灼章魚を一皿から売っていた時代から親しまれている店。今では立派なレストランに成長したが、その味とお手ごろ価格は今なお変わっていない。

キャパもでっかく、個室ありなので、忘年会や新年会、披露宴などにも対応できる。湖里区に、呂(山令)路店があるが、雰囲気はそちらのほうがベター。



住所 :(斗西路店)思明区斗西路156-158号祥和广場南楼5楼
(呂(山令)路店)湖里区呂(山令)路22-24号
電話番号:(斗西路店)0592-2206800 2288756
(呂(山令)路店)0592-5569999 5567788






亜珠
【白灼章魚】







●潮流美食(豆仔尾路店)
2006年に出来たばかりの酒店。

このお店でぜひ食べて欲しいのは、日本でいう“骨付きカルビ”のような牛排と、軟骨挙げ、鹿肉炒め、そして涼面。

店内は広く、川(?)が流れる、できたばかりの清潔なお店だが、できたばかりなのか、洗面所のトイレには鍵がなかったのが難点・・。そこには目をつぶり、ぜひ看板メニューを食べに行って欲しい。


住所 : 豆仔尾路338号
電話番号: 0592-2227755


<場所>禾祥西路から豆仔尾路に入って徒歩約3分。







●妙香

厦門料理といって忘れちゃならないのが、「拌面」と「扁食」の小吃店。(うちのダンナは毎日これでもOKというツワモノである)
「拌面」とはスープのない麺という意味。
「妙香」の拌面とは、通常より少し太めで平たい面をピーナッツベースの甘辛いソースに絡めた麺。
「扁食」とは、ワンタンスープのことである。


赤い大きな看板が目印の「妙香」は厦門市内にたくさんあるチェーン店だが、支店によって味がだいぶ異なるので注意。
私がいつも行く「岳陽小区」店は、麺はシコシコ、ワンタンはプリップリで、オススメである。


拌面は一椀1元、扁食は一椀2元で、扁食のスープ(具は除く)はおかわり無料。

他にも、日本人にも御馴染み「ちまき」もグッド!



<場所>8、16、15、24、31、49、73、89、95、101、812、809路バス「岳陽小区」下車。集合住宅地「岳陽小区」入り口から坂を上った右側。




台湾无骨香脆
【岳陽店の「妙香」は、すぐ目の前に私のオススメ「台湾无骨香脆」の屋台が立っている。】







拌面&扁食
【ゴールデンコンビです】







●糊シ余居

火鍋のお店だが、ここの名物は外に張ってある怪しげなテントのようなものに入って食べる。火鍋の味は一般的なものだが、あの雰囲気を味わうためだけにでも行ってみる価値はある。周りの目を気にせず、仲間同士やカップルでぜひ利用してみよう。

スープはとんこつや辛味スープなど数種類から選べ、鍋に入れる具の種類も多いのが魅力的。


<場所>石鼓路沿い、龍舟池付近。



 
糊28034;居
【黒魔術集団ではありません】







糊28034;居2
【中はこんなんなってます】







●集美の糯米巻

集美はいわずと知れた屋台が美味しい街だ。午後6時を過ぎるころから、昼間の静寂とはうって変わって、多種多様な出店が集まる。

その中で、私がオススメするのは【糯米巻】。 もち米に肉松(肉でんぶのようなもの)や高菜などをのせ、すまきでくるくるっと巻いたもの。ほんのり甘辛く、もち米のモチモチ感がたまらない一品。

作る人はきちんと手袋をはめ、もち米の上から常にガーゼをかけており、薄いビニールシート状の上から食物に手を触れているため、衛生的にも安心できる。

一つ1元。


<場所>集美大学財経学院門から石鼓路沿いすぐ。



 
糯米巻
【まるでのり巻きを作っているよう】







糯米巻2
【もちもちとした食感がたまらない】







●集美の煎餅

もうひとつ集美の屋台。いつもオバチャンが焼いている美味しい厦門風“クレープ”のお店を紹介します。

小麦粉と卵をクレープ上に焼いた上に、パリパリとした歯ごたえの薄いせんべいのようなものや肉・野菜などを載せて巻いたもの。ピリッと辛いソースもいける!材料の実態はいまだ不明だが、とても美味しいのでぜひお試しあれ。


<場所>集美大学財経学院門から石鼓路沿いすぐ。




 
煎餅
【左隅にあるのがせんべいのようなもの】








Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.