377571 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北京五彩繽紛~Colors of Beijing

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


xiao-mi

Headline News

Category

Favorite Blog

ブラウブリッツ秋田… moto110さん

【Q&A】「中国の… レジャ研所長さん

だーれんの中国帰国… だーれんさん
じゃんす的北京好日… じゃんすーさん
リーガオブログ 北京リーガオさん

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
通りすがり@ ■加藤嘉一の南京大虐殺論争における立場 2009年、陸川監督によって製作された中国…

Freepage List

2006.07.20
XML
カテゴリ:中国の日本人
北京でそこそこ気合を入れておしゃれをしたのは、2回しかない。
どっちも日本人の結婚式だった。

たぶんそのノリで中国人の結婚式に行ったら、浮きまくるに違いない。
そんな場所でも彼らはほとんど普段着に近い。
五つ星ホテルでも普段着っぽい。
相応しい格好をしていないと門をくぐることすら許されない
ヨーロッパのホテルなんかは程遠くて、
この前米大統領が宿泊したホテルで、
北京名物・腹まくりでおやじが階段を下りてきたくらいだから。。。

ショック

よーこさんNEWS WEEK誌の「世界が認めた日本人女性100人」に選ばれて、
そのお祝いパーティーの招待メールが来た。
中には「ドレスコード」の文字。

ドレスコード。きらきら

多分北京ではほとんど聞かない言葉なので、一瞬何を着たらいいのかと思い、
しばし考える。しょんぼり

ということで、当日、秀水市場と批発市場調達品で固めて会場へ。
全身の総額は「ピーコのファッションチェック」で金額の字幕が入ったら、
はずかしくて言えないくらいの小額である


ここでは、この手のものはとにかく安い。中国とは経済的な場所である。
にもかからわず、まだこういう格好をしている中国人と
パーティーで出会ったことがない。
ついでにこんな格好の外国人に遭遇する場面もない。
なんだかもったいないなあと思う。
TPOの観念が希薄で、カジュアル、というより
手抜きの方向に行きがちだから仕方がないのかこの国では。
「化粧や身支度にそんなに労力使って、無駄じゃない?」なんて
はっきり若い中国人の女の子に言い放たれたこともある。
おしゃれしすぎで恥ずかしくて表を歩けないなんていう
変な感覚が起こるのも仕方がない。


ゲストは半分くらい友達や顔見知り。
全員がそれなりにちゃんとした格好でいるので新鮮だ。

よーこさんパーティー2

聞いてみたらこの「ドレスコード」というのに
みんな「どの程度?」と思ったみたいなので、
やっぱり北京にいたらそうなるよなあ、と思う。

それにしてもよーこさんが北京に来て半年しか経っていないのに
これだけの顔ぶれを集めたのだと思うと、
やっぱりタダモノではないと思う。
普通半年しかいない人がこれだけの質と数は集められないと思う。
そこが「世界が認めた日本人女性100人」。

仕事上、明らかに日本人の格好をするように努めているけれど、
東京にいるときと比較すると明らかに弛緩している。
どっちかというと韓国人より日本人の方が弛緩の度合いは高そうだ。
これは、環境に適応している証拠でもあるんだけど・・・。
だからたまにこうしておしゃれするのって、メリハリが出て楽しい。
こういうことでもないと、弛緩しすぎで
日本に戻ったときに社会復帰できないかもーと思う。

とにもかくにも、よーこさんおめでとう。
そしてちょっと北京らしくない時間を提供してくれてありがとう。
これからもみんなを元気にしてね!






Last updated  2006.07.23 21:44:55
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.